自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 家族・親子関係

期待も心配も「愛」ではない

期待も心配も「愛」ではない

期待されると、心配されるとどんな気持ち?   期待されている。期待してもらっている。 と思うと、どんな気持ち? ちょっとうれしいかもしれませんね。そして がんばらなきゃ。いい結果ださなきゃ。期待に応えなきゃ。 と思うかもしれませんね。

「稼いで家族を養う」ことがお父さんなりの愛だった

「稼いで家族を養う」ことがお父さんなりの愛だった

こんな「お父さん」の物語   セッションで多くの方の親子関係を扱っていると、 お母さん像やお父さん像に、 いくつかの共通するパターン傾向が見えてきます。 その一つ。 今日はこんなお父さん像のことを書いてみたくなりました。 特定の誰かではなく、多くの方のお話から共通して浮かび上がる いわゆる「典型的なニッポンのお父さん...

あなたに悩みが尽きないのは、親を「それでいい」ことにできていないから

あなたに悩みが尽きないのは、親を「それでいい」ことにできていないから

親のことを「それでいい」ことにできないと、自分のことを「これでいい」ことにはできません。 親に対するゴチャゴチャとした思いが多ければ多いほど、自分を縛るゴチャゴチャとした不自由が多いものです。 親に対するゴチャゴチャとした思いを「ない」ことにして切り離すほど、自分の中の力や愛が「ない」と思いこんで欠乏に苛まれます。 今現在、周...

「人のために」は本当に善なのか? はまりがちな落とし穴

「人のために」は本当に善なのか? はまりがちな落とし穴

「人のためにしてあげる」って、とても「いいこと」のような気がしますね。 愛や慈悲の一つの表現であったり「自分を横に置いて人のために!」とか「我欲を捨てて利他に生きるべし!」とか・・・道徳や規範意識のようなものとも結びついて、美徳であるように思われています。 しかし、ここには落とし穴があります。 他人軸で生きている人が「人のため...

親にも悲しむ自由がある・親の望みを叶えるためにまだ我慢する?2

親にも悲しむ自由がある・親の望みを叶えるためにまだ我慢する?2

さて、前回の続きです。 前回の記事はこちら→価値観は違ってあたりまえ・親の望みを叶えるためにまだ我慢する?1 私が親の価値観と違うことしたら、親が悲しむんだもん。怒るんだもん!泣くんだもん!親を悲しませるわけにはいかないもん! だから、私が望むようにすることはできないんだ。やりたいけど、やるのは無理なんだ。 このような葛藤を持...

価値観は違ってあたりまえ・親の望みを叶えるためにまだ我慢する?1

価値観は違ってあたりまえ・親の望みを叶えるためにまだ我慢する?1

■親の言うことに従って、自分を諦めていませんか 私はほんとはこうしたいんだけど、でも親が反対するから・・・ 私はこうしようと思ったんだけど、親がこうしろって言うから・・・ 私がこういうことをすると、親が喜ばないから・・・ だからやっぱり、やめといた方がいいんだろうなあ。私の考えていることや、やろうとしていることはやっぱり、違う...

感情の「相似形」・今の問題は過去の感情の繰り返しかもしれない

感情の「相似形」・今の問題は過去の感情の繰り返しかもしれない

人生相談とカウンセリングと心理セラピーはどう違うのでしょうか。 どれも、自分一人ではどうしたらよいのかわからない問題や悩みなどを誰かに相談して、心の整理をしたり、解決の糸口をみつけたりする・・・点では同じように見えます。 私なりに、たいへんざっくり、典型的な一例としてですが違いを挙げてみましょう。

なぜかいつまでも実家を出られない人のジレンマ

なぜかいつまでも実家を出られない人のジレンマ

実家を出られる日はくるか? 今日の記事は、思い当たる方と「まったく関係ないな」と思う方とはっきり分かれるかもしれません。思い当たる方にとっては、ちょっと怖いか、耳の痛い話になるかもしれないので、少々肚を決めて読んでくださいませ(^ ^)そのかわり、効く場合はとっても効く可能性もありかもです。

いっぱいいっぱいなんだから、しょうがないね

いっぱいいっぱいなんだから、しょうがないね

人間、いっぱいいっぱいな時ってある。 いっぱいいっぱいだと話しかけても生返事だったりろくに振り向いてくれなかったり優しくしてくれなかったりちゃんと受け止めてくれなかったりする。

お父さん、感情を切り離すの、ヤバイです

お父さん、感情を切り離すの、ヤバイです

  「お父さんの感情」が家族に与える影響 おかげさまで、いろんな方が個人セッションに来てくださいます。 性別、年齢、職業や背景はそれぞれだけれども、 ご相談くださる「心の限界」というものの正体を掘り下げていくと 結局行き着くのは、育った家庭での親子関係だといえます。 多くの方の例を見ながら、 共通する大きな傾向として、最近感じ...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top