自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 人生の転換期

生きることがしんどいなら、それは本来の自分からのサイン

生きることがしんどいなら、それは本来の自分からのサイン

生きることがしんどい、苦しい・・・だとしたら、それは今の自分が自然な状態ではないということ。 その苦しさはそういうサインだと思ってみるといいでしょう。 自然な状態とは「自分の本来のいのちで生きること」と言い換えてもいいです。 私たち人間の中にはざっくり2種類の「自分」がいると思ってみてください。 一つは、本来のいのちそのものの...

未来は「なりたい」じゃなくて「なる」と決める

未来は「なりたい」じゃなくて「なる」と決める

「なる」「する」と決める 先日「なりたい自分」ということについていろいろ考えてみました。 参考→「なりたい自分」になろうとしなくていい 頭で考えた「なりたい」をめざして「なろう」とがんばらなくても、やりたいと思ったことや、やってうれしいことをやって、ただ自分としていればいいんじゃないかな、というようなことを書きました。 さて、...

「自然を探せ!ゲーム」は大人の醍醐味

「自然を探せ!ゲーム」は大人の醍醐味

自然になれないんだよね。 私たち、生まれて育って大きくなるにつれてどんどん自然じゃなくなってしまう。 自然じゃいけないから一生懸命自然じゃなくなろうとしてなんだかギクシャクしてしまう。 だって子どもの私たちは 自然に泣いてたら、泣かないでと言われるし 自然に騒いでたら、うるさいと言われるし 自然に喜んだら、調子に乗るなと言われ...

「やりたいことをやる。やりたくないことはやめる」生き方を始めるために必要なこと

「やりたいことをやる。やりたくないことはやめる」生き方を始めるために必要なこと

「やりたいことをやる」生き方 「やりたいことをやろう。やりたくないことはやめよう。」 心のことに興味のある方なら、ここ最近、こんなメッセージを目にすることが増えているかもしれませんね。 そして、実際にそうやって生きることにシフトしている人も、増えてきているように思いますし、私もまたその一人であると思っています。 やりたいことを...

優等生の行き詰まりと夜明け前。ここから先にミッションがある

優等生の行き詰まりと夜明け前。ここから先にミッションがある

優等生がなぜ心の勉強を? 私の個人セッションや講座、あるいは夫の立花岳志と共同で運営しているTLI講座やワークショップに来てくださる方にはなんとなく共通の傾向があります。 絶対ではないですが、ざっと特徴をあげると ・子供のころからわりと勉強ができた・親に迷惑かけることなくしっかりやれる子だった・長男、長女も多い・進学校やいわゆ...

心の迷宮を突破せよ!自分軸の人生へとシフトする鍵

心の迷宮を突破せよ!自分軸の人生へとシフトする鍵

自分軸、自分軸! 最近よく言われていますね。 他人に振り回されてばっかりの不本意でつまらない人生から脱出して自分のやりたいこと望むことをして生きていこうよ!本当の自分で生きていこうよ! そんな方向性に多くの人の関心が変わってきているようです。 それは、長年の心の習慣を変えることになるのでいわば「人生を変える」レベルの大きなシフ...

生きるのがしんどい人は「いのちの逆回転」をやっている

生きるのがしんどい人は「いのちの逆回転」をやっている

カウンセリングで何人もの方とお話ししていると、ある共通する傾向というのが見えてきます。 「特定の誰それさんの例」とかではなく、いろんな方の奥底に流れている「共通項」を発見することがあるのです。 このブログはそんな気づきを元に書いていることが多いです。 さて、今日はそんな「共通項」の中から、最近特に私が「これって超〜〜重大だよね...

「いやだ」は命を守るブレーキだから

「いやだ」は命を守るブレーキだから

「いやだ」と「ほしい」は人間として生きるための原初のエネルギーだと思う。 「ほしい」はエンジン。「いやだ」はブレーキ。 今日は「いやだ」について語りたい。 自分自身にとって危険なことや自分を脅かすこと自分の本来と違うことに対して「いやだ!」と思うってことは自分を守るためのブレーキになる。 車にブレーキが必要なように自分にもブレ...

不安でも怖くても、さあ進むんだ

不安でも怖くても、さあ進むんだ

あきらかに進みたいフェイズにいる人の背中を押すために今日はあえて乱暴な言い方をします。伝わる人には伝わるといいな(^ ^) 不安を解消することを考えず不安のど真ん中にいてみましょう。不安だー!と言いながら進みましょう。 恐怖を解消することを考えず一人で「こわいよこわいよー!」と何度でも気の済むまで言ってみましょう。 お布団かぶ...

夜明け前がいちばん暗い

夜明け前がいちばん暗い

夜明け前がいちばん暗いという言葉があるけれど 大きな開けの前にはものすごい闇に沈む時がある 高く飛ぶためには深く沈み込むことという言葉もあるけれど ちゃんと沈んだからこそその奥底に宝を見つけて還ってくることがある その宝が次に高く飛ぶための新たな動力源となる だからあがいても、もがいてもいい あがくことにも、もがくことにも力尽...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top