「ありがとうって言われたい」は「やりたい」こととはちょっと違う

「自分のやりたいことはなんだろう?」
「どんな仕事を自分はしたいんだろう?」
って考えはじめること、ありますね。

その時に
こんな気持ちが出てくることもあるでしょう。

ありがとうって言われたい
笑顔になってもらいたい
感動させたい

そう思うとすごくワクワクする。
だからきっと
これが私のやりたいことなんだ!
って。

それで
カウンセラーとか援助職に
なりたくなったりする人もいるかもしれないけど

うん、わかるけど。
すごくわかるけど。
もちろんそれも一つの手がかりなんだけど。

でも「ちょっと待って」なんだ。
もうちょっと考えてみたい。

「ありがとう」も
「笑顔」も
「感動」も
相手のことだ。

自分が「やる行為」じゃないんだよね。

うまくしたら自分が相手から
「もらえる」ことだよね。

つまりそれって
自分が他人から「もらいたいこと」。

自分が「やりたいこと」とは
違うんじゃないかなーって思うの。

「やる」っていうのは
自分がする行為のことだから。

「ありがとう」も
「笑顔」も
「感動」も

人の反応という「結果」だね。

そこの区別に
気がついてみるといいと思います。

 

それほど今の自分は
人の反応がほしいということ。

人から「得たいもの」がある
ということ。

その「得たいもの」のために
何かをしようとしていること。

「これをしたい」という行為そのものよりも
「これをするから、それをください」という
渇望の方が上回っている。

それを認めるのは
ちょっとしんどいかもしれないけど
けっこう大事なところかもね。

 

その裏には、
それを「もらえてない」今への
飢餓感がないだろうか。

こんどこそ
それをもらいたいという
欠乏感がないだろうか。

それを得れば
自分の価値が埋まるんじゃないか・・・
何かを取り返せるんじゃないか・・・

そんな気がしていないだろうか。

ならばそれはもしかしたら
本当に「やりたいこと」とは
違っているかもしれない。

仮にその「得たい」のために
やりはじめたとしたら

大切なお客さまを
自分の「得たい」のための
エサにしてしまう危険がある。

自分の根源的な無価値感を埋めるための
道具にしてしまう危険がある。

 

だから、特に
カウンセラーなどの援助職を志す人は
人の心の繊細な領域に関わるからこそ
無自覚に人を道具にしてしまうことの
危険を知らなければいけない。

だからこそ自分自身の

無価値感
虚無感
欠乏感
飢餓感

をちゃんとクリアにしておく必要がある。

 

ありがとうって言われたい
笑顔になってもらいたい
感動させたい

その思いは
よく考えてみたら
今に始まったことじゃなくて
実は、あなた自身のお母さんに対して
感じてたことだったりしないだろうか?

だいたいの場合
それって小さいころに
お母さんに求めてやまなかったものだったりする。

でもきっと、得られないまま
あなたは挫折したのかもしれないね。

さらに言ったら

助けたい
救いたい
幸せになってもらいたい

そんな思いもあるかもしれない。

それもまた
お母さんに願ってやまなかったものだったりする。

でもきっと、果たせないまま
あなたは挫折したのかもしれないね。

そうするとね、
それを今度は崇高な理想の元に
他人に対して果たそうとするんだよね。

でもそれは、深いところで
果たせなかったことへの
リベンジ(復讐)になっている。

こんどこそは!
こんどこそは!
あの幸せじゃない母を
助けるのだ
笑顔にするのだ
幸せにするのだ

そのエンジンが
大人になっても無意識に回っていることは
本当によくあること。

それを多くの他人に向けて
シャカリキになってしまうのだよね。

それは一見愛のようだけど
根底には執着がある。

執着は、愛の純度からいうと
まだまだなんだと私は思う。

もちろん、プロセスとしては
それだっていいし、十分だ。

だけどそこからが修行。

だからこそ援助職を志す人は
その執着エンジンの核である
「母の顔色軸」を一旦リセットして

本当に自分自身一つに還って
「自分の喜び軸」で生きることにシフトするのが
大切な修行の一つであると思う。

カウンセラーとして、人様の話を聞き
心に触れる一瞬一瞬に喜びを感じるか。

ただその瞬間が本当に好きだったら
それは「やりたいこと」かもしれない。

そこには他人からの「もらう」が
存在する余地はない。

もちろん、結果として
ありがとうと言われ
笑顔になってくれて
感動してくれることは
あるでしょう。

それは本当にうれしいよね。

でも、それは最後の最後、
おまけみたいなもの。

そういうものは
ありがたく受け取って
あっさり手放す。

それくらいでいいのだと思う。

もちろん人間だから
手応えに充実感を感じたり
「自分がやった」という思いが
芽生えそうになることはある。

でもそれにも気づき
手放す、流す、忘れる
を心がけ続けること。

それが援助職の地道な修行だと思う。

これは前も書いたことがあるけど
仏教の言葉に次のような一節があります。

施して喜び、
施した自分と
施しを受けた人と
施した物と
この三つをともに忘れるのが
最上の施しである。

私はこの言葉がとても好きです。

そうやっていろんなことを
風のように流していけたら
いいなあと思います。

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

心理カウンセラー/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
その後、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、まじめにがんばっているのになんだか生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎株式会社ツナゲル専務取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

9/20 R-Spirit Vol.4

心のスイッチを起動するミュージック&トークライブ

2019年9月20日(金)19:00〜 南青山マンダラ

出演:了戒翔太、大島ケンスケ、大塚あやこ

ビリーフリセット初級講座オンライン版

自信が持てない・人の目がこわい
いつも傷つく・未来が不安・・・
その「なんで?」のわけは   
心の奥の「ビリーフ」だった!

生きづらさの理由と、脱出のカギがしっかりわかる
これまで300人以上が受講した人気講座を動画で受講できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします