ビリーフ外しの成否を分ける「瞑想力」

ビリーフをリセットしやすい人

ビリーフリセットのセッションをすることでビリーフがストーン!と外れた時って、ものすごく視界がクリアになって、気持ちは一気に軽くなり、その時もう、今ここで生きている「状態」が変わっています。

つまりそれは、「自分」と「ビリーフ」がはっきり別物であって、ビリーフは単なる言葉であり概念であった!ということが体感でわかっちゃうような瞬間です。

そんなふうに一気にビリーフが外れる人がいる反面、「そうは言っても・・でも・・・だって・・なかなか・・」とモヤモヤが続く人もいます。

それはご本人の時期やタイミングというのもあるし、カウンセラーの手腕もあるでしょうとは思いますが。

でもそれにしたってこの違いは何かなー?と総じて考えた時に、やはり決定的なのはこれなんだと思います。
キーワードでいったら

スペース

そして

スペースを取れる力

どういうことかというと、自分が自分の考えを観察できる力。

「あー、私ってこう感じてるな。私こう考えてるな。私こうなってるんだな。」って、自分が自分の内側に気づく力。

これがしっかり育っているかどうかで、セッションの成果・結果はかなーり違う。

つまり「自分」と「考え」が別であるという認識ができる、という力なんだね。それを「スペースがとれてる」と言います。

心の探求の初心者にはこれがけっこう難しいんです。

なぜなら、あまりにも「考え」と「自分」を同一化しちゃってるのが人間のデフォルトだから。

同一化というのは、自分じゃないもののことを自分だと思っちゃうことね。

たとえば自分の持ち物をけなされたら、まるで自分がけなされたみたいな気分になるでしょう。

それ、モノと自分を同一化しているってこと。
本来、モノはモノであって、自分じゃありませんね。

同じように私たちは「考え」とも容易に同一化します。

「私は愛されない、魅力なんてない人間なんです!だってそうなんです、本当にそうだから!」
って言ってるのが、同一化している状態。

「あー私、『自分は愛されない、魅力なんてない人間だ』って思ってますねー!」
って言ってるのが、スペースがとれてる状態。

この違いわかります?

後者は、「そう思っている自分・そういう考えを持っている自分」に気づいています。

こうやって「思っている自分」に気づける状態ですと、そこからのビリーフの探求とリセットはとてもやりやすくなります。

「気づけている自分」の方に軸足を置けるからです。

同一化したまま、「考え」と「自分」との間にスペースがとれないと、たとえ自分の中にあるビリーフがこれか!とわかっても、そこからなかなか外れません。

ビリーフ=自分だと思ってしまうから
「こんな自分がいるなんてショック!!」とますます落ち込んだり、自分を責めたり恥じたり。

「そうは言ったって、だってやっぱりそうなんだもの」と膠着したり。

「手放すのは怖い!」としがみついたり。

だから私は、やっぱりビリーフ外しには「スペースをとる力」という心の基礎体力が必要だと、最近ますます思うようになりました。

だから瞑想が必要

じゃあその「スペースをとる力」ってどうやってつけるの?っていったら、そこで登場するのが瞑想なんです。

まさに瞑想力!

瞑想にもいろんな目的ややり方がありますが、一番基本的には、自分の内側を観察し、自分の中に起こっていることに気づいている、という状態を体験し続けること。

その練習が瞑想です。

このことを今流行りの言葉で言うと「マインドフルネス」っていうんですけどね。

瞑想は、ちょっとばかりやってみたくらいではなかなか変化はわからないかもしれません。

ある程度継続的な練習が必要ですが、練習によってだんだんと「考えや感情」を見ている自分、というリアリティがわかってきます。

考えでもなく、感情でもなく、生きているいのちそのもの、それが自分である・・・という感覚が体感としてわかってくるでしょう。

次第に、そちらこそが自分の本体であるとわかってくると、ビリーフという考えが、単なる考えにすぎないものであり、べつに怖いものでも、失って困るものでもないことがわかってきます。

そうしたらいくらでも検討して、いるかいらないか決めたり、気にするのをやめたり、自分で扱うことができます。

だって、自分自身ではないですからね。

こういう状態になって、ビリーフのリセットが可能になるということです。

ビリーフリセットと瞑想

瞑想のやり方は、伝統的にただ静かに座るものから、立ってやる、歩いてやる、音を使ってやる、身体を動かしてやる・・・などいろんな方法や流派があります。

私自身、実は瞑想歴はけっこう長く、20代のころに鎌倉の禅寺の座禅会に行くようになったのがきっかけで、以降、いろんなやり方を習ったり自分で研究したりしながら、継続的にやってきました。

今思えば、そういう心の基礎体力があった上で、心理療法やビリーフのことを学んだので、「スペースをとる」「考えは自分ではない」といった体感実感も早かったのかなと思います。

現在、ビリーフリセット心理学では、瞑想についてはそこまで取り入れてプログラムにはしていないのですが、皆さんにとってビリーフリセットがより効果的に行われるためには、ある程度瞑想力を育てるようなプログラムも必要かなー、なんて最近考えはじめています。

まあそれは私の今後の課題として、みなさんにはぜひ、どんなやり方や流派でもよいので、なんか瞑想をやってみてほしいなあと思います。

効果を焦らず。
でも探究心をゆるめず。

きっと確かな「心の基礎体力」になっていくでしょうから。

日常でできる「基礎体力」エクササイズ、こちら

 

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

自己流を脱出しよう!人の話を聴く必要がある人のための 傾聴実践1day講座 11/4・8

人のお話を聴く必要のある全ての方に。
自己流だけじゃちょっと危うい傾聴の基本を1日で学べる講座、11月休日・平日開催
大塚がカウンセラー養成講座( BRC)で培ったエッセンスをふんだんに盛り込んだ傾聴実践講座です。

鎌倉ランチライブ@ブラッスリー・ゲント10/21

秋の鎌倉、由比ヶ浜、日曜日のお昼。
光の入る素敵なレストランで、ランチとアコースティックな音楽を。
・コヤマリエ/ヴァイオリン、大塚あやこ/ピアノ
・「Ten」片野吾朗/ベース 濱田翔/ギター

2018年10月21日(日) 13:00 開演
由比ヶ浜 ブラッスリー・ゲント 
江ノ島電鉄線・由比ヶ浜駅より徒歩3分

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。