「同期の桜」はいい歌だった/音楽編

 

 

音楽療法の実習として、時々病院や施設に行っています。

先日、「次回やる曲」として先輩からもらった曲目の中に

「同期の桜」がありました。

お〜、バリバリ軍歌じゃないの!? こういうのやっていいんだ!?

と一瞬思ったものの、実際は私、最初の一節しか知らず、

全部をちゃんと聴いたこともなかったので、譜面を引っ張り出し、

そして、こういう時にありがたや、 YouTube であらためて聴いてみたのでした。

そしたらねー、いい歌だったのねー。

「軍国主義はカンベンよ〜」とイメージで反射的に捉えていたのが裏切られるような

実は切なく心情が伝わる、よくできた歌詞だということがわかりました。

 

それを乗せるメロディーも、実によく練られた、凛とした構成。プロの仕事。

こういう時にすぐ分析しちゃうのが職業病なんですが・・・。

音楽的なことに興味のある方はちょっとおつきあい下さい。

ない方は、別エントリーの「同期の桜」はいい歌だった/歌詞編 をどうぞ(^^)

 

ワザありのメロディー

4小節を1段落とすると、全部で16小節なので、4段落の曲ということになります。

ちょうど一つづつ、起承転結にあてはめることができてわかりやすい曲です。

 

最初の段落「貴様と俺とは同期の桜」をAとします。

「起承転結」でいうならこれは「起」にあたります。

このAの音型(モチーフ)が非常に重要になります。下の譜例1。

1小節目が「ラ・レ・ファ・ラ・レ」という分散和音になっていること

2小節目が「シ♭〜〜ラ〜〜」であること、もチェックです。

音符が苦手な方も、「全体のカタチ」だけ気にとめてみて下さい。

譜例1(A)

 

次に、Aを引き継いでまとめて完全終止(主和音で落ち着いて終わる)する

「同じ兵学校の庭に咲く」が来ます。

Aとは別種のメロディーなのでB、としましょうか。これは「承」といえます。

ここで一旦前半が終わる、と。

 

次の「咲いた花なら散るのは覚悟」

ここのメロディーは、Aの音型を、主和音Dマイナーの4度上の和音である

Gマイナーというコード上で変奏するところから始まっているのです。

譜例2(C(Aの模倣))

1小節目の分散和音は音が変わっていますが、レに向かって上がっていくことと、

2小節目の「シ♭〜〜ラ〜〜」は一緒。

譜例1とカタチがほぼ同じなのがわかるでしょうか。

にもかかわらず、ついている和音の質が違うので、

ここでグッと盛り上がりに向かう気配、みたいなものが感じられます。

これを受けて「散るのは覚悟」で感情の高まり=ヤマ場を迎えます。

まさに「転」の段落ですね。

ここは、Aを模倣しているけれども質の違うメロディーなので

C(Aの模倣)としておきましょう。これはワザありだな!と思うところです。

ここで半終止(続く感じでひと呼吸)、結論へ続きます。

 

さて、最後の段落「みごと散りましょ、国のため」

ここでまた冒頭Aと全く同じ1小節(ラ・レ・ファ・ラ・レという分散和音)

がやってきます。なので、ここはA’(ダッシュ)として妥当でしょう。

譜例3(A’)

つまり、この曲の構成としては

A ー B ー C(Aの模倣)ー A’  ということになり、

A・C・A’ (譜例1・2・3)がほぼ同じ音型でできていることが

おわかりになるかと思います。

「上がる音程」でヤマ場ができる

さらにワザありポイントは2小節目。再び先ほどの譜例ですが

AとC(Aの模倣)は「シ♭〜〜ラ〜〜」と緩やかに下がって(下例)

A

C(Aの模倣)

自然に落ち着いてゆく感じですが、

最後のA’は

「シ♭〜ラレ〜〜」と上がっている!

A’

音楽的には、音程が上がるということは感情の高まりであるとされています。

ここで最後のヤマが作られているわけですね。

同じと感じさせつつ、最後でひねる。

編曲のバージョンによりますが、ここにつけられたG♯ディミニッシュという和音も

最後のヤマに相応しく、悲壮感と切なさを増幅して秀逸です。

そして、「く〜に〜の〜た〜め〜」と起伏をつけたメロディーで締めくくり

みごとな「結」となっています。

 

このように、同じ音型(モチーフ)を変形して登場させるということで、

秩序立った構成感と、曲のアイデンティティーをハッキリ出しつつ、

要所でそれを変形して、相応しい感情を導いていくという

作曲技法的には優等生のような出来。

 

まあ、そんな理屈っぽいことはさておき、実際歌ってみればわかることでしょう。

何ともいえない気持ちのよい思いで歌えたり

ググっと思いがこみあげたりするとすれば、

そういう術のおかげでもあるのです。

 

さて、次は歌詞について、改めて書きたいと思います。

別エントリー「同期の桜」はいい歌だった/歌詞編

 

聴いてみたい方はこちら YouTube  同期の桜

(歌詞全編はこちらのサイトを参照ください)

 

 

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

ビリーフリセット・セッション・ワークショップ

ビリーフリセットの実際をライブで体験!
認定カウンセラーによる公開カウンセリング・セッションと大塚によるライブな解説
実践型・体験型で ビリーフリセットと心の仕組みがわかる、どなたでもご参加できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。