自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 恋愛・夫婦・パートナーシップ

ウチの夫婦、互いに恋人OKで合意しました

ウチの夫婦、互いに恋人OKで合意しました

夫に彼女ができまして 今年の8月、お互い再婚同士、結婚7年めの我々夫婦の間で、新鮮な話題が持ち上がりました。 ポリアモリー。 つまり、婚姻関係あるなし関係なく、複数の人とお互い合意の上親密なおつきあいをすること。最近急速に広まってきている概念です。 従来のいわゆる、コソコソ内緒にしてする浮気や不倫とは違って、関係者全員オープン...

わかってくれない人に向かってわからせようと努力するより

わかってくれない人に向かってわからせようと努力するより

わかってくれない人に向かって わからせようわからせようと努力するより わかってくれている人の存在に 気がついた方がいい わかってくれる人と つながる方がいい 愛してくれない人に向かって 愛させよう愛させようと挑戦するより 愛してくれている人の存在に 気がついた方がいい 愛してくれる人と 共にいる方がいい 理不尽な人に向かって ...

他人は自分、自分は他人

他人は自分、自分は他人

嫌いな他人っていうのは 自分がああはなりたくなかった人。 自分に禁止したこと 自分が恥だと思ったこと 自分がありえないと思うこと あんなことしたらダメになる!と思うこと それをやってる人のこと 私たちは嫌いになるんだね。 だから ああ、あれは 自分が許してない自分だなあって 押さえつけてきちゃった自分だなあって そんなふうに見...

男は背負って強くなる

男は背負って強くなる

今日はちょっとばかりパートナーシップのお話です。 今週のメルマガ「ひっそり本当の話をしよう」に書いたところ、たいへんな反響だったので、あらためて加筆してブログにします。 「メルマガ読んでなかったー!登録してなかったー!」という人、安心してください!(^ ^) この機会にメルマガ登録したい方はこちらから ・通常メルマガ「ひっそり...

自分と人が違っていたっていい

自分と人が違っていたっていい

自分が人と違うことは 悪いことじゃない 自分が人と違うからって 「いけないんじゃないか」 って怯えなくていい 自分の感じ方が人と違うからといって 「自分がおかしいんじゃないか」 って後ろめたくならなくていい 自分が望むことが人とは違ったとしても あっさり自分の望みを諦めなくていい ただ、違うだけなのだから。   人が...

人の言葉の奥を聞く

人の言葉の奥を聞く

カウンセラーは基本、人の話を聞くのですが、ある意味「人の話を額面通りに聞かない」という知恵も育ちます。 人の話ってけっこうアッチコッチ行ったりするし、特に悩んでいる方は、実は何を悩んでいるのか、本人もよくわからなくてしゃべってることもあります。 額面通り、つまり言葉を言葉として聞いていても、なんだかつかみがたい感じがする時もあ...

「わかってくれない」じゃない。ただ「わからなかった」だけ

「わかってくれない」じゃない。ただ「わからなかった」だけ

〜〜くれない 〜〜してもらってない という思いは自分を傷つけるよね。 満ち足りない気持ち みじめなかんじ 枯渇感 焦燥感 そんなものを連れてくる。 その大元には子供のあなたがいるから。 子供は愛してもらいたくて当然だからね。 ほしいものをほしいようにもらえてないと いつまでもこだわっちゃう。 だから、大人になっても もらえてな...

すごく「愛」みたいに見える「かわいそう」の罠

すごく「愛」みたいに見える「かわいそう」の罠

「かわいそう」という感情 「かわいそう・・・!」という感情があります。 「かわいそう・・・!」と思う時、きっと眉はヘの字に下がり、ちょっと眉間にしわが寄り、胸の中からつかえるような何かがこみ上げてくるような・・・・そんな感覚を伴うのではないでしょうか。 そして、その胸からこみあげる何かとともに「私がなんとかしてあげなくちゃ!」...

「浮気されるんじゃないか」の恐れの奥にあるもの

「浮気されるんじゃないか」の恐れの奥にあるもの

どうして「浮気」されると困るのか 昨日「学びの浮気、大賛成」という記事を書きました。 こういうことを言うと、とてもびっくりされます。 やはり、お稽古事などで「他の先生に習っちゃダメ!」と言われた経験のある方も多いようです。 もちろん個々の事情はさまざまだとは思いますが、私もモノ好きなので、なぜ生徒に「浮気」されると困るのか、先...

幸せになれない人の「母への誤解3原則」

幸せになれない人の「母への誤解3原則」

今日はとてもざっくり大まかな話をします。 いつも傷つくことが多いいつも悩みが多いいつも生きづらいなんだか幸せじゃない そんな方は、心の深〜いところに、次のどれかのような思いを、子供の頃からずーっと抱えているかもしれません。 1.「私はお母さんに愛されない」2.「お母さんは大変でかわいそう」3.「私がお母さんを幸せにしなければい...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top