親を許せないあなたへ。ただ敬意をもってほっておこう

couple-1278700

親に対してモヤモヤしている人は多いです。

なんでああしてくれなかったの
なんであんなだったの
なんでこうじゃなかったの
なんでそんなふうに
なんでそういうこと
なんで
なんで
なんで!!!

責めちゃいけないと思いつつ
でもやっぱり止められない

あの時悲しかったことが
どうしても許せない

あの時してほしかったことを
どうしてもあきらめきれない

今さらしょうがないとわかっちゃいるけど
でもやっぱり整理がつかない

もういいじゃないかと言っている私と
よくない!よくてたまるか!
と強情張ってる私

ゆるすべきだ
ゆるさなきゃ
と思うほどに

ゆるせない自分が出てきて
そんな自分がまたまた嫌になって

こんなに寛容になれない自分なんて親不孝者
とまた自分を責めて・・・

そんなかんじのあなたにおくりたい
今日の言葉

ゆるさなくていい。
尊重してみよう。

尊重とは、
敬意を持ってほっておく
ということです。

あなたが「ゆるせない、ゆるせない」と思うのは
「ほんとはこうあるべきなのに!」
と強く思っているからかもしれない。

もっとやさしく
もっと愛情深く
もっと笑顔で
もっと家族を思って
もっと共感してくれて
もっと賢く
もっと冷静で
もっと先見性をもって

・・・・とかとかとか

そうあってほしかったんだよね?
でもそうじゃなかったんだよね。

その通りだ。
そうじゃなかったんですよ、実際。
そこをそのまま認めちゃえ。

あの人は

やさしくする余裕もなく
愛情なんてものは自分も知らず
笑うことよりガマンすることの方が慣れていて
家族より自分のことで精一杯で
共感するという回路が発達せず
愚かで
感情的で
頭が古くて

・・・・とかとかとか

そういう人なんですよ。
たぶんその通りなんでしょう。

しょうがないよね。
それが精一杯のその人の器であり
そういう人なんですよ。

ため息をついて認めちゃいましょう。

でもね、大事なことは
そんなあの人も
あの人の器の精一杯で、一生懸命だったこと。

そして、あの人なりに
最善をやっていたつもりだったこと。

それが子供のあなたから見て
いかに変でも、ひどくても
バカでも、迷惑でも。

あの人は、そうせざるを得なかったのです。
そうとしかできなかったのです。

それをそのまま。

あの人がやったこと
あの人がそうであったこと
それをそのまま

あの人が引き受けた人生なのだと

そういう人生をゆくと選んだ
一つの魂なのだと

その人生に
敬意をもって

その人生を選んだ魂に
敬意をもって

眺めてみよう。

心の中で
相手の襟首つかんだ手をスッと離して

一歩退いて
いっぺん頭を下げてみよう。

「ああ、あなたもまた
一人の魂ですね。」

それが「敬意」です。

そしてまた

その親の元に生まれ
あの家族のなかで翻弄され
満身創痍になったかもしれないあなただけど

これも私が引き受けた人生なのだと

こういう人生をゆくと選んだ
私も一人の魂なのだと
思ってみてください。

「すごいね」
「よくやったね」
「がんばったね」
って自分に言ってあげてください。

敬意とは
自分が素晴らしいと思えるものだけに
注ぐものではありません。

素晴らしいとは思えなくても
好きとは思えなくても
共感できるとは言い難くても

いろんな感情は置いといて
ただ事実を事実として
大切にする心です。

相手のものを相手のものとして
大切にする心です。

あの母の人生は
あの母のものです。

あの父の人生は
あの父のものです。

あれでも、です。

ああ、あれでも
あの人生を歩いている
一人の魂なんだ。

どんなに苦しくても辛くても
その荒波にとびこんでもがいてきた
一人の魂なんだ。

あの人も
私も
お互いに、ね。

て考えると、
なんかちょっと崇高な気持ちになりませんか?

これが敬意です。

そして、だからこそ

あの人がそうあることに
手出しも口出しもしない。

ただそのままにしておく。

あの人がそう生きていることを
ただほっておく。

敬意のまなざしをもって
ほっておく。

それが「尊重」ということです。

そして、
私がほっておいても大丈夫な
あの人であることを
黙って信じている。

それが「信頼」ということです。

尊重と信頼こそ
本当に深くて広い愛であると
私は思います。

もう、あの人を変えようと
がんばる必要はありません。

もう、あの人を変えられない自分を
責める必要はありません。

あの人も、私も
大きな流れの中にいて
これでいいのです。

敬意をもってほっておく。

この心の距離感ができたら
本当の意味で「自分軸の人生」がはじまり

次元を上げたところで
一人の大人としての「親孝行」が
できるようになります。

 

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

「やりたいことをやって自由に生きる人になる!」鎌倉

昨年開催して大好評だった、3人のカウンセラーのコラボセミナー「やりたいことをやって自由に生きる人になる!」@鎌倉、今年もやります!

7/29(日)真夏の鎌倉。

由比ヶ浜のおしゃれなレストラン「ブラッスリー・ゲント」を借り切って、ランチとスウィーツ付きです。

無料メルマガ

大塚彩子メールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。
(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

登録はこちらから↓

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

期間限定メルマガ
「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。
こちらのメルマガは、登録するとバックナンバーも読めます
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。