「おだやかでやさしい人」が突然去っていく理由

おだやかでやさしい人は

「いいよ」っていうの。

ほんとに「いいよ」って思うから。

それはがまんでも無理でもなく

受け入れてあげたいっていう
愛があるから

「いいよ」っていうの。

それを「寛大さ」ともいう。

そんな「寛大のいいよ」がたしかにある。

 

そんな「寛大のいいよ」を
何度も積み重ねてくると

だんだんその容量も
いっぱいになってくるのね。

それでも
おだやかでやさしい人は

「いいよ」っていうの。

その「いいよ」はいつのまにか
「寛大のいいよ」ではなくて

心の中でひっそりと
「もういいよ」になってるんだ。

もうしょうがない。
言ってもどうせ。
だからもういいよ。

っていうね。

それは「諦めのいいよ」なんだね。

 

おだやかでやさしい人は
ゴリゴリと要求を言えないから
「諦めのいいよ」で乗り切る。

いいよ。
いいよ。

でもいつかその「諦めのいいよ」も
容量がいっぱいになる。

そうするとね。

おだやかでやさしかった人が

ある日とつぜん

「もう無理、さようなら。」

ってなるの。

 

そりゃあ、まわりはわからないよね。

どうなっちゃったのか。

「いいよ」がとつぜん
「さようなら」だからね。

それが
おだやかでやさしい
「言えない人」の気持ちだね。

 

「言いたいことがあるなら
言えばいいじゃない!」

って「言える人」は簡単に言うけど

それが言えないのが
「言えない人」だからね。

言えないからこそ
「おだやか」だったりもするからね。

そして、言われたら
聞くより3倍言いたくなるのが
「言える人」だからね。

そうすると「言えない人」は
「聞いてくれないからもういいよ」
ってなるんだよね。

 

「いいよ」じゃなくて
よくないなら「よくない」と
一生懸命伝えられるようになるのが
「言えない人」の課題だけど

「言えない人」が
本当は何を感じているのか

少し静かに隙間を作り
守らず返さず
ただ聞けるようになるのが
「言える人」の課題だね。

 

あなたはどっちの人ですか?

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、が前に進みたい人、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。
その他、心と意識をクリアにするサウンド瞑想など、独自の立ち位置で音楽制作やライブイベント等も行っている。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

オンラインで学べる「話の聴き方」講座

オンライン学習サイトUdemy(ユーデミー)で開講!

◎人の話が楽に聴けるようになる【はじめての傾聴】カウンセラーが現場で使っている「話の聴き方」

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます