「おだやかでやさしい人」が突然去っていく理由

おだやかでやさしい人は

「いいよ」っていうの。

ほんとに「いいよ」って思うから。

それはがまんでも無理でもなく
受け入れてあげたいっていう
愛があるから

「いいよ」っていうの。

それを「寛大さ」ともいう。

そんな「寛大のいいよ」がたしかにある。

 

そんな「寛大のいいよ」を
何度も積み重ねてくると

だんだんその容量も
いっぱいになってくるのね。

それでも
おだやかでやさしい人は

「いいよ」っていうの。

その「いいよ」はいつのまにか
「寛大のいいよ」ではなくて
心の中でひっそりと
「もういいよ」になってるんだ。

もうしょうがない。
言ってもどうせ。
だからもういいよ。
っていうね。

それは「諦めのいいよ」なんだね。

おだやかでやさしい人は
ゴリゴリと要求を言えないから
「諦めのいいよ」で乗り切る。

いいよ。
いいよ。

でもいつかその「諦めのいいよ」も
容量がいっぱいになる。

そうするとね。

おだやかでやさしかった人が

ある日とつぜん

「もう無理、さようなら。」

ってなるの。

 

そりゃあまわりはわからないよね。

どうなっちゃったのか。

「いいよ」がとつぜん
「さようなら」だからね。

それが
おだやかでやさしい
「言えない人」の気持ちだね。

「言いたいことがあるなら言えばいいじゃない!」

って「言える人」は簡単に言うけど

それが言えないのが
「言えない人」だからね。

言えないからこそ
「おだやか」だったりもするからね。

そして言われたら
聞くより3倍「言いたくなる」のが
「言える人」だからね。

そうすると「言えない人」は
「聞いてくれないからもういいよ」
ってなるんだよね。

 

「いいよ」じゃなくて
よくないなら「よくない」と
一生懸命伝えられるようになるのが
「言えない人」の課題だけど

「言えない人」が
本当は何を感じているのか

少し静かに隙間を作り
守らず返さず
ただ聞けるようになるのが
「言える人」の課題だね。

あなたはどっちの人ですか?

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

ビリーフリセット・セッション・ワークショップ

ビリーフリセットの実際をライブで体験!
認定カウンセラーによる公開カウンセリング・セッションと大塚によるライブな解説
実践型・体験型で ビリーフリセットと心の仕組みがわかる、どなたでもご参加できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。