自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 心とのつきあい方

感情には製造元がある・「怒り」とどうつきあうか2

感情には製造元がある・「怒り」とどうつきあうか2

私たちにとってやっかいな感情・・・怒り。怒りの感情とどうつきあえばよいのでしょうか。 いくつかの考え方をご提案するシリーズ2回目です。 前回「怒りの感情を持つのは悪ではない」はこちら→ さて、今日ご提案する考え方は、 感情には製造元がある ということです。

怒りの感情を持つのは悪ではない・「怒り」とどうつきあうか1

怒りの感情を持つのは悪ではない・「怒り」とどうつきあうか1

  怒りの感情はやっかいなもの 人間の感情の中でも、私たちにとって一番やっかいなものは、怒りの感情かもしれません。 つい怒ってしまう、ムカッときてしまう、イラッときてしまう。 つい怒鳴ってしまう、キツイ言葉をぶつけてしまう。ダーン!とかバーン!とかやってモノに当たってしまう。

いっぱいいっぱいなんだから、しょうがないね

いっぱいいっぱいなんだから、しょうがないね

人間、いっぱいいっぱいな時ってある。 いっぱいいっぱいだと話しかけても生返事だったりろくに振り向いてくれなかったり優しくしてくれなかったりちゃんと受け止めてくれなかったりする。

「〇〇叩き」の心理・他人を叩く人は、実は自分を叩いている

「〇〇叩き」の心理・他人を叩く人は、実は自分を叩いている

■なんか増えてます?「〇〇叩き」 他人のこと、誰かのこと、何かのことがなんだかわからないけど、イラっとする、ムカっとする気に障ってしょうがない文句を言いたくなる何か言わなければ気が済まなくなる

大切な人と心が通う「そうなんだねえ」という聴き方

大切な人と心が通う「そうなんだねえ」という聴き方

なぜ「聞いてくれない」と言われるの? 大切な人やパートナー、あるいは子供との間で心の通った話や、ホっとできるような会話をしたいのになぜか口を開くとお互いギスギス、バチバチしてしまう 業務連絡や通達のような話ばかりで、気持ちが通っているという感じがしない 相手の話を聞いているつもりなのに、なぜか「ちっとも聞いてくれない。わかって...

お父さん、感情を切り離すの、ヤバイです

お父さん、感情を切り離すの、ヤバイです

  「お父さんの感情」が家族に与える影響 おかげさまで、いろんな方が個人セッションに来てくださいます。 性別、年齢、職業や背景はそれぞれだけれども、 ご相談くださる「心の限界」というものの正体を掘り下げていくと 結局行き着くのは、育った家庭での親子関係だといえます。 多くの方の例を見ながら、 共通する大きな傾向として、最近感じ...

愛と好きはイコールじゃない

愛と好きはイコールじゃない

  ある本にこんな言葉が載っていました。  愛には4つの側面があります。 許容、受容、承認、そして尊重です。 ああ、まさに。私、この「愛」の解釈好きだな〜。 前々から思っていたんです。ほんとの愛って「好き好き大好き♡愛してる〜」っていうのとはちょっと違うんじゃないかって。 「愛」というのは「好き」の最上級ではないのではないか、...

「人のご機嫌うかがい地獄」から抜けるために

「人のご機嫌うかがい地獄」から抜けるために

  とにかく人の機嫌が気になってしまう時 人の機嫌がとにかく気になる。 気を悪くしていないかな、怒ってないかな、大丈夫かな・・・ ちょっと硬い表情をしているところを見てしまったら、 すごく不安になる。 「あっ、何か気に入らないことがあったのかな。」 「あれが悪かったかしら、コレが問題だったかしら。」「私、何かいけない...

「感性」を信じるステージ・「魂が喜ぶ仕事」をみつけるために2

「感性」を信じるステージ・「魂が喜ぶ仕事」をみつけるために2

  ほんとうにやりたい仕事。魂が喜ぶ仕事。 それを、みつけたい。わかりたい。それをやりたい・・・。 でも、それはすぐにはわからないことが多いです。 それを見つけるための道のりを考えるシリーズ。 前回の記事「魂が喜ぶ仕事」をみつけるために・1 荷物とノイズを片付けるステージ さて、続きです。 ■「感性の声」を聞く 思考の荷物やノ...

人の気持ちがわからないのは、自分の気持ちがわからないから

人の気持ちがわからないのは、自分の気持ちがわからないから

人の気持ちがわからない   「人の気持ちがわからない」っていう悩み。ある人にはあると思うんです。  人の気持ちを考えなきゃいけない、ってわかってるけど、 でも、実際よくわからない。 いちおう想像したりしてみるけど なんか、的を外しているような気がして自信がない。

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top