欲望は悪じゃない。渇望から活望へ

 
 
欲望、というと、それだけで良くないイメージがある人も多いと思う。
でもそうじゃない。
欲望とは、欲すること、望むこと。
それ自体に良いも悪いもない。
それがなければ、そもそも生命活動はありえない。

 

望みには2つある。

欠落感・欠乏感を根拠に、渇くように望むこと。

これを、渇望という。

これが、貪りやえげつない行動につながり、いわゆる「迷惑」といわれるのもこういうところからくる。

そして、本人も満たされることはない。

ずーーっと欠落と欠乏を感じ続けているから、「足りてる」と感じたことがない。

「足るを知らない」とはこういうことだ。

 

「足りてる」と感じたことがないから、
どこまでも欲しがり続け、貪り続けることになる。

 

これが「煩悩」と言われるわけだね。

それがすごくヤなかんじなんだよね。
だからみんな一律に「欲望は良くない!」って言っちゃう。
 
でも、もう一つの望みがある。
充足感・満足感を根拠に、命が活きたいように望むこと。
これを、活望という。
はい、私が作った言葉だけど。
 
命は本来、思い切り生きたいし、生きようとするものだ。
命の力は元々完全に満ちている。
アタマが否定さえしなければ
存在全体は満ちているものなのだ。
元々、充足している。
そうやって元々足りていることを知っているのが
「足るを知る」ということ。
だから命は、もっと生きたくて
さらに活きたくて
欲して、望む。
それが活望
生命力を解き放たれた野生の植物が、どこまでも伸びて栄えていくように、
人の命も本当は、どこまでも伸びて栄えていくものだ。
それをさせるものが活望。
 それを否定したら、生きていないも同然だよね。
 
でも人間界は長いあいだ、それを否定させるようなプログラムにやられてきたっていうのもある。
生命力を解き放たないように。
活き活きとしないように。
そこまで伸びないように。
そのために、欲を持つことを「わがまま」などと言って、いけないことだと信じこませる。
そんな力だって働いてきたからね。
 
でも、もうそんな時代は終わりにしよう。
いのちは生きるためにある。
生きているから
活きたいから 
望んでいい。
欲していい。
 
満ち足りた心を思い出して
どこまでも望み
欲する。
 
それは自分を活かすだけでなく
人もまわりも活かすだろう。
 
欲望=悪 ってだけとらえるの
もうやめようよ。
 
自分の中に起こる
欲も望みも認めて
渇望から活望へ
 

参考記事

 
  

この記事を書いた人

大塚 あやこ

心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、が前に進みたい人、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。
その他、心と意識をクリアにするサウンド瞑想など、独自の立ち位置で音楽制作やライブイベント等も行っている。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

オンラインで学べる「話の聴き方」講座

オンライン学習サイトUdemy(ユーデミー)で開講!

◎人の話が楽に聴けるようになる【はじめての傾聴】カウンセラーが現場で使っている「話の聴き方」

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます