自分にOKを出して前に進む!

「なかなか決められない人」の心理

Dreaming

不安、迷い、焦り・・・。
やったことのないことや答えのない問題を前にして
そんな気持ちに呑まれ、なかなか決められない。

どうしたらいいんだろう?
どうすればいいの?
どうしよう、どうしよう・・・・。

とグルグルしてしまうこと、ありますね。

なかなか決められない人の心理

「決めるのが苦手」
「なかなか決められない」
という方はたくさんいらっしゃいます。
いつも同じところでグルグルしちゃったり
なかなか状況や行動を変えられなかったりするのですよね。

「決められない」の奥にある原因は何なのでしょうか。
考えられる心理的な原因として

1つは、
「自分を信じる力」が弱いこと。

もう一つは
自分が本当に求めていることを自覚できていないこと。

だといえるのではないかと思います。

原因1.「自分を信じる力」が弱いこと

実は、「決める」ということは
「信じる」ということと大きく関連しています。

まずは、自分自身。
そう感じる自分の感覚。
そう考えた自分の判断。
なんとかできる自分の力。

そういったものを信じられないと、なかなか決めることはできません。

自分で決められない人は、よく
自分のかわりに信頼できる誰かに決めてもらいたくなります。
それは、自分の感覚や判断が信じられず
確かそうな誰かの感覚や判断の方が「正しい」と思っているからです。

そして、自分で決められない人は「正しさ」にこだわります。
「正しい判断、正解というものがあり、それを選ばなければ!」
と感じているのですね。
その「正しさ」は自分以外の、他人や世間が持っていると感じています。

だから、誰かに「正しい答え」を教えてもらいたい。
「正しいものを選んだら、安全だ、うまくいく」と信じているのですね。

そう。これも信じているのです。
自分以外の、世間や他人の基準(のようなもの)を。
その「世間や他人の基準は確かなものだ」ということを。
「それに従えば安全であるはずだ」ということを。

だから、そういう「正解」があればやっと決められる・・・ような気がする。
のですが。

でも実は、それは自分が「決めている」というより
世間の基準に「従っている」のですけれどね。
つまり
「自分は世間の基準に従う」ということを決めたのですね。

そういう意味では、それも一つの「決める」ではあります。

だけど・・・

原因2.自分が本当に求めていることを自覚できていないこと

だけど、そういう世間や他人の基準に従うことを選ぼうとした時に
こんな気持ちが残るとしたら。

なんだかわからないけど、スッキリしない。
モヤモヤする。
「そうしなきゃ。それがいいのだろうからそうしよう。」とは思うけれど
なんだかシャキッとやる気がでない。

そしてこんどは、
そういうやる気がでない自分、実際あんまりやってない自分を
どこかでわかっていますから、
「やる気がでない自分はダメだ。やってない自分はやっぱりダメだ」と
自己嫌悪や罪悪感を感じる・・・・。

だとしたら、
そうやって決めたつもりのことは、実は
あなたが本当に求めた答えではない、
自分自身がそうしたいと思って決めたことではない可能性があるということです。

本当に自分の気持ちに沿って決めた時は
スッキリ、シャッキリ、元気もやる気もが出るものですから。

モヤモヤするなら、きっとそれは
自分の気持ちに沿って決めたのではないのです。

「しなきゃいけない・・・でもしたくない」
「こうするべきなんだろう・・・でもしたくない」

そんなふうにグルグルして決められない時は、
まず、その
「いけない」とか「べきだ」とかがなかったら
ほんとのほんとは自分は何を望んでいるのか
よく考えてみるといいですね。

これを認めるのは、意外とハードルが高いのです。
ある意味ショックを受ける可能性があります。
無意識に「そんなことを望むなんて、ダメだ、危険だ」と
思っている可能性があるからです。

たとえば、
「ほんとのほんとはなーーんにもしたくない!
ただただ毎日寝ていたいだけ!」
だったりしたら。

そんなあなたはきっと、
とってもとっても疲れているのかもしれないし
身体が限界だと叫んでいるのかもしれない。

あるいは、
本当になんにもしないこと、楽なことが
一番好きなのかもしれません。

でもそのことを「いけないことだ!」と思っているでしょう。

いいじゃないですか。
そうしたいなら、そうしたいと思っていいんですよ。
堂々と思いましょうよ。

「ああ、私はほんとはそんなことを望んでいたんだ!」

ということに気がつくことが、スッキリの第一歩であり、
そこに気がついたら、
「本当に望むことを実現していくために何をすればいいか」を考えることに
「やる気が」わいてきたりするかもしれません。

そうしたら、こんどは
世間や他人の基準に従うのか、自分の気持ちに従うのか
「決める」ということがテーマになってきますね。

だから、結局 1. に戻ります。
自分を信じること、なんです。

決めることは信じること。信じるとは飛ぶこと

本当に、自分で決めるとは。
他人ではなく、世間ではなく
自分自身を信じる力がないとできません。

そう感じた自分の感覚を信じる。
そう考えた自分の判断を信じる。
そう選択した先に起こる出来事に対処できる自分の力を信じる。
どういう結果になろうと、そこからなんとかできる自分を信じる。

そのようなこと。つまり「自己信頼」です。
それがあるから、「よし!これでいくぞ!」と決められるのです。

そして、その先には

自分の周りの人達の愛と力を信じる
自分を生かしている世界と宇宙の流れを信じる
きっとこうなっていくだろう未来を信じる

ということにもつながってきます。

自分と他人と世界と未来を
信じることができれればできるほど、

「決める」ということは容易になっていきます。

「信じる」ことには、実は保証も確かな根拠もありません。
保証も確かな根拠もないけれど、
「きっとそうだろう」と思い込むことが「信じる」ということなのですから。

もちろん、決める前に
実際に人の話を聞いたり、情報や資料を集めたりして
リサーチすることが有効なことも大いにあります。

それはそれで精一杯やった上で、
でも「どうするか」決めるのは、最終的には自分。

「自分はこうしようと思う。」その一点に集約すること。

信じるということは、いわば崖から「飛ぶ」ことです。
先のことは、本当は誰にもわからない。
結果はやってみなければわからない。
わからないけど、エイヤッと「飛ぶ」のが信じるということであり
決めるということです。

そういう意味で、決められない原因をもう一つ追加。

原因3.リスクをとるのは絶対に嫌!と思っていること。

実はこれもすごく大きいです。

リスクをとる、とは、リスクを冒すという意味ではありません。

どんな道を選んでもリスクが降りかかる可能性はあることを認めることであり、
降りかかってしまったら引き受けるという覚悟を
あらかじめしておくということです。

それがあれば、決められるようになります。

そこには
「ここまできたらもういい!なんでもきやがれ!」
という心が必要になります。

それが
肚を決める。
覚悟を決める。
ということ。

だから、自己信頼。

なかなか決められない人は、まず

世間の声じゃなくて、自分自身の心の声をちゃんと聴く
そして、自分の心が本当に言っていることをちゃんと認める

というところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

お知らせ

ビリーフリセット初級講座 11月コース・12月コース


人生を土台から変える、究極のセルフマネジメント、ビリーフリセット初級講座11月コース、受付しています。
自分の心の仕組みを知って、自分にOKを出し、心と行動と現実を新しくしていきましょう。

2017年 11月コース
第1講:11月25日(土)13:30〜18:00
第2講:12月16日(土)13:30〜18:00

新!2017年 12月コース
第1講:12月18日(月)13:30〜18:00
第2講:1月15日  (月)13:30〜18:00

詳しくはこちら

 

セミナーDVD「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月に開催した「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。

amazon で販売中

公式メルマガ・毎週配信中(無料)

大塚彩子メールマガジン「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。
登録はこちらから↓
(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

都道府県
性別
年齢

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

期間限定メルマガ
「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。
こちらのメルマガは、登録するとバックナンバーも読めます
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

都道府県 
性別
年齢

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top