修験道と真言密教のコラボ、高野の火祭り

 

私は特にどこの宗徒というわけではありませんが、高野山が好きで、もう何度だろう・・・たぶん6〜7回くらいは行ってます。

この頃もなんとなく高野山のことを思っていたら、そうだ!と思い出しました。

みなさんにもご紹介したい春のお祭りです。

山伏と僧侶のコラボ

あまり有名じゃないみたいだけど、高野山では3月に「火祭り」というのがあります。

これは「柴燈大護摩供」という大がかりな護摩を焚いて春の訪れと山開きを告げる行事で、これのキモは、高野山真言宗の僧侶と修験道の山伏がコラボすることです!

私的にはこれはすごく魅力的。
コラボ、大好き♪
一昨年に見にいきました。

日本古来の山岳信仰である修験道と真言密教は、深いつながりがあります。

空海さんは若い頃、天河や吉野大峯山系で修験の修行をしていたといわれますし、修験道の開祖・役行者空海は霊的に深いご縁があるともいわれています。

役行者(えんのぎょうじゃ)

その古(いにしえ)のつながりを現代に蘇らそうという試みの「火祭り」は、金剛峯寺の公式行事ではなく、民間の有志による主催なのでそんなに重要に取り上げられているのではないのかもしれませんが、私的にはけっこうおすすめですよ。

始まりは山伏のみなさん(おそらく吉野の方々かなあ)が法螺貝を吹きながら入場し、高野山僧侶のみなさんと問答をします。

そしていろいろ儀式があって、大きな護摩壇に点火。

燃え盛る火、響く太鼓、繰り返される不動明王の御真言・・・というかんじで最高潮を迎えます。

写真はこちらのサイトからお借りしましたhttps://foromonetiza.com/201702231205.html

修験道の秘めたパワー

江戸時代まで大いに栄えていた修験道が、明治期になって禁止の憂き目に合ってしまったのは、強いパワーを秘めていたがゆえ、と私は読んでいます。

だからこそ今、日本がパワーを取り戻すべき現在。
修験道や神仏習合の世界観は、そのための重要な鍵を握っているように思います。
 
3月の高野山はまだまだ寒いですが、高野山に行ってみたい方は、あえて第1日曜日の火祭りを狙って行ってみてもおもしろいかもしれませんよ。

火祭り、詳しくはこちら。
なぜか今年の告知がみあたらなくて、過去の記事ですが、日程は同じみたいです。

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、前に進みたい人、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。
その他、心と意識をクリアにするサウンド瞑想など、独自の立ち位置で音楽制作やライブイベント等も行っている。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

オンラインで学べる「話の聴き方」講座

オンライン学習サイトUdemy(ユーデミー)で開講!

◎人の話が楽に聴けるようになる【はじめての傾聴】カウンセラーが現場で使っている「話の聴き方」

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます