自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 楽器

アレンジャー魂がワクワクするピアノの弾き方

アレンジャー魂がワクワクするピアノの弾き方

今日は来週のライブに向けて、ピアノとサックスの楽器パートのリハーサルでした。 デュオの曲の練習の他、歌伴奏のアレンジの確認等、ゲストの方の歌をお迎えできる体制に整えて準備しました。 ここに歌が入ってくるのが楽しみです。 さて、今回私がこういうライブをやろうと思った理由の一つは、純粋にピアノが弾きくなったから、というのはあります...

そろそろまたピアノ弾きたくなってきた

そろそろまたピアノ弾きたくなってきた

これ、鎌倉の家にあるグランドピアノです。 実は、鎌倉にも拠点を作ることを考えた時、何年も実家に預けっぱなしのグランドピアノを取り戻して置きたかった、というのも一つの目的だったのです。 それを実現することができて、本当によかったです。  最近また、ちゃんとピアノを弾きたくなりました。 しかも、一人で弾いてるだけじゃつまんない! ...

「天然物」の音楽にこだわりました!「今が最高!」本日発売

「天然物」の音楽にこだわりました!「今が最高!」本日発売

春からずっと準備・プロデュースしてきたCD、東京チャンバアズ「今が最高!」が本日発売日です! 一足早くミュージックビデオも公開しています。 私がなぜこのプロジェクトをやろうと思ったのか なぜ「おばあちゃん」なのか その背景は こちらの記事 を見ていただきたいのですが、 実はもう一つ、 大事なこだわりポイントがあるのです! それ...

ミュージシャンはなぜカッコいいのか

ミュージシャンはなぜカッコいいのか

惚れたくなるくらいかっこいいミュージシャン 今はどうなんだろう、わからないけど、ひと昔前は、ミュージシャン=モテる みたいな図式がありましたね。ギターやバンドを始めた男の子の動機は、ずばり「モテたいから」みたいな話もよく聞きました。

軽量重視のキーボード選び

軽量重視のキーボード選び

  これまで自宅にあったピアノやキーボードを全部サロンに持って行ってしまったので、自宅に鍵盤が全くナシになってしまいました。それもちょっと寂しいので、新たに手軽な電子ピアノを置くことにしました。 そこで楽器選び。とにかく第1条件は、軽量・場所とらない。もうね、重いキーボードはうんざりしたの。去年、重量19KgのヤマハMOTIF...

なぜピアノの先生はこわいのか

なぜピアノの先生はこわいのか

  「子どもの頃、ピアノを習ったことがあるひと〜」と聞けば 「ハーイ!!」 おそらく、たくさんの手が上がるはず。 「ピアノの先生がこわくてイヤだったひと〜」 「はぁい・・・!」 これもおそらく、かなりの手が上がるはず。

かわいくて優秀な楽器

かわいくて優秀な楽器

    これは子供用のグロッケンシュピールという楽器です。つまりミニ鉄琴。 かわいいでしょ。 ドイツ、ソナー(ゾノア)社製、「オルフ・グロッケンシュピール」。 作曲家/音楽教育者であった カール・オルフの音楽教育理論に沿って製作された シリーズとのことで、全長30cmのミニサイズですが、音程も正確で、 見か...

作曲やるなら、楽器もね

作曲やるなら、楽器もね

    私が持っているアレンジの授業で、たまたま出てきた話題が、意外と生徒さんに好評だったので、ここにまとめておきたいと思います。 私自身、決して楽器が上手いわけではないですし、こんなことビシッと語ってしまうのは、ちょっと勇気がいるのですが、これから「音楽を作る人」になりたいという若い方達に、やっぱり伝えた...

物を叩くって楽しい

物を叩くって楽しい

    フレームドラムという楽器があることをわりと最近知りました。 わりと浅めの枠があって片面だけに皮が張ってある太鼓です。 音楽療法の世界に足を踏み入れたら、この楽器によく出会うようになりました。 持ち運びしやすく、扱いやすいので、クライアントさんに叩いてもらうのに ちょうどよいみたいです。だいたいの場合...

ピアノの大修理

ピアノの大修理

    2年前の引っ越しと共に、わが家にやってきたアップライトピアノ 「イースタイン」。 その経緯とこのピアノの詳細については 以前に書いた下記のエントリーを参照ください。 イースタインというピアノ 2010.11.7   さて、古いもの好き・珍しもの好きとその時のカンで 購入を決めたこの1973...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top