ピアノが「スイッチ押しの練習」になってませんか?

どこを使ってピアノを弾いている?

ピアノを弾く時、身体のどこを使っていますか?

まずは、手・指。あたりまえですね。

楽譜を見るから、目。

楽譜を読みとって、弾く場所に変換し、手に指令を出す頭。

音を聴く耳。

少し上級になると、腕の重さ、体重、呼吸 など。

さらに、リズムやグルーヴを感じる細胞全体のバイブレーション。

気・エネルギーなどの目に見えないものまで。

実は、使うところはたくさんあります。  

目ばっかり使ってませんか?

 

初級者の方の場合どうしても、書いてある楽譜を読むことと、書かれている通りに鍵盤というスイッチを正しく押すことで精一杯になるので 、目と頭ばかり使っていることになりがちです。

音符を見る→ 
鍵盤上の場所に頭で変換→ 
鍵盤をで見て、指を置く→   
正しく置けているかどうか場所をでチェック

という作業になっています。

楽譜を見るのも、 鍵盤上の場所を探すのも、正しいかどうかチェックするのも

つまり、視覚で音楽をやっている状態なのです。

音楽なのに耳がお留守!?

これをやっていると、視覚と思考(いわゆる左脳的なもの)ばかり使っている状態なので

実はどんなフレーズやハーモニーがそこに形成されているのか、耳は気がついていない・・・ということが往々にしてあるのです。

つまり、音楽でありながら、聴覚はお留守になっているのです。  

聴覚は感性(いわゆる右脳的なもの)と結びついていますから、音楽の本質は感性の領域が司っているのですが、

残念ながら、視覚&思考による左脳優位でやっていると、音楽の本質にはなかなか近づけません。

実際、これだと練習にウンザリしやすいですし、苦労するわりにはなかなか覚えられず、覚えてもすぐ忘れます。

なぜなら、これは「音楽そのもの」を覚えるのではなく

「スイッチを押す順番」を暗記するようなものだからです。

これはキツいですね。  

ピアノを始めてみたものの、 練習がシンドく、なんだか楽しくない・・・と感じたら

目と頭ばっかり使った「スイッチ押しの練習」になっていないか、 考えてみるのもいいかもしれません。

では、そうではないやり方は何なのか、はまた次回。

 

次の記事↓

 

 

☆旧ブログ「大人の音楽レッスン」より
2013年に書いた記事を加筆修正しました。

 

大塚あやこの 音楽レッスン(鎌倉スタジオにて)はこちら  

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、がんばっているのに生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎ツナゲル株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます

メールマガジン(無料)

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

ビリーフリセットに共感する方向け メルマガ(無料)

「ビリーフリセッター通信」(無料)

ビリーフリセットに共感する方、実践する方、カウンセリングや自己探求に関心のあるコアな皆さま向けメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

別館ブログ「Rのこころ」

時代の転換期を生きる人へ。

思考と意識をアップデートする

もう1つのブログ

話して整理!しませんか?

そのモヤモヤ、話してみるだけでも違います。あなたのお話をちゃんと聞ける協会認定カウンセラーを一同にご紹介