芸大まで出て20年プロをやった私が、音楽に燃え尽きた理由

magomaev

今朝、突然わかった燃え尽きの理由

今朝方見た夢。
 
私は自分が作曲したデモ音源を誰かに聴かせていた。
それがまあ、自分でも「よくそんなことを思いつくね」と思うような
破天荒な、おもしろい展開をする曲だった。
コンガの連打とか、よくこんなの打ち込んだな(笑)って
夢の中でも思ってた。
でも、制作途中の曲だったらしく
「とりあえず、ここまで」っていうところで終わり。
 
 
目が覚めてしばらくして、はっきりとわかった。
約8年前、私が音楽で燃え尽きた理由が。
 
私は「欠乏動機」で音楽をやっていたことに燃え尽きたんだ!

欠乏動機とは
 
足りない、欠けている、十分でない
 
というマインド。
 
能力が、技術が、知識が、経験が、才能が、努力が
 
これじゃまだまだダメ。
足りてない。追いついてない。未熟だ。
こんなんじゃぜんぜん。この程度じゃまだまだ。
 
もっとやらないと。もっと努力しないと。
もっと勉強しないと。もっと全体がわからないと。
もっと書けないと。もっと楽器のこと知らないと。
もっと研究しないと。もっと最先端を追いかけないと。
もっと器を広げないと。もっと経験積まないと。
もっとアレもコレもできて、アレもコレもわかってないと。
 
あーあー、もっともっともっと・・・・
 
うおお〜〜〜、もううんざりだ!
 
こんな音楽の仕方を何十年もやってきて、
私はついに燃え尽きたのだった。
 
欠乏でエンジンが回っているから、
いつまでも足りるということがない。
「もうこれでいい」ということがない。
 
自分自身が欠乏動機で回っているかぎり
現実からも、いつも「自分の欠乏」を突きつけられる。
そしてまた、自分の欠乏に打ちのめされる。
 
だからまた、やらなくちゃ、がんばらなくちゃと
重い足を引きずって勉強へ、努力へ・・・
 
その回路に終止符を打つために
私は燃え尽きたんだ。
 
ということが、今朝はっきりわかった。

 

「足りない、まだまだ!」という欠乏動機

 
このことはもうわかっていたつもりだったけれど
でも、なんだろう、この
今までとは違う「はっきりわかった感」は。
 
これまでだって、確かに気づいていた。
それは、
「私は人間として欠けているから、音楽でカバーして巻き返すんだ」
という欠乏動機で、音楽をやっていたこと。
ほんとはダメな「人間・自分」と
ちょっとはマシな「音楽家・自分」との分離。
 
これはわかってた。
そこから脱出して今があると思っていた。
 
でも、今日の気づきはさらにその先。
その音楽の世界でも
こんどは音楽的な「欠乏」を回してドライブしてたんだ、自分!
てことが、今日見えてしまった。
 
たしかに、芸事や技能の世界というのは
「ない現状、たりない現状」をスタート地点として
そこから、知識・能力・技術をつける、
積み上げる、成長させる・・・という構造になっている。
これ自体はそういうものだし
上達する、うまくなる、というのはそういうことだ。
 
だから、みんな必死になって
努力して練習して勉強して、うまくなっていくのだ。
もっと、もっと・・・と上をめざしていくのだ。
これ自体が悪いわけではない。
芸を磨くとはそういうことだろうし、
それを楽しんでできるなら幸せなことだ。
葛飾北斎のように、
一生「足りない足りない」と言って向上しながら天寿を全うするのも
立派な人生だと思う。
 
しかし、一方で。
私たち凡人の場合
そこには、ホンの紙一重の裏表で
「欠乏=恐怖」が見え隠れする。
 
やらないとダメになる
足りないと生き残れない
うまくないと仕事がこなくなる
できないと見放される・・・
 
〇〇ないと、〇〇ないと、〇〇ないと!
ない、ない、ない!
 
「ない」ことは、終わりを意味し
底知れない恐怖に結びつく
 
その恐怖から逃れるためにこそ
もっと、もっと、もっと
まだまだ、まだまだ、まだまだ
と走り続ける。
 
これが欠乏動機。

 

欠乏動機から充足動機へ。根底を転換すること

 

向上・成長という健全な目標と
欠乏・不足という見えない恐怖とを
どう折り合いつけるか。

それは音楽に限らず、人間のあらゆる営みにおいて
これまでの時代、この世界で生きようとする人間の
普遍的なテーマであったように思う。

しかし、これからの世界は
このそもそもの「動機」の書き換えに向かっていると私は信じている。
「欠乏動機」から「充足動機」へ。
 
「足りていない、欠けている、ない!ない!」という基本マインドから
「足りている、十分だ、ある!ある!」という基本マインドへ。

「この転換が、これからの時代の鍵だ!」という考え方を、
私も全面的に支持する。

この考え方は「何がどれくらいだから」という物理的な根拠を要しない。
私たちの心の基本的な構え、
コンピューターでいうところのOSのようなものだ。
このことについて詳しく語るとややこしすぎるので
ここでは触れないけれども。
 
私もまた20世紀に生まれ、
欠乏動機で努力成長し続ける従来型の成長モデルに
一生懸命乗っかって
自分なりに行き着くところまで行ったのだ。
 
だからこそ、この時代の節目に居合わせて
その書き換えの必要性というものを
自らの身体で知ることになったのだ。
つまりそれが、私にとっての燃え尽きだった。
 
以降私は、心理セラピストの道を選びながら
私の中の欠乏動機という、根底のOSにあたるところから
書き換えに取り組むことになった。
そのために、こんなにも時間が必要だったのだ。
 
「もう音楽ができなくなった」んじゃなくて
「もう欠乏動機で音楽ができなくなった」
っていうことだったんだ。
イコール、
「もう欠乏動機で生きていくことはできなくなった」
ということでもあった。

一度音楽をストップさせてでも
私は人間としてのOSを書き換えたかった。
 
欠乏動機から充足動機へ、という意識の根底的な刷新を
私は体験したかったのだと思う。
 
そして、その刷新の時代を生きたかったのだと思う。
 
ぜんぶ「今から思えば」だけどね。

意識刷新の時代が始まっている

そして私のOSはもう書き換わっている。
「充足動機」に書き換わっているのが、今はよくわかる。
「足りない、欠けている」が幻想であり
かかってしまった呪いのようなものだったことを実感している。
内なる豊かさとはこういう感じか、と味わうことができる。
 
だから、この新しいOSの上で
音楽を再起動することもできるはず。
やりたくなったらね。
やらなくたってべつにいいけれどね。
 
重要なことはそこじゃないから。
この意識で在ることが軸だから。
音楽であれ何であれ、
この意識の土壌から創り出されることが、
すべて私の「仕事」になるのだから。

そして、この歴史的な意識刷新の時代に居合わせて
小さな旗でもいいから振って
少しでもその風を起こす側に回ることが、
私のいちばんやりたい「仕事」なのだろうから。
 
2015年、時代の変化が加速する予感。

 

参考:「欠乏から充足への転換」について詳しい本 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、がんばっているのに生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎ツナゲル株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

人の話が楽に聴けるようになる 傾聴実践講座

人の話を聞くのが苦手な人も。人の話を聞きすぎて疲れてしまう人も。楽に話が聴けて心が通うようになります。

都内 11/27(水)、12/7(土)/鎌倉 12/9(月)

ビリーフリセット初級講座オンライン版

自信が持てない、自分がわからない・・・「私なんでこうなの?」のわけは心の奥の「ビリーフ」だった!

自分とのつきあい方がうまくなる
これまで300人以上が受講した人気講座を動画で受講できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)