楽になるためには親のことを諦めること

私は心理カウンセラーをやるくらいですから、人の悩みや苦しみというものにもともと興味があります。

興味というか探求心ですね。

なぜ人は苦しむのか。

人の苦しみの元には何があるのか。

どうしたら苦しみを脱することができるのか。

そのことについて考えるということは、ひっくり返せば「どうしたら楽になるのか」を考えることでもあります。

私も私なりにそのテーマを考えるのが好きで、そんな考察を折々ブログに書いてきました。

もちろん答えは一つではなく、いろんな角度と深度からいろんなことが言えるのですが、今日はこんな見方をお伝えしたいと思います。

人はどうしたら楽になれるのか。

あくまでも今日の、一つの側面からの一つの言い方です。

「親のことを諦めること」です。

諦めきれない闘い

多くの方達を見ていて、みなさまの「苦しい、しんどい、生きづらい」の大元に何があるかと言ったら、だいたいの場合「親を諦めきれてない」ということなんです。

諦める、というのはたとえば

親にしてほしかったこと

親にしてほしくなかったこと

親に変わってもらいたかったこと

親にそうあってほしかったこと

親にそうはあってほしくなかったこと

親から自分の望むような愛をもらいたかったこと

など。

そこを、心の底ではどうしても諦めきれない自分がいる。

もちろん大人ですから頭ではわかっています。

親だって完璧ではないのだ、仕方がないのだ・・・って。

でも心の奥深くの裡なる子供(インナーチャイルド)が、全然納得していないのです。

だって、でも、せめて、そこをなんとか、どうにかして・・・・と握りしめている自分がいる。

親の機嫌、感情、態度、行動、生き方、価値観、幸せを、「そうじゃなくて、こうであってくれ!」と言い張り続けている自分がいる。

それが「諦めきれない」ということです。

それゆえに、自分がこうすれば、こうなりさえすれば、こうしてあげさえすれば。こうさえしなければ、そう変わってくれるのでは・・・とゴールの見えない闘いに挑み続ける。

闘っては、「やっぱり変わってない現実」に直面して、グサッときたり、ポッキリ折れたり・・・何度そうやって挫折したでしょうか。

このパターンそのものが、人生苦しくしている元だといえるでしょう。

それを仏教的に言うと「執着」っていいますね。

かなわぬことを、いつまでも求め続け、握りしめ続ける。

だからあえてクールな言い方をしますと、私は「親のことはもう諦めな」って言いたいんです。

もうちょっと乱暴に言ったら「もうほっとけ!大丈夫だから!」です(笑)

それしかできなかった事実

どんなに「してほしかった」「そうであってほしかった」と言っても、実際のところそうはできなかった事実があるんですから。

そこに「なんで」もクソもないのです。

犬に向かって「ニャ〜と鳴け」って言ったって無理ですよね、って話。

雨に向かって「なんで雨なんだ!」って言ったって降ってるんだし、っていう話。

そこに「私がこうだったから」とか「私がこうなりさえすれば」っていう「私ファクター」をくっつける必要はありません。

親は親でそれしかできなかったんです。

そして親はそれが精一杯であり、それが全てだった。それ以上は無理だった。

そしてそれは、あなたが悪いのでもなければ、親が悪いのでもない。

そこに悪人は誰一人いません。

「犯人探し」はしなくていい。

誰のせいでもなく、それが人間というものの限界なのです。

あえて「悪い」というならば、個人を超えた人間というものの「自我システム」が悪い。(ほんとは別に悪くないんだけどね)

社会と人間との間に張り巡らされた、無形の罠と鎖のシステムが悪い。

そして誰もがそのシステムに呑まれて、ヤラれています。

もちろん親も。

そして自分も。

この地上に生きる人間とは、そういう存在です。

そこを見切っちゃった方がいい。

そのことを心底知って、清く認めて、ガックリくる。

そう、一旦ガックリきて絶望し、脱力することです。

脱力してしまったら、握りしめていたその手の力もゆるむでしょう。

その時に「手から離れる」のです。

「手離さなきゃ!」って言ってる間はきっと離れないですね。

こんなかんじの透明な諦めと脱力がやってきたら、その時に自然と「手から離れる」のかもしれません。

それが肯定と「ゆるし」

仕方がなかった。

しょうがない。

まあ、いいや。

もう、いいや。

この心境はニュートラルな肯定であり、「ゆるし」であると言うこともできます。

そんな気持ちになった時に、それでも精一杯生きている人間のけなげさ、切なさ、愛らしさが見えてくるでしょう。

それが慈悲であり、愛というものだと、私は思います。

「楽になりたいなら、親のこともう諦めな。」っていうのはそういうわけです。

そして「もうほっとけ!大丈夫だから!」。

かなわぬものを求め続け、そのために闘い続けることを、やめる日。

闘いをやめても、元々親は大丈夫だったことにガックリくる日。

それが、苦が楽に変わる大きな切り替えポイントになるでしょう。

そのことを、本当の意味で「親離れ」というのです。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

自己流を脱出しよう!人の話を聴く必要がある人のための 傾聴実践1day講座 11/4・8

人のお話を聴く必要のある全ての方に。
自己流だけじゃちょっと危うい傾聴の基本を1日で学べる講座、11月休日・平日開催
大塚がカウンセラー養成講座( BRC)で培ったエッセンスをふんだんに盛り込んだ傾聴実践講座です。

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。