アーティストの「壮絶な人生」の背景にあるもの


クリスマスイブの朝、なぜかマーヴィン・ゲイのWhat’s going onを聴きたくなった。

制作は1970年。
この時代独特の、社会への尖った意志が疼くような熱気を含み、言っているメッセージは重いけれど、サウンドは優しくてあたたかい。

Wikiによると、彼がこれほど音楽に没頭したきっかけはキリスト教の説教師であった父親の精神的虐待だそうだ。

精神的に逃げ場のない中、唯一の自分の心の置きどころとして音楽に没頭したのだろう。

没頭するからこそ習熟して、その才能を開かせていった。

「痛み」と引き換えの表現

ミュージシャンやアーティストの中には、生まれ育ちの事情でそこまで一つのことに没頭せざるをえない必然があった人も多い。

つまり原家族においての何らかの「痛み」を抱えているということだ。

幼い頃からその痛みにさらされる中、いわば生き抜くための唯一の「蜘蛛の糸」のようなものが「それ」だったりするのだ。

※蜘蛛(くも)の糸とは?

「それ」があったからこそ生きぬくことができた。
だからこそ「それ」は決して切り離せない、その人と深く同一化したものになる。

それはもう執着といってもいいほどの、常人を超えた愛着と拘りと没頭で取り組むからこそ、習熟と専門性として花開いていくのだろうと思う。

そんなアーティストから生まれる美しく力強い表現、稀有な世界観は、ある意味そんな痛みの「反転」であるのかもしれない。

そうやって表現することが、自分自身を救っていく道のりでもあり、それが他者にとっても救いになっていくのかもしれない。

「傷」ゆえの表現。
「傷」こそが表現の原動力。
それがあるからこそ咲き誇る花。

だとしたら、その「傷」が癒されてしまったらもうそんな表現はできなくなるだろう・・・と無意識に怖れたとしても無理はない。

表現ができなくなったら、もうアーティストでいることはできなくなるのだから。それはアーティストにとって、死にも等しい恐怖。

もともと生き抜くための唯一の「蜘蛛の糸」として掴んで離さなかった「それ」であり、そこまで自分と同一化した「それ」であるのだから、それを失うことは死を意味するも同然だ。

だから、アーティストは傷を温存し続ける。

温存している傷は、いつも心の深部で痛み続ける。

その痛みをまた表現に変換して、アーティストは作品を生み出し続けるのだろう。

それが、多くのアーティスト伝で語られる「孤独と背中合わせの壮絶な人生」というものの根底にある構造ではないかと思う。

光が強くなれば影も濃くなる

いわゆる「成功」をして、無数の人とお金と社会のエネルギーがアーティストの周りに集中してくると、その莫大な外側の「光」のエネルギーに比例して、内側の傷の「影」のエネルギーも増大する。

その時、幼い頃から人知れず抱えていた「傷」が、よりパワーを増して、形を変えて外側に表出する。

多くの著名なアーティストが、成功すればするほどプライベートで問題が勃発し、不安と孤独に苛まれ、常軌を逸した放埓や奇行に走り、精神的に追い詰められて自暴自棄になっていくのは、そのような手付かずの「原初の傷」が大きな力によって噴出してくるということなのだろう。

自分を脅かすそのような内側の痛みを忘れるために強い刺激を求め、麻痺させるために酒やドラッグに頼る。

いわゆる「破滅型」のアーティストとは、内なる傷の暴発に翻弄された姿なのではないかと思う。

しかし、その傷は癒されるべきなのか?
傷があることはいけないことなのか?

というと、必ずしもそうとは言い切れない。

なにより、本人がそんなことを望んでいないことは大いにあるからだ。

先ほど書いたように、それは多くの場合、表現の原動力だからであり、下手に癒されてしまうことにはリスクが伴う。

それは、自分が自分ではなくなってしまうような恐怖であり、これまでのような表現ができなくなる恐怖となりうるからだ。

それよりも、痛みを抱え、孤独に苛まれ、満身創痍になりながらでも、築き上げてきたアーティスト人生を全うすることを選ぶ人も多いのだろう。

それと引き換えにして、美しいものをたくさん生み出し、その切実さゆえに多くの人の心にくさびを打ち込んで輝いていったアーティストたちが、あの空の星のようにきらめいている。

マーヴィン・ゲイは44歳の時、両親のけんかを仲裁しようとして、激昂した父親に銃で打たれて亡くなった。
しかもその銃は、マーヴィン自身が父親にプレゼントしたものだという。

いくつになっても、最後の最後まで、親のことをなんとかしようとしていた、けなげな子供。

機能不全家族の中で育った子供ほど、必死に両親のことをなんとかしようといつまでたっても両親に固執する。

求めて求めてやまなかった、けれどもどうやっても得られなかった愛なのだろう。

その傷を抱えながら、それゆえに、音楽という器に命を注いでいった一人の人。

そんな無数の星たちの中の、小さな一つの星の物語。

 

What's Going On
Universal Music LLC (2014-02-13)

Midnight Love
Marvin Gaye
Colum (2000-06-12)

 

この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

ビリーフリセット心理学初級講座

自分のこと、わかろう!
自分の心のしくみがわかる。謎が解ける。
講義とワークの繰り返しで基本が一通りわかる2日間の講座。1月27日/2月24日。
どなたでもご参加できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。