行き詰まったら「感性」が次の扉を開く

「私、本当はなに感じてるの?」

「私、本当はなにが嫌なの?」

「私、本当はどうだったらうれしいの?」

それはとても深い問いかけです。

そして、そんなふうに自分に問いかけることは、とても自分に誠実で思いやりのある姿勢です。

「私、本当はなに感じてるの?」

「私、本当はなにが嫌なの?」

「私、本当はどうだったらうれしいの?」

その答えを持っているのが感性です。

行き詰まり・強制終了

「感性」というのは人生の転機にある時、非常に重要なキーワードになってきます。

いわゆる「行き詰まり」というのは、過剰に理性でばかり生きてきたことの限界である場合が多いからです。

たとえば鬱病。

私は医師ではないので医学的な見解は知りませんが、少なくとも私が学んできたセラピーや心理カウンセリングのフィールドにおける見方では

「こうするべき」「こうであらねば」と突っ走る頭(理性)が

その「べき・ねば」をひたすら遂行するべく

「こうしたい」「これはいやだ」という感情(感性)の声に蓋をして、

自分にムチ打って頑張り続けた先の「強制終了」であると、解釈します。

ですから私にとって鬱は、いわゆる「病気」には見えません。

あえて病という言い方をするなら、

理性偏重病であり、我慢しすぎ病であり、ビリーフにやられすぎ病。

というかんじですね。

理性で突っ走れる「高キャリア」の人

私のセッションや講座にも、過去に鬱を経験したとか、鬱で休職したことがある、なんていう方がけっこういらっしゃいます。

そういう方たちは、親や社会に引かれたレールに忠実にきちんと乗ってまじめにがんばってきた、高学歴・高キャリアであることも多いです。

まさにそういう方たちは、子供のころから「理性」をフルに使いこなしてきたので

「感性」の声をつぶしてでも「理性」でどこまでも突っ走れてしまうのです。

理性が、親や他人、組織や社会などの「外なる要請」に答えようとして、内なる感性の声を

聞かない、相手にしない
出てくるなという、押しつぶす
消えろという、殺そうとする

ということを何年もやってきたわけです。

それは、自分が自分にふるう内なる「暴力」です。

それによって打ちのめされてしまった感性の最終的な姿が

・身体が動かない
・気力がもう出ない
・わけもわからず涙ばかり出る
・死にたくなる

といった状態として現れてくるのだと、私は解釈しています。

打開の鍵は感性

ですから、こういう時の打開の道は「感性を取り戻し、感性に戻る」こと。

自分の中にも「感性」というものがあり、それがいかに「理性の自分」によって押し込められ、虐げられてきたか、ということに気がつくことが、癒しと新展開の一歩になります。

もちろん、鬱の事例だけではありません。

そこまで限界にならずとも、

何か生きづらい、

これまではよかったけどなんだかもう違う、

もっと違う活躍の仕方があるはず、

もっと自分らしい幸せがあるはず、

といった気持ちが芽生え始めた時に、鍵となるのはやはり「感性」なのです。

カウンセリングは、そういった「感性の自分」を取り戻し、「感性」を信じてみる生き方へと一歩踏み出すためのお手伝いであるともいえます。

学校では教えてくれないから

現代社会では、学校教育も会社組織もマスコミも、なかなかそういうことは教えてはくれません。

これまで強固な「理性偏重」によって回ってきたのがそれらのシステムですから。

だからこそ、「何かおかしい」と立ち止まった人は、自分から探しに行く必要があるのです。

探したからこそ、きっと何かに出会うことができます。

出会ったからこそ、知ることができます。

これまでの「理性の自分」では全く思いもつかないような、全く違うものごとの見え方と道のりが存在することに目が開かれる世界。

そうやって、まだ知らない世界、まだ知らない自分を見ることの豊かさと広がりを知った時

「そろそろ生き方を変えてもいいかもしれない」と、思える時がくるでしょう。

今、行き詰っているのなら

今現在、行き詰っている人にぜひ伝えたいこと。

行き詰ったということは、「これまで」を超えるものに出会いたかったということです。

理性に押し込められていたとしても、その下で変わらずに息づいている「感性」が、出会えるよう仕向けるものです。

これじゃない何か。

きっともっと本質的で、納得のいく何か。

きっとそこまでして知りたかった何かが自分にはあるのだろう・・・と、

自分の知らないところで変わらずにはたらいてくれていた、ご自身の「感性」を、信じて受け取ってあげてもよいのかもしれません。

「感性の扉を開く」ワークショップ

まさにそんなテーマを3日間で深く体験する、湘南ワークショップが近づいてきました。

私・大塚と、私のカウンセリング/セラピーの師匠である岡部明美さん、そしてカウンセラーとして心にも関われるブロガー/作家の立花岳志くんと3人のコラボレーションによる2泊3日。

今年も葉山の湘南国際村センターで開催となります。

私にとっては生まれ育った湘南であり、皆さまを地元にお迎えする感覚があります。

「感性の扉を開き、人生のステージを上げる」というテーマで、心と感性の世界に深く旅をしていきます。

今まさに人生の転機にさしかかっていると感じる方におすすめです。

志ある経営者やリーダー層の方から絶大な信頼を得ている師匠・岡部明美さんのワークを体験できるチャンス。

深い感情にアクセスしてインナーチャイルドを癒していく明美さんの独特のスタイルは、理性や行動のがんばりだけでは限界がきてしまった方に、新たなブレイクスルーのきっかけをもたらすでしょう。

岡部明美・大塚あやこ・立花岳志 湘南 3daysワークショップ「感性の扉を開き、人生のステージを上げる」

5/31(金)~6/2(日)
神奈川県葉山町の湘南国際村センターにて

詳しくはこちら
https://www.ttcbn.net/news/2019shonan

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

心理カウンセラー/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
その後、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、まじめにがんばっているのになんだか生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎株式会社ツナゲル専務取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

9/20 R-Spirit Vol.4

心のスイッチを起動するミュージック&トークライブ

2019年9月20日(金)19:00〜 南青山マンダラ

出演:了戒翔太、大島ケンスケ、大塚あやこ

ビリーフリセット初級講座オンライン版

自信が持てない・人の目がこわい
いつも傷つく・未来が不安・・・
その「なんで?」のわけは   
心の奥の「ビリーフ」だった!

生きづらさの理由と、脱出のカギがしっかりわかる
これまで300人以上が受講した人気講座を動画で受講できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします