コード使いは色使い・おしゃれな曲を作るためのコード術3

 

ポップスの作曲やってる初級〜中級者の方向けトピックです。
おしゃれな曲にしたい!と望むあなたのためのコード術、プチ知識。

フワッと逃げるドミナント

さて、前回ドミナントの話の続きです。

前回はこちら

ドミナントコード、つまりⅤ7、
CのキーでいうとG7(ソシレファ)。

このコードの特徴は、次に Ⅰ (主和音)であるC(ドミソ)に向かって強烈に行きたがる性質を持つことです。

なぜなら、構成音の中にシとファが含まれていて、この2つはそれぞれ
シ → 
ファ → 
というふうに、ドミソの構成音に向かって転がる推進力を持っているからです。

ということは、Cコードへと向かうエンジンを二機備えたも同然。

それだけパワフルであると同時に、ある直接的なキツさを感じさせるサウンドでもあります。

さて、おしゃれな曲にしたい場合、この「純ドミナント」といってもよい、G7という音が

その直接的な性質ゆえに、キツさ、露骨さ、とか

なんというか・・・あまりにも赤裸々、あるいは濃すぎるかんじ、という印象をもたらすことがあります。

このG7(ソシレファ)のエンジンであるところの
特に「導音(どうおん=主音へと転がる音)」といわれる「」の音が、そのキツさ、露骨さのカギであるともいえるのです。

言葉にもありますよね、
ストレートにズバッと言うのがいい場合と、
ソフトな婉曲表現の方がいい場合と。

それに似て、ちょっとシャレこんだ音楽にしたい時に、このG7のドミナントくささ、キツさ、露骨さが「なんかダサイ」と感じる場合があります。

じゃあ、どうするのか。

実は、ドミナントコードにも婉曲表現があります。

キツさの元凶である「シ」を外すのです。

それが、Dm7/G(ジーぶんのディーマイナーセブン)。

簡単に言うと、ピアノの左手でソの音を単音で鳴らし、右手でDm7(レファラド)を弾けばOKです。

試しにやってみましょう。

左手「ソ」
右手「レファソシ」
まずはこれ、G7。

そこからCのコードにいってみてください。

左手「ド」
右手「ミソド」

チャンチャン!とめでたく終わるかんじです。

次に
左手「ソ」
右手「レファラド」。
これDm7/G。

そこからCのコードにいってみてください。
左手「ド」
右手「ミソド」

印象違うの、わかりますね?

G7のドミナントくささが、Dm7に替えることによってフワッと和らいでいます。

それでありながら、ベース(左手)はGなので、しっかりとドミナントの機能を持っています。

実はこういう使い方、ポップスではゴマンと出てきます。

けっこう皆なにげなく、露骨なG7を避けてフワッと逃げるということをやってます。

同じような使い方として、G7sus4(サスフォー)に替えるやり方もあります。

ほしいサウンドと、すでにあるメロディーとの兼ね合いで、どれがふさわしいのか。最適なのか。

これも選択です。

コード使いは色使いに似ている

このように、コードとテンションというのは、どんな音楽性で、どんな表現をしたいのか、その目的によって色々な選択肢が存在します。

それはまるで、たくさん色のクレヨンを揃えるようなものだと思います。

6色くらいの基本セットで描ける絵と、微妙な中間色まで揃った何十色のセットで描ける絵は違うはずですね。

いろいろな色を自分の引き出しの中から出せるようになると、作曲やアレンジをする上で、たいへん幅が広がります。

もちろん、なんでもかんでもテンションを入れればいいわけではなく、

ストレートな曲はストレートに3和音であることに意味があります。

そして、ソウルやR&Bテイスト、ボサノバやジャズ・フュージョンテイストにもっていきたいのだったら、絶対に使うべきテンション・コードがあります。

最終的にやりたい音楽によって、どのように色(コードとテンション)の混ぜ具合を配分するか。

それを考えていくのも、作曲や編曲の醍醐味といえるでしょう。

そういうわけで、ここ数回、ちょっと専門的な話が続きましたが、ひとまずこれで、このシリーズは終わりにします。

小難しいことにおつきあいくださってありがとうございましたー ♪

☆旧ブログ「大人の音楽レッスン」より
2013年11月に書いた記事を加筆修正しました。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

ビリーフリセット・セッション・ワークショップ

ビリーフリセットの実際をライブで体験!
認定カウンセラーによる公開カウンセリング・セッションと大塚によるライブな解説
実践型・体験型で ビリーフリセットと心の仕組みがわかる、どなたでもご参加できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。