自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 自分らしく生きるヒント

「がんばれない」にも理由(わけ)がある

「がんばれない」にも理由(わけ)がある

    ■がんばれない人だっているから 前回は、ガムシャラにがんばってきたタイプの方達に対する「がんばらなくていい」という言葉の奥深さについて考えてみましたが、参考記事→「がんばらなくていい」の奥にある深い意味 今日は、ぜんぜん違うタイプの方、つまり「そもそもがんばれない。これまでがんばったという経験がない。」という...

「がんばらなくていい」の奥にある深い意味

「がんばらなくていい」の奥にある深い意味

  ■「がんばらなくていい」はちょっと流行ってます? 時代のせいか、最近は心のことを話したり書いたり、考えたりすることがわりとオープンにできるようになってきました。 最近よく聞く言葉の一つに。 「がんばらなくていい」 というのがあります。これって、とっても奥深く、意味深い言葉だと思うんです。

本当にやりたいことをみつけて、前に進み出す人の力はまぶしい・体験した方の声から

本当にやりたいことをみつけて、前に進み出す人の力はまぶしい・体験した方の声から

  今日は、ワークショップや個人セッションを体験してくださった方の声を2つご紹介します。  ■ビリーフ解放セミナー〜ワークショップで お一人めは、 「自分がやりたいことがわからない」「自分に自信が持てない」 と考えていた30代・会社員の男性。

家族。家族。ああ家族。

家族。家族。ああ家族。

 ■やっぱり、結局、家族 近ごろ、個人セッションや色々な学びの中であらためて感じるのは、家族の重要性です。それは、大人になって作った今の家族もそう、生まれ育った家族(いわゆる原家族)もそう。

一人で考えていても整理がつかないから、セッションを使う

一人で考えていても整理がつかないから、セッションを使う

  ■セッションご利用の達人 先日個人セッションにいらっしゃった、とある経営者の方。 これまで何度かセッションをご一緒させていただいたことがありますが、今回久しぶりに声をかけて下さったのでした。

元気ソングやキレイ曲だけが癒しじゃない

元気ソングやキレイ曲だけが癒しじゃない

  前回、人が音楽を必要とする理由の一つとして、なかなか感じられない自分の本当の感情を音楽を通して感じるためではないか・・・という考察をしてみました。→前回の記事「人が音楽を必要とする理由」 さて、今日はもう少し具体的な話にしましょう。

人が音楽を必要とする理由

人が音楽を必要とする理由

今日は、久しぶりに音楽療法士っぽいトピックです。 私たちは、なぜ音楽を聴き、音楽を必要とするのだろう? おそらくそれは かなり深く哲学的なテーマにもなり得るのでしょうが、 私の個人的な見解ですと、 自分の感情を感じるため

「やりたいことをやる」のはそんなに悪なのか

「やりたいことをやる」のはそんなに悪なのか

■「好きなことだけして」にザワザワする? 先日、夫の立花岳志の新刊が出ました。 参考記事:「サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていく29の方法」発売されました。 サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法 立花 岳志 大和書房 Amazon.co.jpで詳細を見るposted wit...

前に進むために、過去の感情のもつれをほどく

前に進むために、過去の感情のもつれをほどく

  ■結局は、幼少期 無意識の思い込みであり、思考のプログラムである「ビリーフ」。これが、自分の知らない間に自分に限界を作っていたり、苦しい思いをさせていたりする・・・という考え方を、このブログでもずいぶんご紹介してきました。 私のビリーフ・ワーク個人セッションでは、その方のお話をうかがいながら、「どんなビリーフが、妨げになっ...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top