カウンセリングの種類もいろいろあるけどビリーフリセットは元から変わりたい人向き

 


「カウンセラー」や「カウンセリング」という言葉は、ここ数年かなりメジャー化したように思います。

テレビに出たり、本がベストセラーになったりするカウンセラーさんもいるので、一般の方に少し馴染みやすくなっているのかもしれません。

でも、実際にカウンセリングを受けたことのある方っていうのは、まだまだ少ないと思います。

なので、カウンセリングって、具体的にどんなことをするのか、具体的にはよくわからない方も多いのでは?

そこで、今日はそのあたりのお話です。

伝統的なカウンセリング

一般の方にとってはわかるようでわからない微妙な分類というのが、業界的にはあるようです。

心理の世界で「カウンセリング」といった場合、大きく言って

「狭い意味での、昔ながらの伝統的なカウンセリング」と

広い意味での「それ以外のいろいろなカウンセリング」

の2種類あるといっていいでしょう、

このへんちょっとややこしいのですが、ご説明しますね。

昔ながらの伝統的な意味での「カウンセリング」でカウンセラーは何をするかというと、ひたすらお話を聴きます。

クライアントさんのお話をけっして否定も批判もアドバイスもせず、ただただ共感して聴く。

そのように話を聴くことに特化したカウンセリングを「傾聴カウンセリング」とも呼び、これは「カウンセリングの父」とも言われるカール・ロジャーズが確立して近代の主流となったスタイルです。

徹底的にお話を聴いて共感していく中で、クライアントさんご本人の気持ちの整理がついたり、ご本人の中から最善の答えが浮かび上がってきたり、といったメリットがあります。

デメリットとしては、顕在意識(わかっている意識)レベルの話に終始するので、深層心理まで扱えないこと。

それゆえ、問題の本質がなかなかみつからなかったり、ご本人が変化するまでに膨大な時間がかかる、といった点があります。

1回60分のセッションを毎週のように1年も2年も受けて、やっと「最近気分が変わってきたかも」ぐらいの変化が認められるような、そんなペースが当たり前だったりします。

「その時はスッキリしたような気がしたけど、やっぱり元に戻った。」という声もよく聞きます。

必然的に、時間もお金も長期にわたってかかってしまいます。

もっと踏み込むカウンセリング

現代になってくると「そういうペースのカウンセリングではラチがあかないでしょ!」と主張する人たちも出てきて、

もっと解決に向けて積極的に介入したり提案したり、あるいは行動を変えるようアプローチしたり・・・といった様々な手法が百花繚乱するようになりました。

もっと深層心理(潜在意識領域)にまで踏み込んだ「セラピー」といわれる分野まで含め、現代は様々な手法を自分なりに組み合わせたスタイルのカウンセリングをする人も多く、

そういう様々をひっくるめて広義の「カウンセリング」といっています。

広い意味では、「セラピー」と「カウンセリング」はあまり区別がないといってもいいのです。

ビリーフリセットは潜在意識を扱う

で、私のやっているビリーフリセット・カウンセリングは? というと、後者のハイブリッド現代型でありまして、一般的な「傾聴カウンセリング」とは全然違うものです。

ビリーフリセットの特徴は「深層心理(潜在意識)を探求し、変容させる」ことです。

潜在意識とは、クライアントさんご本人も気づいていない領域ですから、単にお話を聴いているだけでは無理で、こちらの見識眼といろいろな技法や手順が必要になってきます。

カウンセラーがリードしながら様々な手法で実験やワークをしつつ、スピーディに問題の核心・根っこをみつけて、土台から変えていくようなイメージ。

それがビリーフリセット・カウンセリングのスタイルということになります。

そういう意味では「カウンセリング」というより実は「セラピー」に近いのですが、

セラピーは意味としては「治療」ですから、なんだか病気の人を治すようなイメージがあって、私はしっくりこないのです。

だから、意図的に私は自分のやっていることを「カウンセリング」といい、自分のことも「セラピスト」ではなく「カウンセラー」と言っています。

ややこしいですね。要はどっちだっていいってことです(^ ^)

ビリーフリセットは結果が早い!

で、ビリーフリセット・カウンセリングのメリットは、なんといっても早いこと!

かつ、本質的な自己理解と変容がわかりやすいことです。

私の場合、1回のセッションは2時間。

早ければ1回で、少し時間がかかっても3回〜6回あれば、確実に変化を実感できます。

なぜなら、あれもこれもといった問題の「枝葉」ではなく、いちばん「根っこ」にアプローチするからです。

根っことは、問題を生み出している無意識の構造のことです。

無意識に仕込まれたさまざまなビリーフ(信じ込み)こそが問題の根源だというのが、ビリーフリセットの考え方です。

その根っこを見抜いて変えていくわけですから、これは人生の土台レベルで変わるかなり強力なツールなのです。

元から変わりたい人向け

私個人的なことをいうと、私は「根本」とか「本質」とか「そもそも」とかが大好きで。

なので、遠回りしないで早く元から変えようよ!って思っちゃう。

そんな性分だからこそ、ビリーフという概念に出会った時「これだ!」と思ったのです。

これで根本の謎解きができる!って。

そこから、私なりに効果的と思った理論や手法をアレンジしてまとめていったのが「ビリーフリセット」というわけです。

おかげさまで、変わることにしっかりと腹を決めてこられた皆さんが、私のことを嗅覚で探り当ててセッションにいらしてくださいます。

1回〜数回のセッションで「長年の謎が解けた。荷物が降ろせた。感じ方が変わった。」等の声を聞かせていただくと、ほんとによかったなーと思います。

というわけで、一般的な意味での「カウンセリング」と「ビリーフリセット・カウンセリング」の違いはこんなかんじです。

根本的な謎解きが好きとか、早く元から変わりたい方にとっては、向いていると思います。

(過去のメルマガから加筆修正してお届けいます)

 

カウンセラーや人さまの心に関わる援助を志す方に。
3月開講です!

 

この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、がんばっているのに生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎ツナゲル株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

人の話が楽に聴けるようになる 傾聴実践講座

人の話を聞くのが苦手な人も。人の話を聞きすぎて疲れてしまう人も。楽に話が聴けて心が通うようになります。

都内 11/27(水)、12/7(土)/鎌倉 12/9(月)

ビリーフリセット初級講座オンライン版

自信が持てない、自分がわからない・・・「私なんでこうなの?」のわけは心の奥の「ビリーフ」だった!

自分とのつきあい方がうまくなる
これまで300人以上が受講した人気講座を動画で受講できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)