高野山で思った。財力ってすばらしい

今年の3月、5度めの高野山に行きました。

それまでは、6月や11月などのいわゆる「ベストシーズン」に行っていたのですが、今年は思うところあって、まだ冬の寒さ残る3月に行ったのです。

何度でも行きたくなってしまうのは、弘法大師 空海さんの空気に触れたいから。

私は特に真言宗の信徒ではないけれど、空海さんのファンなんです。
この場所そのものに空海さんのエネルギーが満ちているようで、時々自分自身をチューニングしに来たくなる・・・・そんなかんじです。

その時に感じたことを書き留めていたのですが、この時期なんとなく、ブログ記事として出したくなりました。

1200年続いた背景にあるもの

高野山は、来てみるとわかるけど、ほんとに深い山の中なんです。
電車やバスや車がある現代でさえ「うわー、遠いわあ」と思うくらいですから、これ、1200年前とか、どうやってここにお寺建てたり、みんなが生活してたりしたんだろ?って単純に不思議に思ってしまいます。

それを脈々と1200年。
最盛期には数百のお寺と数千の僧侶が、この山に暮らしていたのだそうです。

もちろん時代により、ずいぶん栄枯盛衰や紆余曲折もあったようですが、それでもこうやって脈々と信仰の灯を絶やさず栄え続けてきたわけですから、そこにはものすごい数の人たちの思いが積み重なっているわけです。

そしてそれは思いだけではありません。

財の力。

それあってこそ、高野山がこのように整えられ、立派なお寺が建てられ、維持され、人と都市が栄え続けているわけです。

昔のお寺やお坊さんというと、なんとなく先入観で「托鉢」で食ってるというイメージないですか?
恥ずかしながら私は漠然とありました(笑)

でも托鉢でこの規模のお寺と人と都市が栄えるのは無理ですね。

じゃあ、どうなっていたのかというと「有力者の庇護」であり「有力者の財力」です。
これが今日のお話。

「上」からサポートされた繁栄

空海さんは、宇宙とつながった霊的な方であると同時に、時の天皇とも非常に懇意で、いわば「中央・上」ととてもうまくつきあった方だと私は解釈しています。

高野山や京都の東寺も懇意の嵯峨天皇から賜ったほか、その他のいろんなお寺も任されていたようです。
そういう「上」からのサポートというのがあって、当時の高野山は始まったのでしょう。

さらに、その後何百年にわたって高野山は、皇室からの厚い信仰と庇護を受けていたそうです。
お寺は皇室の方々の祈願や墓所の要請などにこたえ、皇室は自らの荘園を寄進する、という循環が増幅する。

つまり、財力が集まってくる。
高野山は豊かなんです。

これは強いですね。

鎌倉時代以降になると、源頼朝の菩提を弔うために北条政子がお寺を建てたあたりから、こんどは武家の信仰を集め、山内のそれぞれのお寺が、全国各地の武家・大名と契約を結ぶようになったそうです。

つまり、それぞれのお家に契約のお寺があり、祈願や墓所の提供、そしてお参りに訪れた際は宿坊の提供等を受ける、と。
そして、財を寄進する、と。
これもまた良い循環です。

こうして時代を通して、朝廷(公家)、幕府(武家)など、時の権力者・有力者の厚い信仰と、豊かな財力によって、高野山は支えられていたのですね。

そして、時は現代。
奥の院へ続く参道は、一の橋から続く旧い道と、中の橋から続く新しい道とがあるのですが、中の橋からのには、現代のさまざまな企業の立派な慰霊碑や墓所が延々と連なっています。

大正時代に建てられた、高野山の古来からの宝物や仏像を収めた「霊宝館」という建物があるのですが、これもまた当時の財界の有力者たちが志をもって建てたものだそうです。

現代でいう企業というのは、昔でいったら「大名」のようなものなんじゃないでしょうか。
組織として、人を擁し、財を擁している存在です。

現代においても、やはりこういう筋からの財力によって高野山は支えられているのだなあ、と私は感じました。

財力ってありがたいこと

お金や財力というと、なんだか汚いもののようなイメージを持ったり、「お寺がお金のことなんて・・」と嫌悪感を持つ人も、もしかしたらいるかもしれません。

でもね、私はそうは思いません。

「お金」自体がきれいとか汚いとかそういう問題ではなくて、どういう気持ちでそれを使うのか、つまり使う側の思いや志の問題です。

現実的に立派なお寺を立てるのには、財が必要です。
昔はたびたび火事で焼けたりしているから、何度も再建・再建で、そのたびに莫大な財が必要になります。

そのたびに、寄進する人、寄進を呼びかけて行脚する人・・・など、たくさんの人が関わって財を集めています。

その時に、お寺を守り、信仰の灯を継ぐために、「よっしゃ、出したるわ!」という財力のある人がいるのは本当にありがたいことだと思います。

もちろん、名もない貧者の一灯の浄財も、価値のあるものです。
でも現実的にはやっぱり、ある程度の規模でポン!と出してくれる人は、やっぱり必要です。

どちらが良い悪いとかではなくて、それぞれのお役目なのだろうと思います。

そういう無数の人たちの思いの力と財の力があるからこそ、今の高野山があるのだということ。

宇宙の真理を探求することと、この世での財を循環させることは、決して矛盾しないということ。

それを体現・具現した空海さんの大きな志と器のこと。

そんなことを、高野山5度めの旅で私は思いました。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

心理カウンセラー/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
その後、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、まじめにがんばっているのになんだか生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎株式会社ツナゲル専務取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

9/20 R-Spirit Vol.4

心のスイッチを起動するミュージック&トークライブ

2019年9月20日(金)19:00〜 南青山マンダラ

出演:了戒翔太、大島ケンスケ、大塚あやこ

ビリーフリセット初級講座オンライン版

自信が持てない・人の目がこわい
いつも傷つく・未来が不安・・・
その「なんで?」のわけは   
心の奥の「ビリーフ」だった!

生きづらさの理由と、脱出のカギがしっかりわかる
これまで300人以上が受講した人気講座を動画で受講できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします