ちゃんと話を聞いてもらったことがどれほどあるだろうか?

ちょっと振り返ってみてほしい。

これまで、ちゃんとあなたに向き合って

じっくり話を聞いてくれた人は

どれくらいいたかなあ?

 

聞いてもらって

心から共感してもらって

ああ、受け止めてもらえた!

って、心がほっとした経験は

どれくらいあるかなあ?

「聞き方」は習わない

私たち、子供の頃から「読み書き」は習うけど

「聞き話し」は習いませんね?

最近では一部、ディベート(討論)の実習などやるところもあるようですが

目的は「いかに言うか」の方に重心が置かれるのでは。

 

じゃあ「聞き方」ってどうでしょうか?

私の記憶する限り、人の話の聞き方なんて教わったこともないし、そんなことを教える先生にも出会ったことがありません。

おそらくほとんどの人がそうじゃないのかな。

 

あなた自身は

誰かに話をじっくり聞いてもらって、心から共感して受け止めてもらった経験てどれくらいありますか?

また反対に、あなた自身が

誰かの話をじっくり聞いて、心から共感してあげたことってどれくらいありますか?

そういう受け止め方、できましたか?

 

さらに、振り返ってみて

あなたが聞いてもらいたい時に

「何言ってんだ」と否定されたり、全部言い終わらないのに自分の意見を被せてこられたり、頼んでないアドバイスを展開されたり・・

という思いをしたことはないですか?

そんなことはいくらだって思い当たったりするのじゃないですか?

たぶんだけどね。

人は話が聞けない

つまり、それほどに、人は人の話を聞けない、受け止められない、ってことなんです。

そのまんま、デフォルトではね。

その結果、あなたも私もあの人も、あの子もその子も

みんな「聞いてくれない、わかってくれない」って、心が渇いています。

だからこそ

「聞いて聞いて!わかってわかって!アタシね、オレね!」

って、自分の話をとってもしたくなって、よけい「聞けない人」になっていくか

「どうせ言ったって無理」

って、貝になって溜めこんで心身おかしくするか、どっちか

・・・・みたいになってるのだと思う。

そんな人間同士が一緒に生きてるのだから、誤解、争い、イザコザ、ストレス、諦め・・・・あって当たり前です。

 

だからせめて、ちゃんと話の聞き方を知ってればねー

共感する、受け止めるってことがどういうことか、わかってればねー

そんな人がもっと増えたらねー

世の中もう少し潤って平和になるんじゃないでしょうか。

私はそう思います。

私自身の痛みがあるから

私にとっては「話をちゃんと聞いてもらえる」っていうのは、人生でベスト3に入るくらい大事なことなんです。

なぜなら私自身、親にちゃんと聞いてもらったり、共感して受け止めてもらったという体験がないからです。

たぶん親自身も、そのまた親にちゃんと聞いてもらった受け止めてもらったという感覚がないんでしょう。

そういうのって連鎖しますからね。

聞いてもらえないというのは、つまり共感してもらえない受け止めてもらえないという痛みです。

私はその痛みをさんざん味わったからこそ、

「聞いてもらえる」ということがどれほどありがたく尊く、心癒されるものなのか、涙が出るほど知っています。

だからこんなふうに、人の話を聴く仕事をしてるんだよね。

それが「人生とミッションの関係性の妙」というものですが、まあそれはおいといて。

 

つまり、だからこんなにも

「みんな、もっと話をちゃんと聞いてよーー!聞こうよーー!」

「受け止めあえるようになろうよーー!」

って、私は言いたいわけなのね。

 

参考記事

 

「聞く」から「聴く」へ

話を聞くというのは、耳に入ってフンフン返事していれば聞いたことになるんじゃありません。

耳に入った話をちゃんと心に入れて、自分の心を使って「そうなんだねー!」と受け止めること。

共感と受容。

これがあってはじめて「話を聴いた」ということになるのです。

ここではじめて「聞く」は「聴く」になるのです。

それを意識的にやることを「傾聴」といいます。

そういう「聴く」ができる人に、少しでも増えてほしい!

人の心を受け止められる人に、少しでも増えてほしい!

 

という思いで「傾聴講座」のオンライン・プログラムを作りました!

オンライン講座プラットフォーム Udemy(ユーデミー)というサイトで公開

 

Udemyはアメリカで設立され、世界5,000万人が利用するオンライン動画学習のプラットフォームサイトです。

日本ではベネッセが多大な投資をして運営を行っており、これから伸びていくメディアだと思われます。

このUdemyで、ビリーフリセットその他諸々、私が持つ知識やスキルを、どんどんオンライン講座化して揃えていこうという計画です。

まずはその第1弾としてこの「はじめての傾聴」をリリースしました。

 

単なる「聞き方スキル講習」を超えて「人の受け止め方」であり

「自分自身のあり方」を深め、「自分とのつきあい方」にまで至る

やっぱり「ビリーフリセットの大塚」だからこそできる傾聴講座だと自負しています。

この講座でこうなれる

人の話が楽に聞けるようになります

相手の人が「受け止めてくれた」と満足してくれます

人との会話がスムースになります

心が通う深い話ができるようになります

人との関係がよくなります

 

楽に話を聴きながら
人と心が通い、
信頼が深まり、
関係がよくなっていく。

そして

聴ける耳
共感できる心
受け止められる器・・・

総合的にあなたの「人間力」アップもつながります。

そんな「話を聴くこと」の奥深さを楽しみながら実感してください。

紹介動画ほか、無料で見られるパートもあるので、まずはのぞいてみてくださいね。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、前に進みたい人、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。
その他、心と意識をクリアにするサウンド瞑想など、独自の立ち位置で音楽制作やライブイベント等も行っている。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

オンラインで学べる「話の聴き方」講座

オンライン学習サイトUdemy(ユーデミー)で開講!

◎人の話が楽に聴けるようになる【はじめての傾聴】カウンセラーが現場で使っている「話の聴き方」

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます