できない自分でもOKになると「反省」が怖くない・傷つくなら自分がそれを「いけない」と思っているから3

「できないことがダメだ」と思っていると
「絶対にできなきゃいけない」と緊張するし
できなかった時、傷つきます。

なぜ傷つくかというと
自分が「ダメ」になってしまったような気がするからですね。

「ダメ」というのはつまり
価値がなくて、嫌われて、孤独になって
生きていけないことだと、
私たちの「思考」は信じています。

生きていけなくなるのはコワイ!
だから、私たちは
「ダメ」になるのは超絶イヤなんですね。

だから、あがく。
ジタバタする。
ダメにならないように。

なるべくなら
できないということを認めないですむように。

で、ほんとにいよいよ
ダメが確定しそうになったら
怒る。
拗ねる。
落ち込む。
死にたくなる。

できなかった時に傷つくのは
「できないこと」で傷つくんじゃないんです。

できないこと=ダメ(いけない)
と定義しているから、
自分に「ダメ」のレッテルがつくことに傷つくんですね。

でも、ちょっと考えてみよう。

「できないこと」と「ダメ」を
ちょっといっぺん切断して
別にしてみて。

「できない」は「できない」で
単独で考えてみよう。

ほんとに自分には
それはできないんだとしたら

「あーここができないな」と思って
できるようになるまで努力するか
ほかにできる方法を考えるか
できる人に頼むか
やらないことにするか

とかね。

考えようとやりようは
なんだってあるはずなんです。

別にいちいち傷つかなくたってね。

でも
「できないことはダメなことだ」
と思いすぎていると
そういうアタマが働かない状態になってしまいます。

できないことをどうするかよりも
「ダメだ!」の方に気を取られちゃうからね。

もう頭の中は
「ダメだ!」でいっぱいっぱい。

どうしよう!
ダメだダメだ、ダメになる!
もうダメだ!
どうしようどうしよう・・!(以下リピート)

って
ぐるぐる回ってフリーズしちゃうだけ。

そして妙な取り繕いに奔走したり、
ヘンに怒ってみたりしちゃうわけですね。

勘違いしている人も多いようなのですが
「反省」というのは
「自分が悪かった」「誰が悪かった」と
悪者探しをすることではありません。

「自分はダメだ」と責めることでも
下を向いてうなだれることでもありませんね。

そう思っているから
「反省」ときくとイヤ〜〜な気分になるんですね。

しかし、本当に「反省」というのは
そうではなかったはずです。

まず、できないならできないと認めた上で
振り返って、検討して
何がうまくいって何がうまくいかなかったか
その要因を見極めたり

できるようになるために
どこをどうやって努力するか考えたり

ほかにできる方法があるかどうか
考えたり

あるいは
誰か人に頼むか
はたまた
方向転換してやらないことにするか

なんでもいいけど
そういう「次」を考えることを
いうのですよね?

たぶんビジネスマンの皆さんなら
そんなことはとっくにご存知。

でも「できないことはダメなことだ」
と思いすぎていて

なおかつ自分が「ダメになる」ことを
超絶、恐れすぎていると

その「反省」ができないんです。
その「できない」を
受け入れられないんです。

痛くて痛くて。
怖くて怖くて。

だって自分の「ダメ」が
傷口に塩塗られるみたいに
迫ってくる気がするから。

だから「できない」なんて
見たくない。
考えたくない。
逃げたい。

ってなっちゃう。

だから、結果として
反省にならず
どこが変えるべきポイントなのかも見えず
次にどうするのかも考えられず
なすすべがなく
これからもただ「ダメ」におびえ続ける・・・
ということになってしまいます。

なんだか残念ですね。

じゃあどうすればいいかというと
「できない」に「ダメ」を貼り付けるのを
やめればいいということになります。

頭がフリーズするのは、
「できない=ダメ」を信じすぎているからです。

逃げたくなるのは
それを信じていることさえ
直視するのが怖すぎるからです。

それだけ「できない=ダメ」を信じすぎています。

それ、信じすぎだから。

親とか先生とか人とか、
みんなに言われたからね。
真に受けて聞いちゃったね。
素直だったね(^ ^)

でも、もう大人なんだから。
そもそも
「できないことはべつにダメなことじゃない」
と思えていれば問題はないわけです。

できない=べつに大丈夫
できない自分もありだよね。

と信じていれば

できなかったら、

直したり
努力したり
人に頼んだり
やめたり

すればいいだけです。

大丈夫なんだから。

その状態にあってはじめて
人は本当に「反省」することができます。

そして反省できるから
「改善」の知恵がわいてきて
「実行」する力を出すことができます。
だからこそ「成長」することができます。

いわゆるPDCAや反省・改善は、
「自分はダメ」におびえすぎる自己否定の強い人には
ちょっと難しいと思います。

反省=自分責め
になってしまうから。
そこでグルグルして止まってしまいます。

本当にそのサイクルを
有効に回していきたかったら
まずは
いろいろな物事に貼り付けた
「ダメ」を切り離すこと。

そして何より
自分自身に貼り付けた
「ダメ」をはがすこと。

できない自分のことも
認めてOKしていくこと。

ここから取り組むのが
いちばんパワフル、かつ根本的ではないかと思います。


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

ビリーフリセット初級講座6月(土曜コース、水曜コース)

心のしくみがわかり、自分がわかる。
自分がわかると世界が変わる。
心のどこに向き合い、何を変えたらいいのか
ビリーフという視点から理解し、体感できる全2回の講座です。

無料メルマガ

大塚彩子メールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。
(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

登録はこちらから↓

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

期間限定メルマガ
「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。
こちらのメルマガは、登録するとバックナンバーも読めます
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。