大塚あやこ「森羅万象〜ピアノで語るゼーガペイン〜」メイキング5・マスタリング

音楽ブログ・過去記事復活シリーズ

2016年までやっていた別ブログ「大人の音楽レッスン」が、サーバー都合でクラッシュしたため、中の記事を救出してこちらに掲載していきます。

古い記事ですが、当時読んでいなかった皆さんもぜひ見てくださいねー!

あまり知られていない最終工程

2016年4月13日に発売したCD

森羅万象(ありとあらゆるもの)〜ピアノで語るゼーガペイン〜

メイキング記事、その5は「マスタリング」です。

これまでの記事 →

メイキング1・レコーディング&ミックス

メイキング2・ジャケットデザイン

メイキング3・茶喜利さんとコラボ

メイキング4・レッスンと調律

音に関する作業として、

まず録音があり、そしてミックス(別名トラックダウン)があり

さらに最終工程として、マスタリングという作業があります。

なかなか一般的に知られていない作業ですが、簡単にいうと

録音/ミックスしたそれぞれの曲データをCD(または配信用)という形で皆さんが聴けるようにするために

音量レベルや音質を整え、全体の印象を調整して、最終データに固定することです。

曲順や曲間の秒数を決めることも含まれます。

マスタリングは、本当に微細な作業です。

専門のマスタリング・エンジニアという人がいます。

専用スタジオのものすごい精巧なスピーカーで再生しながら、ほんのちょっとの音の印象の違いを聴き取って調整していきます。

機材やケーブルのグレードにもものすごく気を使う世界です。

私なんか、技術に疎いので、通常のマスタリング作業では、はっきり言って何をどういじってどうなっているのか、具体的なことはよくわかりませんが(^ ^)

エンジニアさんに「これと、こっちと、どっちがいいですか?」と言われて聞き比べると

ああ、確かに印象が違うわ〜

とわかる・・・・そんなかんじです。

だけど、この微細な違いが、最終的に皆さんの耳に届いた時の「印象の違い」となってくるのです。

透明感、空気感、質感、かんじの良さ、

キレ、ツヤ、インパクト・・・

のような、言葉で言えない一瞬の「印象」というものが、かなりこのマスタリングに左右されているようです。

というわけで、今回の「森羅万象」は、レコーディング・エンジニア吉田俊之さんのゴージャスなクオリティで録音/ミックスが行われているわけですから

(詳しくはメイキング1で)

マスタリングで質を落としちゃもったいない!

というわけで、これまたトップ・クオリティのマスタリング・スタジオ「サイデラ・マスタリング」さんにお願いすることにしました。

あのサイデラ・マスタリングで!

カリスマ・エンジニア、オノ・セイゲンさん率いるサイデラ・マスタリングは、昔から業界でも評判がよく、私も噂だけは知っていました。

今回そのつもりでサイデラさんのWebサイトを拝見したところ、音に対する姿勢や考え方に共感できましたし、このアルバムのコンセプトに合っていると思われました。

今回お世話になったのは、チーフ・エンジニアの森崎雅人さん。
(追記・2019年現在、森崎さんは独立してご自身のスタジオ立ち上げされてます)

録音・ミックス担当の吉田さんも立ち会いしてくださったので、技術シロートの私も(笑)頼もしいアシストを得て安心でした。

ちょっと専門的な話になりますが、今回のマスタリングの最大の特徴は、一切プラグインもEQも使わないこと。

ぜんぶバイパス!

だそうです。

究極、その方が音がいいから。

わかりやすく言えば、一切の電気的な処理や加工をしないこと、とご理解ください。

野菜で言ったら、無農薬の自然栽培、泥つき。とれたて元気野菜をまるかじり!

みたいなイメージですね(笑)

通常はありえないことなのですが、ごく稀に、録音とミックスが完璧にいい状態だとそういうこともありえるのだそうです。

で、じゃあ何をしたかというとケーブルです。

機械と機械をつなぐ線(ケーブル)を替えると、音が変わるんです!

そういうわけで、曲によって、森崎さんがいろんなケーブルを出してきて、入れ替え、差し替え、みんなで聴き比べて、

「この曲はモガミですかね」

「いや、ベルデンの◯◯番にしてみたら」

「ベルデンでも黒い方より、赤い方でいきましょうか。」

「うむ、やっぱりこっちですね!」

「あとね、同じ◯◯番だけどロットが違うヤツがありましてね。」

「おお、確かに違うわ〜」

などなど・・・

なんというマニアな世界なんでしょう(笑)

 

確かにこれで印象が違うのがわかったし、「この曲はこっちだよね!」というみんなの見解が確かに一致するので、おもしろかったです。

こんな作業の仕方が今回可能なのも、なんといったって元の録音・ミックスがいいから。

と、私が言ったら

「いやいや、その前に元の演奏と曲がいいから。」と言ってもらっちゃいました。

ありがとうございます、素直に受け取ります(笑)

 

そして途中でボス、オノ・セイゲンさんがいらっしゃり、なんと吉田さんと30年ぶりの再会だそうで、お二人で積もるお話をされてました。

これもご縁ですね。

差し上げたチラシをオノさんが掲げてくださり、最後にみんなで一枚。

サイデラ・マスタリングさん、お世話になりました。

ありがとうございました!

次回は、作曲者による曲解説です。

配信販売スタート!ハイレゾあります

ダウンロード

iTunes Store
amazon Music
music.jp STORE
oricon ME!
Spotify
KKBOX
mora
レコチョク
Google Play Music

ストリーミング

Apple Music
amazon Prime Music
dミュージック
LISMO Store
ひかりTVミュージック
LINE MUSIC
AWA
うたパス
スマホでUSEN
ListenRadio
Google Play Music

ハイレゾ・ダウンロード

mora
e-onkyo music

ゼーガペイン 10th ANNIVERSARY BOX [Blu-ray]
 

この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

心理カウンセラー/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
その後、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、まじめにがんばっているのになんだか生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎株式会社ツナゲル専務取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

9/20 R-Spirit Vol.4

心のスイッチを起動するミュージック&トークライブ

2019年9月20日(金)19:00〜 南青山マンダラ

出演:了戒翔太、大島ケンスケ、大塚あやこ

ビリーフリセット初級講座オンライン版

自信が持てない・人の目がこわい
いつも傷つく・未来が不安・・・
その「なんで?」のわけは   
心の奥の「ビリーフ」だった!

生きづらさの理由と、脱出のカギがしっかりわかる
これまで300人以上が受講した人気講座を動画で受講できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします