それぞれの役割があっていいんだね

 

自らコンテンポラリーダンスもされる心理学者・尾崎真奈美さんの言葉に

こんなのをみつけた。

 

確かにコンテンポラリーダンスでもいわゆる暗黒舞踏みたいなのはピンとこないし、悲しみや苦悩を描く身体表現もあまり好きではない。
別に無理して天使ぶっている訳ではない。
人間としての苦悩はもちろんあるんだけど、それを表現しようとしても必ず昇華されていってしまうのだ。
圧倒的な勝利に満ちた輝きしかでてこないのだ。
それが直接体験なのだからそれしか表現できないのだ。
暗闇に共感しないのだ。
地上の苦しみをどこか遠くから覚めた目線で眺めているのだ。
すべてを知っているにもかかわらず一緒になってドロドロしたりしないのだ。
役割りの違いなのだろうと思う。

ブログ「天使語同時通訳します」より


そう、そう! 役割の違い、ね〜。

どっちがいいとかダメとかじゃない。


音楽をやる立場としての私も、どうしても光や透明なポジティブを志向する。

ドロドロになれない。

毒やトゲや狂気・・・などの鬼気迫るエネルギーを表現することができない。

やろうとするとけっこうつらい。

一時期は「やっぱりプロとして、そういうこともできないといけないんじゃないか」と思ったこともある。

でも、無理してやっても息切れしてしまったなー。

たくさん戦闘シーンの音楽を作っても、結果としてサントラのレビューには「静かな曲ばかり」と書かれたり(笑)。


そりゃそうかも。

自分自身、戦闘に燃えるようなメンタリティを持ってないし、作っていてもまさに

>地上の苦しみをどこか遠くから覚めた目線で眺めている

といったまなざしになっているかもしれないと思う。

一緒になってドロドロを煽れるような自分じゃないのね。


うん、でもそれでいいのかなって思った。

それぞれに役割ってものがある。

例えばドロドロが得意な人はそれによってできること、人の役に立てることがある。

そして、私には、私だからわかることがある、見えることがある。

だからできることがある。

それいいし、そんな自分でいいと思った。




この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

ビリーフリセット初級講座6月(土曜コース、水曜コース)

心のしくみがわかり、自分がわかる。
自分がわかると世界が変わる。
心のどこに向き合い、何を変えたらいいのか
ビリーフという視点から理解し、体感できる全2回の講座です。

無料メルマガ

大塚彩子メールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。
(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

登録はこちらから↓

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

期間限定メルマガ
「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。
こちらのメルマガは、登録するとバックナンバーも読めます
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。