「よい人でいなければ」が自己嫌悪のもと

 

私たち人間は無意識に自分のことを「あっていい自分」と「あってはいけない自分」に振り分けています。

たとえば、明るい、優しい、正しい、ポジティブ、思いやりがある、役に立つ、できる、しっかりしてる、がんばる、笑顔・・・

そんなもの全部兼ね備えた「いい人」。

そういう人は、OK!
そうなれたら最高!
そんな私ならみんなに好かれそう。
そんな自分だったら自信が持てる。

無意識にそんな思いがあります。

それが「あっていい私」です。

反対に、暗い、いじわる、間違い、ネガティブ、役に立たない、できない、だらしない、なまける、怒る・・・

そういうのは良くないこと、悪いことだと思っていますね。

そうなっちゃダメ。
そんなところは無くさなければならない。
そんな私がバレたら嫌われちゃう!
 そうはなりたくない。

それが「あってはいけない私」です。

だから、なんとかして克服しようとしたり、変えようとしたり、隠そうとしたりしたくなります。

こうして自分の中で「あっていい/いるべき良い自分」と「あってはいけない/いるべきでない悪い自分」が分割されます。

自分の中に「悪い」があるって、すごく気持ち悪くて嫌なものです。

だから「こんな自分は嫌い!」って思うし、そんな自分なんか見たくも考えたくもない。

多くの人はそうなります。

ゆえに、この「あってはいけない自分」というのは、意識に上らないように、見えないように、感じないようにフタしていることがとても多いです。

つまり「ないこと」にしてるってこと。

見ない、触れない、感じない、考えない。
ないですからーーー!!

ってがっちりフタしてること、これを抑圧といいます。

そしてそのフタの奥で「ないこと」にされたものを「シャドウ」と言います。

「あっていい」が光ならば、「あっちゃダメ」が影。
それがシャドウです。

 

しかしですね、それで解決しないんです。
ほんとはね。

ないことにしたからと言って、ほんとになくなるわけじゃないんです、残念ですが。

ないことにしたものは、形を変えて、別のところで暴発したり、ねじくれた形で現れたりします。

「ないことに」していることこそが、苦しみや悩みや問題を作り出してしまうのです。

生きづらい、苦しい、しんどい、自分らしく生きられない・・という人は、

「ないことにした自分」ていうのがたくさんありすぎる人。

「よい人でいなければ!」が強すぎて、良い人100%にしようと頑張りすぎの人だといえます。

そうすると、ものすごく生きづらく、自己肯定感は低いままです。

「よくあらねば!」「よい人でいなければ!」と力を入れれば入れるほど、そうではない自分というものが大嫌いになります。

自己嫌悪地獄です。

自分の中にないことにした「悪」に、自分が脅かされることになるのです。

それが、悩みや問題。
時に他人として、または出来事として、事件として、現れてきます。

やっかいですね。

じゃあどうすればいいの?

ないことにしたものを、「ある」って認めればよいのです。

「ありません。しりません。見えませーん」
てしてたそれらのこと、

まずは「ああ、これか」と見ること。

見て、「ああ、あったんだ」と認めること。

どんなに悪くても、汚くても、ヒドくても、傷だらけでも。

暗〜い押入れに光も当たらず押し込まれていたそれらに、
まずは戸をガラーッと開けて
パーッと光を当てて、風を入れること。

なくなれー!なくなれー!
消せー!なくせー!

と撲滅運動していたそれらに対して

あっていいよ。
いていいよ。
だってあるもんね。

ってしてあげること。
それだけです。

さらに、そもそも良いと悪いの2つに分けていたその基準が、実はなんと曖昧で基準のない、漠然とした思い込みであったかに気づくこと。

その、良い/悪いにバキバキ分割していたそのルールって、いったいなんだったの!?って、頭をリセットすること。

そもそも2つに分けなければ、もともと1つ・全体であったことに気づくこと。

そこなんです。

それを「統合」といいます。

亡き者にしようとしていたあらゆる自分の要素、パーツに、居場所を与え、善だ悪だと序列をつけず、フラットにあるがままにさせておくこと。

あるがままにそこにあっても、全然大丈夫だったことを知ること。

その心境を、体験するのです。
「あ〜、これか〜」 と味わうのです。

それが、生きづらさや苦しみから抜ける道です。

カウンセリングでやっていることというのは、そういうことです。

カウンセラーとは、そういうことをお手伝いする仕事です。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

「やりたいことをやって自由に生きる人になる!」鎌倉

昨年開催して大好評だった、3人のカウンセラーのコラボセミナー「やりたいことをやって自由に生きる人になる!」@鎌倉、今年もやります!

7/29(日)真夏の鎌倉。

由比ヶ浜のおしゃれなレストラン「ブラッスリー・ゲント」を借り切って、ランチとスウィーツ付きです。

無料メルマガ

大塚彩子メールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。
(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

登録はこちらから↓

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

期間限定メルマガ
「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。
こちらのメルマガは、登録するとバックナンバーも読めます
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。