「人の役に立ちたい」と思った時の3つの問いかけ

「人の役に立ちたい」

という気持ちを持っている方は多いです。

「役に立ちたい」と思って、人のためにいろいろしてあげる。

それ自体、悪いことではありません。

それで回っているうちはそれでやっていて大丈夫でしょう。

でも、だんだんと自分が消耗していることに気づいたら・・・

その時が「問いかけドキ」です。

「役に立ちたい」の奥に

「なんで役に立ちたいと思ってる?」って自分に問いかけた場合、その奥には

「役にたたないと、自分はいる価値がないような気がするから」

という「無価値観」がドーンと潜んでいる場合も、超〜よくあるあるです。

そのまんまでは、いるだけでは、自分は価値がない

と思っているからこそ、「役に立つ」ことで、いる「資格」を得ようとする

これを「補償」といいますが、いくら「よいこと」であっても、補償でやっているかぎりは、自分の心が幸せに近づくことはありません。

いつも「役にたっていないと、価値がない」という恐怖を背中に背負っているからです。

で、補償で「私、役にたってるでしょ!?ね?ね?」という思いを乗っけながらやってくれても、相手の側も重いんですよ。

これでは双方幸せではありません。

この構造のベースには

役に立つ=善いこと
役に立たない=悪いこと

という人類古くからのモノサシが、相変わらず存在しています。

ここを外して、いっぺん

役にたっても立たなくてもどちらでもいい

の心を知ること。

役に立つか立たないかだけが価値の全てではない

と腑に落ちること。

そして「人が」どうの・・・の前に「自分が自分一人で」喜びとすることは何なのかという、「自分」にちゃんとフォーカスし直すこと。

それが、本当にクリアな喜びとともにある「役に立つ」へと至る道です。

だから、自分がなぜ「役に立ちたい」と思っているのか、確認検討してみるというのは大事ですね。

これは「ありがとうって言われたい」も「人を笑顔にしたい」もおんなじね。

くわしくはこちら

「人の役に立つ仕事」って?

さてそれから
「人の役に立つ仕事をしたい」と思っておられる方もいます。

それはそれですばらしい志です。

けれど、ここでも検討のしようというのはあって。

「人の役に立つ仕事」っていうとね、どうも福祉とか、医療とか、心理とか・・・・そういうイメージが強い方もいるようですね。

そうすると、苦しんでいる人のために、悩んでいる人のために、障害を持つ方のために・・・とかに頭がどんどん行ってしまって

そういうことをすることが「人の役に立つこと」だと、無意識に思い込んでしまっていたりする。

ていうことはですね、その時、頭の中では必然的に

世の中には「人の役に立つ仕事」と「人の役には立たない仕事」がある

・・・かのように、頭は二分してしまうことになるんですね。

だから、その定義での「役に立つ仕事」以外のことをするのは、それこそ「役に立たないこと」「無意味なこと」であるとか

「自分本位のこと」「お金目当てのこと」であるかのように感じてしまうこともあるでしょうし

「人の役に立つこと」と「お金を得ること」が頭の中で対立していて、両立するイメージがない方もけっこういます。

思考というのは、そんな袋小路にも入ってしまうものです。

全ての仕事は役に立っている

でも、よく考えてみましょう。

すべての仕事は、仕事として成立しているということは、何かしら人の役に立っています。

販売であっても、営業であっても、事務であっても、製造であっても、清掃・整備であっても、農業・漁業であっても・・・もう全て。

それは世の中の一つのパーツとして、誰かの役に立っています。

極端な話、それがたとえめちゃくちゃ下らないことだったり、人を堕落させるようなものだったりしたとしても・・・

その下らないことや堕落的なことを必要とする人もいる、ということでは、役に立ってるんですよね。

要は、そういう広い目で見た時に、あなたが

どんな人たちに対して
どんな役に立ちたいか

ということがポイントです。

それはひとえに、あなた自身の方向の定め方であり、設定次第ですから

つまり何の仕事をやったって「役に立ちたい」というあなたの望みは果たせますよ!ということもできるのです。

そう考えられるかどうかは別として、ですね。

もちろん、お金のために仕方なく毎日会社へ行っておんなじ作業をしてる・・・と思うなら、とても「役に立っている」なんて思えないかもしれないけれど。

あるいは、組織の中の1パーツとしてじゃなくて「直接誰かに反応してもらって役に立っている実感がほしいんだ!!」ということであれば考えようもあるかもしれないけれど。

とにかく、自分の頭が狭いところへ入り込んでいないか、確認してみるとよいでしょう。

3つの問いかけ

そのための自分への問いかけです。

私はなぜ「役に立ちたい」と思っているのかな?

私は何のことを「役に立つ」と思っているのかな?

今現在、自分ができることや持っているものが、人の「役に立つ」可能性はないかな?

「役に立つ」にこだわってる自分に気がついた時、この3つの問いかけをおすすめします。

それが、本当に自分らしく力を発揮して、人さまにも喜ばれる仕事へと近づいていく一助となるのではと思います。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

4/18 大塚あやこ・依田彩&Ten鎌倉ライブ

鎌倉出身の作曲家/ピアニスト大塚あやこと、鎌倉出身のベース&ギター「合計10本弦」のデュオ、Ten。
さらに、ジャズ/ラテンヴァイオリニスト依田彩を迎えてコラボするアコースティック&オーガニックな音空間。

ゆるんで、くつろいで、心洗われる時間をどうぞ。

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。