自分にOKを出して前に進む!

泣いてる人に「泣かないで」はなぐさめになってないのよ

tear

目の前の人が泣いてしまったらどうする?

たとえば、誰かとしゃべっていて
話の流れから、その人の感情が込み上げて
その人が思わず涙したら・・・

涙・・・だけではすまずに
明らかに泣いてしまったら・・・

どんな気持ちになりますか?

もちろん、状況にもより人それぞれとは思いますが
多くの方は、少しあわてちゃうかもしれませんね。

え、、ちょっと。。
泣いちゃったよ、どうしよう・・

うわわ、涙ですか・・・まいったな

とか?

なんか、
対処できない状況になっちゃったような気がしたり
見ちゃいけないものを見ちゃった気がしたり
自分がいけないことしたような気がしたり
するかもしれませんね。

そうすると、次にあなたは
どんなことを言ったりしたりするでしょうか?

「そんな〜、泣かないでよ〜」
「なんだ、そんなことで泣くなよ〜」

ってあわてながら言うかなあ。

なぐさめようと思って
「わかったから、泣くなよ」
「そんなふうに思わなくて大丈夫だよ、泣かないで。」

とか言うかなあ。

はたまた
何もできなくなって固まりますか?

「泣かないで」はなぐさめになってない

人の涙。人が泣いてしまった時。
難しいですよね。
ちょっと、ビビりますよね。

多くの人がやりがちなのが
「泣きやんでもらおう」として色々言ってしまうこと。

でも実は、それ
あんまりなぐさめになってないんです。

なぜなら、上の例で挙げたような態度は
すべて
その人が涙したこと、泣いたことを
「いけないこと」という前提でとっている態度だからです。

「泣かないで」「泣くなよ」という言葉は
暗黙に
泣いているその人の感情を否定するメッセージとなっているのです。
意識してなくてもね。
否定されると、あんまりホッとできませんよね。

多くの方は、当たり前のように
「泣くのはいけないこと、よくないこと」だと思っています。

泣くのはいけない、悲しいのはいけない。
にもかかわらず、この人は泣いちゃった。
だから一刻も早く、いけない状態でなくなってほしい。
泣くほどの状態から、抜け出させてあげなきゃ!
って反射的に思うのでしょうね。

だから、なぐさめのつもりで
やさしさのつもりで
「泣くな」とか「泣かないで」とか
「そんなふうに思わなくて大丈夫」とか言って、
泣くのをやめさせようとしちゃうんですよね。

でも、実はね。
それだと、泣いてしまった本人としては
ちっとも気持ちを受け止めてもらった気がしないし
それどころか
自分がその時感じた気持ちや、泣いてしまったことを
「いけない」と言われているようで
よけいに気持ちのやり場がなくなるのです。

あなたがバツが悪そうにすることで
泣いたその人も、ますますバツが悪くなるでしょう。

はっきり言って
「大丈夫だよ、泣かないで」は
なぐさめになってないんですよ〜(^ ^;;

カウンセラー的、涙の受け止め方

カウンセリングの場では感情を扱うことが多いので
もちろん、涙される方もたくさんいます。

涙は、その方の感情の自然な表れなので
カウンセリングの場では、全然OKなのです。
むしろ「出てきてよかったね〜」なんです。

私は、人が涙しても、大泣きしてもビビることはありません。
「そうかあ〜、そうだったんだねえ。そうだよねえ。」
とひたすら肯定して寄り添います。

涙する人、泣いている人にとって
いちばん必要なことは
「そう感じていることを肯定してもらうこと」です。

肯定してもらえると
存分にその感情を味わって昇華することができます。

不思議に思われるかもしれませんが
どんなネガティブな感情でも
ちゃんと感じて味わって表現することで
発散され、浄化され、昇華していくのです。

そうすると自然にスッキリしていきますから
恐れることはありません。

だから、感情はちゃんと感じるのがコツ。

涙する方、泣いている方に対しては
安心して存分に、
その気持ちを感じて味わう時間をさしあげることが
いちばんいいのです。

そのためにこちらができることは、
肯定して、側にいることです。

涙が出てきても大丈夫。
泣いても大丈夫。
そういう空気を作ってあげることです。

「泣かないで」じゃなくて
「そうか。そうか。そうなんだねえ〜。」
と言ってみましょう。

相手の方が「悲しかった」とか言っていたとしたら
その言葉をそのまま
「悲しかったんだねえ。そうだよね。」
と言ってみましょう。

「くやしい」と言っていたとしたら
「そうだね〜。くやしいねえ。」
と言ってみましょう。

なんにも言えなかったら、
「うん。うん。」とうなずいて
優しい目で見守るだけでもいいのです。

差し支えがなさそうなら、
そっと背中に手を当ててあげてもいいですね。

そういうたたずまいで、ただ側にいてくれることが
とてもなぐさめになります。

もちろん、日常生活はカウンセリングの場とは違いますし
それぞれの状況によって、いろいろあるとは思います。

泣くことを武器にしているような人の場合や
お互いの責め合いの末に泣かれた場合など、
またちょっと違う対処が必要な場合もあるとは思いますが

とりあえず、今日はまず一つ。

相手が思わず、感情がこぼれて涙したような場合。

まず、泣くことはいけないことではありません。
泣いても大丈夫です。

そう思ってみて。

そして「なぐさめなきゃ!」とがんばらなくていいんです。

泣きやまそうとするのではなく
「肯定して、側にいる」という方法を
ぜひ、頭の片隅においてみてほしいなーと思います。

きっと相手の方は
すごーく安心できると思いますよ。

お知らせ

ライブ「大塚あやこ ピアノ&トーク  Vol.3」〜深海〜

2018年2月2日(金)北参道GRAPES (グレイプス)
世界的に活躍するチェロ奏者、諸岡由美子さんをゲストにお迎えします。
スタインウェイピアノとチェロの豊かな生楽器の響きをお楽しみください。

詳しくはこちら

 

ビリーフリセット初級講座 12月コース・1月コース


人生を土台から変える、究極のセルフマネジメント、ビリーフリセット初級講座11月コース、受付しています。
自分の心の仕組みを知って、自分にOKを出し、心と行動と現実を新しくしていきましょう。

2017年 12月平日コース
第1講:12月18日(月)13:30〜18:00
第2講:1月15日  (月)13:30〜18:00

2018年 1月コース
第1講:1月28日(日)13:30〜18:00
第2講:2月25日(日)13:30〜18:00

詳しくはこちら

 

ビリーフリセット・カウンセリング講座3期

カウンセラー/援助職等、ビリーフリセット・カウンセリングを「する人」になる本格長期講座、通称BRC。
来年3月から開講します。

詳しくはこちら

 

セミナーDVD「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月に開催した「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。

amazon で販売中

公式メルマガ・毎週配信中(無料)

大塚彩子メールマガジン「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。
登録はこちらから↓
(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

都道府県
性別
年齢

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

期間限定メルマガ
「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。
こちらのメルマガは、登録するとバックナンバーも読めます
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

都道府県 
性別
年齢

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top