年の暮れは浄化の時(ピアノ動画つき)

今朝きたインスピレーションがあって
ああ、そうかと思いました。

年の暮れは浄化の時。

というもの。

たしかにそうですよね。
1年を振り返ることも多いし、
大掃除もあります。

神社では「大祓」という
ケガレを祓う行事が行われます。

今年の汚れを祓って、
キレイに新年を迎えようということですよね。

それが浄化。

浄化というのは
キレイにする、という意味ですが

浄化が起こる時、

埋もれてた感情
忘れてた嫌な感覚
など、いろいろ辛いモノが
浮かび上がってくることがあります。

精神的なものであったり
時には身体の不調として
出ることもあるでしょう。

でも、その時に落ち込んだり
自分を責めたりしなくていいのです。

それは浄化のために出てきたものだから。

今突然降って湧いたものじゃない。
すでにあったものが浮かび上がっただけ。

そう考えてみるといいと思います。

心の有象無象の取り扱い方としては
「あー、あるなー。」
「そうなんだねー。」
でいいでしょう。

それを感じていい。
そのまま味わっていい。

浄化のために
浮かび上がってきたのだから。

そしてこんなふうにしてみるのも
おすすめです。

「神さま」に頼む。

そいういうモノを
「祓ってください」
「清めてください」
と神さまに祈るのです。

それが「浄化」です。

言い方はなんでもいいのですが
神という言葉に抵抗がある人は
「大自然の力」でも
「宇宙」でも
「おてんとさま」でもいいでしょう。

つまりそういう「大きなもの」。

それに向かって
自分という身体、存在を
開放するイメージです。

そうすると
浮かび上がってきた有象無象が
自分の身体に留まらずに
ちゃんと蒸発して
離れていくような感覚になります。

感覚ですね。
やってみるとわかります。

私は特に今年、
こうした「浄化」は自分だけの力ではなくて
「神さま」の力が必要なんじゃないかって
思うようになりました。

だから神道では
「祓い給い、清め給え」
って言うんだなあ・・・と。

言葉は知ってたけど、
これまで自分的には「謎」がありました。
でも、ちょっとわかってきたかな。

というわけで、年末は心静かに
浮かび上がるものを感じながら
祓って、清めていく
そんな感覚で過ごしたいと思います。

その感覚を音にして
ピアノ即興で弾きました。

簡単な動画ですが
来たインスピレーションを
鮮度高く残してみたかったので。

深い神域の森と静寂
禊の水の清らかさ
祓って透明になっていく・・・

瞑想とともに音を出す
ピアノ瞑想と名づけてみました。

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、が前に進みたい人、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。
その他、心と意識をクリアにするサウンド瞑想など、独自の立ち位置で音楽制作やライブイベント等も行っている。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

ビリーフリセット・リーダーズ講座【動画視聴コース】

「6期ビリーフリセット・リーダーズ講座」の講義動画とテキストが毎月届きます。5/25まで受付中

オンラインで学べる「話の聴き方」講座

オンライン学習サイトUdemy(ユーデミー)で開講!

◎人の話が楽に聴けるようになる【はじめての傾聴】カウンセラーが現場で使っている「話の聴き方」

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます