親の愛を知らなくても

この仕事をしていて色々な方の深い話を聞いていると、みんな表向きはともかく、内面的にはそれぞれに傷や重たい荷物を抱えているよなー・・というのが実感です。

それを抱えながらも、一生懸命努力して、それなりの仕事についてキャリアを積んで、立派に生きているんです。

その上で、人生の岐路に立って自分に向き合おうとされている。

自分が転換することで、これまで培ってきたものをもっと大きな何かに生かそうとされている。

すごいです。
あっぱれです!

私のところにいらっしゃるのは、そんな方たちです。

先日、今年の3月から開講していた3期BRC(ビリーフリセット・カウンセリング講座)が、ベーシックを経てアドバンスへ、全9ヶ月が修了しました。

1期から始めて、現在3期。

毎年集まる方によってそれぞれのカラーがあり、私自身も学ぶことが大きいですが、今回私が3期で実感して学んだことはそういうことです。

どんなに傷が深くても。
どんなに背負った荷物が重くても。

人は立ち上がれる。
内側に眠った力と輝きは必ず現れる。

その方自身の愛と世界の愛
決して失うことも壊れることもない。

言葉にするとそんなかんじです。

最終講には、全員がこれまでの振り返りをプレゼンテーションするのですが、皆さんの体当たりの自己探求を堂々と自己開示されて、本当にそれぞれの発表に重みがあり、感動的でした。

その中のお一人が、こんな言葉を使っていました。

「親の愛を知らなくても、私は世界に祝福されている」

いろいろあったその方だからこその重みを持った一言で、その瞬間みんなの間に深いうなずきと感動が走りました。

この方だけに限らず、今回の3期受講生さんの中では、まさにこの感覚がぴったりだろうなあと思う方が多かったと思います。

「愛された」とは思えない人

「私は親に愛された」と多少なりとも思える人は、恵まれた人です。

これまでなかなかそうは思えなかったとしても、心の学びをしたり大人になったりして、よくよく考えてみたら「あれでも愛してくれてたんだなあ〜」と思えるようになることもあります。

それもそれですばらしい。
よくそこまで取り組みましたね。

でもね、どうがんばってみてもその実感を持てない人っていうのも、いるんですよ。

「愛された」なんて、思おうと思ったって、思う材料がみつからない・・・

それは傷が深い人です。

傷がそこまで深くない人や、傷があってもとりあえず色々塗り固めて乗り切れている人は理解しがたいかもしれませんが、実際にそういう人もいるんです。

本当に、どうにもこうにも、親にひどい扱いしか受けなかったような人って。

愛があったなんて思いようもないような人って。

そりゃあ無理だわ!としかいいようのない人って。

いるんですよ。

そういう人たちに一番酷な言葉は「親孝行」だと私は思います。

「親孝行」というビリーフ

「親孝行」という言葉には、べったりと「こうであるべき」「ねばならない」「こうで当然」という強制力が張り付いています。

まさにビリーフ。

親の言いつけを守って
親の望みを叶えて
親を喜ばせて
親を悲しませることはせず
親の愛を喜び
親の恩を思い
親に感謝して
親を敬って・・・・などなど

いわゆるそれが、昔ながらの美しき「親孝行」。

多くの日本人の中に無意識的に「入っている」ビリーフです。

いや、本当にそう思える人はいいですよ。
それはすばらしい。
立派だ。
どうぞそれでいってください!

あるいは、そこまで本当に心から思えてるかどうかはわからないけど、とりあえず「そういうもんだから」でそれ風にそこそこやっていける人も いいでしょう。

どうぞそれでがんばってください!

でもね。
先ほど書いたような傷の深い人たちは

どうがんばったって、そんな実感は持てないんですよ。
それどころか、その通りにしていたら自分が壊れるか死ぬかになります。

実際、だからこそ子供のころから死にそうに怖い思いをして、いかに生き延びるかの策を必死に講じて、あの家で生き抜いてきたのですから。

「親孝行」では救われない人もいる

そういうお家では、親自身もまた、深く傷ついています。

そしてやはり、親もそのまた親から「愛」のようなものをもらった実感がありません。
それが傷の元にあります。

そして人は、根本が傷ついていると、それを守ろうとしてエゴがもつれまくって肥大化し、どうしようもないことになってしまいます。

もつれまくったエゴが肥大化するとすごい勢いで自他を傷つけ、もちろんそれは自分の子供であっても容赦はないのです。

だから、そういう親のいる家に育ったお子さんは、親の支配下においてはサバイバルにならざるをえません。

親がそうであったように、やっぱり「愛」のようなものをもらえた実感はないでしょう。

それどころか、なぜかわからない謎の攻撃を受け、謎に否定され、自分を脅かされて育つのです。

そういう方の場合、上記のような「親孝行」をしようとすればするほど、自分が壊れていきます。

自分という存在は徹底的に潰され、最悪の場合、死に至ります。

それで、愛だ感謝だ、言われたって、ねえーー。

無理でしょう。

でもね、そういう「常識」の強制力ってすごいから、世間で「親孝行」と言われれば言われるほど

とてもそうは思えない私

という深い影がザックリと心に差して、後ろめたさがついて回るんです。
つまり罪悪感。

これは酷なことですよ。

そう思わなくちゃいけない!
でも
そう思えない・・・

そう思えない私は悪い人間。
親不孝者だ。

って、そうやって自分に刻印しちゃうことが一番の苦しみになります。

実は、生まれ育った家庭がどうこうっていう、そんなことは形的な条件にすぎません。

そこは本質的な問題じゃない。

重要なことは、それによって自分で自分の存在を認められず、OKできず、罪悪感を背負って生きてかなきゃいけないこと・・・それがなによりも辛く不幸なことだと私は思います。

だから!

そんな罪悪感のループからは出なきゃいけない!

それが救われるということです。

救われるとは、心の重荷を降ろして軽くなり、自分が自分でいいと思えて、自分の人生を生きてOKになることです。
幸せになっていいと自分にOK出せることです。

だから、そういう方たちが救われるためには、別のパラダイムが必要なんだと思います。

というわけで、ここからはそんなふうに「親に愛されなかった」という思いによって、傷が深い人たちへむけたメッセージです。
関係ない人には拒否感があるかもしれないのでスルーしてね。

「こうであるはず」が自分を傷つける

生まれ育ちと親によって深く傷を負ったそのような人たちが救われるためには、いっぺん「親幻想」を崩してしまえばいいと私は思います。
「親幻想」とは、「普通そういうもんだ」と思われているものの数々です。
たとえばこんなかんじ。
・愛する二人が結ばれるのが結婚のはず
・だからお父さんお母さんは愛しあっているはず
・そんな二人が望んで、子供が生まれてくるはず
・だから生まれてきた子供は喜んで歓迎されるはず
・愛し合う二人が、愛情を持って子供を育てるはず
・親は子を愛しているはず
・親は子供の幸せを願っているはず
・家族は愛情で結ばれているはず
・互いに助け合い、思いやるのが家族であるはず
・家庭は平和で安全で心の拠り所であるはず
「まあ、それは理想論だよね」って大人の私たちなら思えるかもしれないけど、幼い子供の私たちって、けっこう当然のようにこれを信じてたりするんですよ。
「そうであるはず!」ってね。
 
それがインナーチャイルドの信じ込みとして、大人になっても残っています。
 
だからこそ、傷つくのです。
「そのはずなのに!」
「なのに家族仲良くないし!」
「私愛されてないし!」
 
そして
「愛されないのは私がダメなんだ」
と自己否定し
「愛をくれなかったあの親はヒドイんだ!」
と恨み
「なんであんな家に生まれてきちゃったんだ」
と嘆き
でも
「親を恨むなんて、なんて自分は罪深いんだ!」
とまた自己否定し。
 
自己否定が強いから、他人のことも肯定できず、責めたり恐れたりしてしまう。
 
そのループが人生苦しくさせてしまいます。
 
だから、大人になってその壁にぶちあった時、本当に楽になるためには、そういうキレイな「はず」の「親幻想」をもうやめてしまうのがいちばんいいんじゃないかって、私は考えるようになりました。
だって、実際はそうじゃなかったんですから。
もう大人だから、頭の中をリセットしてもいいのです。

それってけっこう普通だよ

結婚自体、別に愛があってするわけじゃない人だってたくさんいます。
・適齢期だから。
・するものだから。
・親が世間がうるさいから。
・じゃあ、まあこのへんで。
・まあこの人ならいいか。
っていう人だってたくさんいます。
釣書と条件で決めるとか。
「結婚は愛じゃなくて生活で考えるべし!」なんていうご託宣も世間にあるくらいだから。
そこに「愛」とかって、とりあえず関係ないからね。
あなたのお父さんとお母さんが愛し合ってなかったとしたって、けっこう普通だよ。
いいかなと思ってしてみたら、あらら違っちゃったとか。
こんなはずじゃなかったとか。
そんな人もザラにいます。
・ほんとはしたくなかった。
・ほんとはこの人じゃないはずなんだけど。
・しかたがなかった。
・そうなっちゃった。
・やむをえず。
みたいな人だってたくさんいます。
あなたの親がそうであったとしたって
普通だよ。
 
さて、そうやって一緒になった二人が
・話が合わない
・ウマが合わない
・仲がよくない
なんてこともよくあります。
結果として
 
・話もしなくなる
・冷たくなる
・関わらない
・家に居つかない
・他に女ができる
になったとしてもありうる話。
あなたの親がそうであったとしたって
普通だよ。
 
そして、必ずしも全員がしっかりした意思と希望を持って子供を持つわけじゃありません。
・結婚したら子供は産むものだから
・親が孫の顔を見たがるから
・子供がいないと体裁が悪いから
・「子供はまだ?」って言われるから
・産むなら2人って言われてるから
・「一人っ子はよくないわよ」って近所のおばちゃんに言われるから
・社会人としてまっとうな人と思われたいから
つまり、世間の基準や常識に合わせて「そういうものだから」で子供を持つ人だってたくさんいるってことです。
 
そこも「愛」とかって、とりあえず関係ないからね。
 
あなたの親がそうであったとしたって
普通だよ。
だからあなたがそうやって生まれてきた子だったとしたって、けっこう普通。
大丈夫。
もちろん
・できちゃったから
・責任とって
・しょうがなく
って人だってたくさんいます。
あなたの親がそうであったとしたって
けっこう普通だよ。
生まれてきたら生まれてきたで
・かわいいと思えない
・愛せない
・かまい方がわからない
・近づくのが怖い
・子供どころじゃない
なんて人だって、けっこういます。
傷の深い人は、我が子という存在を通して自分の傷を突きつけられるから、余計に辛くなったりするんです。
あなたの親がそうであったとしたって
それもけっこう普通だよ。

そして、傷の深い人は自分の傷を相手に投影して、相手を責めます。
一番大事な家族に対して、怒りを向けて傷つけてしまいます。
 
そして外では他人の顔見てガマンばっかりして自分を抑えてるから、ストレスがたまります。
 
でも昔の人は心を見るなんていう習慣がないからね。
「自分を抑えてる」なんていう自覚もないんです。
自分の感情の扱い方がわかりません。
だから
・いつもブスッとしている
・わけのわからない言いがかりとダメ出しばかりする
・意味もなくキレる
・妻、夫にあたる
・子供にあたる
・酒やギャンブルに逃げる
・怒鳴る、暴れる
そうやって本当の感情を麻痺させてかりそめに外にぶつける以外、どうしたらいいかわからない人もいるんです。
 
あなたの親がそうであったとしたって
けっこう普通だよ。

それはあなたのせいじゃない

さて、いろいろ言いましたが。
あなたがそんな親のいるお家に生まれてきたとして、

そんなに大事にもされず
やさしくもされず
かまってももらえず
むしろ当たられて
グチ聞かされて
否定されて
邪魔されて

そんな目にあったとしてもね。

それは親がそういう事情の、そういう人だったということですね。

残念だけどあなたを愛せるような状態じゃなかったってことです。

そこ、そのまんま受け取ってみるといいです。
ほんと、残念だけど。
思いきりがっかりしてみてください。

あの親は、そういう普通の
テンヤワンヤした人だったんですよ。

しょうがないね。

怒ってもいいんですよ。
なんだよ、ひどいじゃないかよー!!って。

そう、かなりひどかったかもしれないよね。
ひどいって認めていいんですよ。

ひどかったんなら、
親がひどかったんです。
あなたがひどかったんじゃない。

ここが大事!

それは決して
「あなたのせいじゃない」
ってことなの。

あなたが◯◯な子だから、っていうことじゃないんです。

あの親があなたをそんなに愛せなかったとして
あなたという人が「愛するに足らない存在」なのではないということ。

そこ、関係ないです。

あの親があなたを愛せなかったのは
あなたの責任ではないのです。
あなたがどうだから、じゃないんです。

もっといえば、
あなたが「どうであろうと」
親自身の事情で
愛せないものは愛せないのです。

あなたという存在自身には、
なんの落ち度も曇りも欠落も
ないのです。

あなたがどうだから → 親がああなのだ
じゃないんです。

「あなた」と「親」
そこ、接続しなくていい。

その接続をやめたら、ぜったい楽になるからね。

もうどっちでもいいね

もしあなたが、親から愛をもらえた気がどうしてもしないんだったら、それはもうそういうことだと思ってみたらいいです。

親は愛したつもりかもしれなくても
あなたが実際そう感じてないなら
あなたが自分の感じ方を信じていいのです。

「親を愛せない親不孝者」とか、自分を責めるのはもうやめようね。
親もそれどころじゃなくて、あんまりあなたのほしいような愛はあげれなかったんだろうし、そもそも相性が合ってないのかもしれません。
それならそれでいいじゃないですか。
だいたい、そこまで考えて結婚したり子供産んだりしてないかも。
 
結婚はするものだし
子供は産むものだし

産んだら育てるものだ。

それが家族!
家族を持ったら男は稼いで養うものだ。
家族を持ったら女は世話をするものだ。
そういうものだ!
そういう「常識」を信じているのが
これまでの日本のスタンダードですよ。
もう、それだけあれば
家庭は作れるもんなんです。
 
「愛」があってもなくてもね。
 
あなたも、他の多くの子供たち同様、「そういうもんだから」で生まれてきた一人かもしれない。
 
それでいいじゃないですか。
 
で「そういうもんだから」でも、とりあえず必死で子育てしてくれたのも事実です。
 
テンヤワンヤでも、ハチャメチャでも、自分なりの責任感だけは一生懸命持って、なんとか学校にも行かせてくれたり、とりあえず大人になるまでなんらかはしてくれた。
 
それで十分じゃないですか。
もし、それさえ十分にしてもらってないあなたなのだったら、本当にあなたは偉かったよ!!
よく、ここまで生きのびてきました!!
アッパレ!おめでとう!!
きっとあなたはグレイトな魂さんだと思う。
よくまあ、こんなハードな設定のところにチャレンジしてきましたね。
 
もう、親が愛をくれたかどうか、
くれなかったとしたって
そこはたいした問題じゃない。
 
あなたがここまで生きてきた。
それが十分素晴らしいでしょう。

親の愛を知らなくても

あなたがこの世に生まれてきた。
そしてとりあえずここまで大人になることができた。
 
それが大事なことです。
 
あなたは、この世にとって大事な人です。
だからこそ、ここまで生きることができたんです。
宇宙が、世界が、
あなたに「生きよ」と言った。
 
あなたが
親にとって大事だったかどうかは
とりあえずどっちでもいい。
 
親が愛したのか愛さなかったのか
そんなことはもうどっちでもいい。
本当のところなんか、わかりようがないしね。
でも、
親というご縁を伝って
親という肉体を使って
あなたという人をこの世に送り出したのは誰?
親からはもらえなかったあなたに
他の人たちのいろいろなご縁を使って
なにかしら与えてくれていた、
その巡り合わせをくれたのは誰?
そんなハードな初期設定を生き延びられるだけの
気力、体力、ど根性を
装備させてくれたのは誰?
宇宙といってもいい。
神といってもいい。
自然の法則といってもいい。
自分自身の深い叡智でもあるのかもしれない。
 
そういうものが、こうやってあなたをここまで育ててくれたんです。
 
そんなあなたに価値がないわけがありません。
 
そしてそんなあなたが、
大人になった今は
こんなにたくさんの人たちとご縁ができて
いろんなことをやって
確実に誰かに何かの影響を与えている。
 
そんなあなたの存在には十分意味があるのです。
 
宇宙は今とこれからために
あなたという人をここまで育てて
生きてていいよって言ってくれてるんだから。
 
この世にいていいからこそ
あなたはここまで飢えることなく死ぬことなく
なんだか生きているのだから。
 
親にいっぺんもいいと言われてなくたって
宇宙はすでにいいと言っているんです。
そのことを信じてもいいのです。
それが
 
「親の愛を知らなくても」
 
ってことです。
 
 
そして、人間というのは
ここまでめんどくさくて、切なくて
たいへんだ。
 
切ないね。
 
そうやって胸をいためながら
 
でも
「せめて」
と心に明かりを灯して一歩を進める。
 
それでいいんじゃないでしょうか。
そんなあなたが
いつの日か、あの親のことも
「ああ、切ないね」って
思えるようになったら
それがあなたにとっての
最上の親孝行かもしれません。
 
長くなりました。
 
それが、3期BRCをはじめ、これまで出会った多くの方たちから私が学んだことです。
みなさん、ありがとう。
 
そして、だからこそ、今そこで苦しんでいるどなたかに、お伝えしたいことです。
 
 

この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、がんばっているのに生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎ツナゲル株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

人の話が楽に聴けるようになる 傾聴実践講座

人の話を聞くのが苦手な人も。人の話を聞きすぎて疲れてしまう人も。楽に話が聴けて心が通うようになります。

都内 11/27(水)、12/7(土)/鎌倉 12/9(月)

ビリーフリセット初級講座オンライン版

自信が持てない、自分がわからない・・・「私なんでこうなの?」のわけは心の奥の「ビリーフ」だった!

自分とのつきあい方がうまくなる
これまで300人以上が受講した人気講座を動画で受講できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)