「感」をないことにするから「自分」がわからなくなる

5020935650_2ab6969092
ある場所で、ある偉い先生が
こんなふうに言っているのを聞きました。

「知識、技術、感性を身につけて・・・」

ん??
ちょっと私はひっかかった・・・

知識はわかる。技術もまあわかる。
でも、感性は「身につける」じゃないだろ、
「磨く」ならまだわかるけど

・・・て。

「身につける」というのは、
もともと自分にはないものを、外から取り入れて
自分の「身につける」ということですよね。

もともと、自分にはないもの。
自分じゃないもの。

たしかに、知識はそうだ。
自分にはないものを、外から学んで
自分の肥やしにする。

技術もある意味、そうだ。
自分にはないものを学んで、自分でやりながら
自分のものになる。

じゃあ、感性もそうなの?
もともと自分にはないものなの?

そうじゃないでしょう、と思うわけです。
私は、感性は
人間生まれた時から持っているものだと思っている。

感じること。
感覚・感性・感情。
直感、実感、体感。

この「感」の力ってすごいんですよ。

赤ちゃんはお腹の中にいる時から
大事なことぜんぶ感じてる。
言葉は知らないから、言葉以前の「感覚」としてわかってる。

生まれてきてからもそう。

子供の感覚・感性はすごいな、って
きっとお子さんのいる方は感じたことがあるでしょう。

泣いて、笑って、はしゃいで、だだこねて・・・・
これほど感情を豊かに、素直に感じている存在ってすごいでしょう。

「感」とは、いちばん生(なま)の人間の力だと思う。
人間が原初、持つものだと思う。
言葉なんかよりもっと古い。
生物として、いのちとしての力。

自分がどう感じているか。
これが自分という人間を実感する手がかりなんだと思う。

けれど、「感」の力がもともとこんなにあったのに
育って歳を重ねるうちに
それはどんどん埋もれていく。

親の言葉や、家の空気、
その土地や、時代の風潮
しつけ、教育、慣習、常識
善悪、損得、あらゆる価値観のモノサシ

そういうものが
もともとあった「感」の上にどんどん積もっていく。

頭脳・理性・論理・知識・数値
思考・分析・比較・実証・客観

そういうものの方が「感」よりも
正しく、確実で、立派で、信じるに足るものだと思い込まされて
そればかり信じて頼るようになる。

「感」はどんどん埋もれて見えなくなっていく。

「感」なんていう、曖昧で、生々しくて、よくわからないものは
ヘタに触れない方が安全だ、なんて思いこんで
ますます「ないこと」にされてしまう。

そうやって「自分」がよくわからなくなる。

どう感じているか、わからない。
なにをしたいか、わからない。
なにがうれしいか、わからない。
なにが悲しいか、わからない。
自分がなんだか、わからない。

どうすれば「いい」の。
どう考えれば「いい」の。
なにが「正しい」の。
なにが「正解」なの。
具体的に言ってくれればそうするのに。

そうやって、自分以外の「基準」を求めてしまう。
自分以外の「確かなもの」を探してしまう。

「感」をないことにすると
こうなってしまうんです。

だって、「感」こそが
本当は自分自身だから。
「実感」こそが生きている感覚だから。

「感」をないことにしたら
その分、本当の自分も死んでいるに等しいのだから。

「感」が意識の地下深く埋もれすぎると
もう、そんなものがあったのかどうかさえ
わからなくなってしまうんです。

そんなだから、
どこかで急に「感性が大事」なんて言葉を耳にすると
「そんなの自分にない」って思っちゃうんだね。
だから「身につけなくっちゃ」って思うんだね。

ないんじゃないんだ。

自分が「ないこと」にしちゃったから
あまりにも、無視してきちゃったから
こんなにも、信じてこなかったから

もうわからなくなっちゃったんだよ。

だから、
感性は「身につける」んじゃない。

埋もれちゃったんだから
「掘り出す」んです。

親の言葉や、家の空気、
その土地や、時代の風潮
しつけ、教育、慣習、常識
善悪、損得、あらゆる価値観のモノサシ

そういうものを、いったん脇にどけて

頭脳・理性・論理・知識・数値
思考・分析・比較・実証・客観

そういうものを、いったんお休みさせて

心の奥深くで手つかずになっている
「感性」を掘り出すんです。
石ころをどけて、泥を落として。

ちゃんとあります。

掘り出したら、それは
びっくりするほどピカピカしています。

こんなにイキイキして、ふるふるして
なんとも繊細で愛おしいものが
自分の中にもちゃんとあったんだってことがわかったら

ほんとに、涙でてくるよ。

そんな涙なんか、ださないためにこそ
あなたはこんなにも
頭脳と理性と論理を駆使して
がんばってきたのだろうけれども

でも、それと同時に、どこかで
そういう涙を流せる自分を
そういう熱い思いを持てる自分を
求めていたんじゃないだろうか。

本当に、「自分」を生きる実感がほしかったら

感じること。
感覚・感性・感情。
直感、実感、体感。

そういう
「感」を掘り出すことです。
「感」を取り戻すことです。

人生が、今の倍
色付きで、立体的で、リアルになるでしょう。


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

ビリーフリセット・セッション・ワークショップ

ビリーフリセットの実際をライブで体験!
認定カウンセラーによる公開カウンセリング・セッションと大塚によるライブな解説
実践型・体験型で ビリーフリセットと心の仕組みがわかる、どなたでもご参加できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。