自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 自分がわからない

過去を整理すると人生が変わる

過去を整理すると人生が変わる

現在の問題、悩み、辛さ なぜかこうなっちゃう、繰り返すパターン・・・ それを解く鍵は、あなた自身の過去にあります。 そこで多くの人が 「そうか、過去ね。過去に同じような出来事があったかしら?」 と振り返り 「いやー、べつにそれはないけどなー。私の場合は違うかも。」 と思ったりするんですね。 その振り返りももちろんよいのですが ...

どっちが幸せ?カタチ派とじぶん派

どっちが幸せ?カタチ派とじぶん派

なんだかわかっちゃった! この世の中には 世の中から与えられた形通りに収まって生きることが幸せだと思っている人(カタチ派)と、 自分自身の心の赴くように生きることが幸せだと思っている人(じぶん派) この二種類いるんだ! (自分の中に二人の要素がせめぎ合う場合もありますね) 両者は幸せの定義が全く違うし、住んでる世界も違う。 カ...

自分投げっぱなし!!

自分投げっぱなし!!

不安でもいい 優柔不断でもいい ビビりでもいい うっかりでもいい おっちょこちょいでもいい とっ散らかりでもいい 人見知りでもいい 空気読めなくてもいい 人の顔色読みすぎでもいい 幼くてもいい ズルくてもいい セコくてもいい バカでもいい もうなんでもいいじゃんか。 だって実際そうなんだから。 そのことをいちいち 「それじゃダ...

幸せとは、ただ自分が感じるもの

幸せとは、ただ自分が感じるもの

幸せとは、感じるもの。 自分が「幸せだなあー」って感じたら それが幸せなんだ。 幸せとは、条件じゃない。 モノじゃない。 「これが幸せというものよ!」なんて 誰かが決められることじゃない。 いい学校ちゃんと行って いい会社入って 30歳までには結婚して 子供は2人くらいいて マイホーム持ってマイカー持って たまに海外旅行行って...

親世代と違っていい、「今の時代の自分の幸せ」を考えよう。2つの動画公開しました。

親世代と違っていい、「今の時代の自分の幸せ」を考えよう。2つの動画公開しました。

カウンセリング現場で皆さんの悩みや行き詰まりを解いていくと、必ずと言っていいほど、生まれ育った家族に行き着きます。 家族とは、生まれてきた赤ちゃんが最初に出会う世界そのもの。言って見れば赤ちゃんにとっては「全世界」が親なのです。 そこで全てを受け取り、解釈し、「そういうものだ」という前提が作られて、無意識に刷り込まれます。 そ...

自信は「つける」ものじゃない

自信は「つける」ものじゃない

「自信がない」と言う時 多くの人は 「できない」とか 「やってもよい結果が出るとは思えない」 ということを言っています。 つまり できない、とか よい結果を出せない とか そういう力を自分が持ってない とか そんな時に 「自信がない」っていうんですね。 そう考える時 「自信」というものが できるか、できないか 結果がよいか、悪...

どうしても自己否定がやめられない人へ。それはプログラムだともう見抜いた方がいい

どうしても自己否定がやめられない人へ。それはプログラムだともう見抜いた方がいい

このブログでも講座でも何度も言っていますが、 あらゆる悩み、苦しみ、問題、葛藤・・・の根底には自己否定があります。 自己否定とはわかりやすく一言で言うと 「このままの私はダメだ」という感覚のことです。 「ダメだ」の意味するところは人によって違うけど、 ・足りない(欠損感) ・価値がない(無価値観) ・悪い(罪悪感) ・力がない...

「本当の自分」で生きていく

「本当の自分」で生きていく

生きててしんどいとしたら なんか窮屈でしょうがないとしたら なんか力が出ないとしたら なんかやる気がでないとしたら 自分の元々の性質とは違う生き方を しようとしているからかもしれない。 たとえば 元々はとっても活動的で押しが強くて みんなを巻き込むような力を持っているのに いつかの昔 「そんな自分じゃダメだ」と封印してしまうと...

つまらない人生を変えたかったら、まず「望んでいい」と自分に許可しよう

つまらない人生を変えたかったら、まず「望んでいい」と自分に許可しよう

今生きていておもしろくない 毎日つまらない なんだかしんどい なんだか灰色 なんだか重い もうなんだかよくわからないけど気力ないし なんかもうどーでもいい・・・ 生きてるっていったい何??? みたいに感じているとしたら あなたは今 あるいはもうずいぶん長い間 「望む」ということをしていないのかもしれません。 「〜〜がほしい」 ...

親の恩を「罪」にすりかえるな 〜音楽家の背負った十字架〜

親の恩を「罪」にすりかえるな 〜音楽家の背負った十字架〜

音楽環境に恵まれたからこそ、背負うもの クラシックでもポピュラーでも、音楽家の人たちは、小さい頃から音楽的に恵まれた環境だったり、それなりの教育を受けてきた人が多い。 つまり、それをさせてくれる親の力というものが大きいということだ。 レッスンに通わせてもらい、楽器を買ってもらい、楽譜やレコード・CDを買ってもらい、コンサートに...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top