自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 恋愛・夫婦・パートナーシップ

あなたのことを大切にしてくれる人を彼氏や彼女にしよう

あなたのことを大切にしてくれる人を彼氏や彼女にしよう

もしかして自分をちっとも大切にしてくれない人を彼氏や彼女や、夫や妻にしていたりしてないだろうか? 自分は好きで大切にしているつもりなのになんだかこの人は私に冷たいことばっかり言う、とかいっつも文句ばっかりぶつけられる、とかちっとも大切にされてる気がしない、とか

私と、私たち夫婦にとっての4年前

私と、私たち夫婦にとっての4年前

4年前の今頃、私は音楽療法の大学に4月から社会人入学が決まっていて学費の足しにアルバイトをしていました。 夫(立花岳志)はまだ会社員。3月末の退社独立を目前にしていた頃。 そこから私は大学に2年、セラピスト開業して2年。夫とは同じような方向性で仕事ができるようになっています。 お互い、4年間でこんなに人生動かせたことに満足です...

本当は言えない気持ち・「怒り」とどうつきあうか3

本当は言えない気持ち・「怒り」とどうつきあうか3

私たちにとってやっかいな感情・・・怒り。怒りの感情とどうつきあえばよいのでしょうか。 いくつかの考え方をご提案するシリーズ3回めです。 これまでの記事1回め・怒りの感情を持つのは悪ではない →2回め・感情には製造元がある → さて、今日ご提案する考え方は、 怒りの奥に本当は言いたい気持ちがある ということです。

大切な人と心が通う「そうなんだねえ」という聴き方

大切な人と心が通う「そうなんだねえ」という聴き方

なぜ「聞いてくれない」と言われるの? 大切な人やパートナー、あるいは子供との間で心の通った話や、ホっとできるような会話をしたいのになぜか口を開くとお互いギスギス、バチバチしてしまう 業務連絡や通達のような話ばかりで、気持ちが通っているという感じがしない 相手の話を聞いているつもりなのに、なぜか「ちっとも聞いてくれない。わかって...

お父さん、感情を切り離すの、ヤバイです

お父さん、感情を切り離すの、ヤバイです

  「お父さんの感情」が家族に与える影響 おかげさまで、いろんな方が個人セッションに来てくださいます。 性別、年齢、職業や背景はそれぞれだけれども、 ご相談くださる「心の限界」というものの正体を掘り下げていくと 結局行き着くのは、育った家庭での親子関係だといえます。 多くの方の例を見ながら、 共通する大きな傾向として、最近感じ...

人間関係のストレス・究極の解決法

人間関係のストレス・究極の解決法

  ■あの人がこうだから!! 人間関係のストレス。聞いただけでうへ〜、どよ〜ん、としそうなシンドさがありますね。 私たちはなぜこういうシンドさを味わっているのでしょうか。 だってあの人がこうだからこうしてくれないからあんなことをするから

愛と好きはイコールじゃない

愛と好きはイコールじゃない

  ある本にこんな言葉が載っていました。  愛には4つの側面があります。 許容、受容、承認、そして尊重です。 ああ、まさに。私、この「愛」の解釈好きだな〜。 前々から思っていたんです。ほんとの愛って「好き好き大好き♡愛してる〜」っていうのとはちょっと違うんじゃないかって。 「愛」というのは「好き」の最上級ではないのではないか、...

「いい子」脱出もドラマティックなチャレンジだ

「いい子」脱出もドラマティックなチャレンジだ

  ■どこかにいる「いい子」の物語 子どもの頃からいい子。 親の言うことをよく聞いて、先生のいいつけを守り、 言われたことには素直に従ってきた。 行儀がよく、優等生。 勉強もがんばり、学級委員長などやって先生の覚えもよく、 親が行ってほしい学校に入り、親の望み通りの仕事についた。

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top