【音楽まとめ】コードで弾きたい・わかりたい人のための記事まとめ

「もっとピアノを自由に弾けたらなあ!」と思ったことはないでしょうか?
「自分の作る曲、もっとカッコよくできたらなあ!」と思ったことはないでしょうか?

そのための鍵の一つは、コード。
コードとは和音のことですが、特に、アルファベットで表記するコードネームのことをいいます。

これがわかるとわからないとでは、音楽の自由度は雲泥の差。

私は以前10年以上、音楽学校でジャズピアノや編曲を教えていたので、いろんな生徒さんの実情もよくわかりました。

そこから抽出した「コード使いの知恵」をシェアする記事を過去にたくさん書いているので、ここでまとめます。

1.コードで弾けると何がいいのか

お友達とかに
「ピアノ弾けるんでしょ?ちょっとハッピーバースデー弾いて」とか言われて
「えーっ、楽譜がないからムリムリ!」なんて言ったことはありませんか?

クラシックとポピュラーの違いや、クラシックピアノの人もコードで弾けたらこんなにいいよ、というお話です。

2.初心者さんのためのコード弾き・3つステップ+1

では実際にコードで弾いてみよう!
というわけで、何からやったらよいのか、初心者さんのための3つのステップ、プラス1。

大事なことは、「コードを覚える」ということは、数式や年号を覚えるみたいに「頭」で覚えるんじゃないってことです。

音楽なんだから、耳と身体!
それをトータルで使っていくと、本当に「身に」つきます。

この基本ができたら、弾き語りや歌の伴奏も、もうちょっとで手が届きます。

3.コードは体で覚える!そのための具体的な方法

私はたくさんの生徒さんにコードを教えてきた経験上、みんなどこで引っかかり、何が詰まるのか、どうしたらスムースにいくのか、教える側としても試行錯誤してきました。

その果てに、これだよな!と思ったのが、こちら。
具体的な練習方法もガイドしていますのでやってみてください。

4.作曲やアレンジする人に

こちらは、ちょっと中級者さん向け。

作曲やアレンジをする人にとって、コードの使い方は一大事。

「おしゃれな曲をイメージして作ってるのに、なんかモッサリしてるんですけどー??」ってことはないですか?

もちろんいろんな要因がありますが、一つにはコードの「テンション使い」の問題だったりすることもあります。

そのあたりを掘り下げた3連シリーズ。

 

以上、ひとまず「コードで弾きたい・わかりたい人」向けの記事をまとめました。

コードの世界はまだまだ広く深いです。
この後もまだ他の記事があるので、またの機会に!

 

 

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、が前に進みたい人、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。
その他、心と意識をクリアにするサウンド瞑想など、独自の立ち位置で音楽制作やライブイベント等も行っている。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

オンラインで学べる「話の聴き方」講座

オンライン学習サイトUdemy(ユーデミー)で開講!

◎人の話が楽に聴けるようになる【はじめての傾聴】カウンセラーが現場で使っている「話の聴き方」

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます