ネガティブ感情にフタをしすぎ・「やりたいことがわからない人」になる3つの原因2

cardboard-box-155480_1280 3

前回の続きです。

前回はこちら→言うこと聞きすぎ、期待に沿いすぎ・「やりたいことがわからない人」になる3つの原因1

やりたいことがわからなくなってしまうのはなぜなのか。
その原因の2つめ。

2.辛さ・悲しみ・怒りなど、ネガティブ感情にフタをしすぎ

人間には感情があります。
感情は、
うれしい、楽しい、ワクワク、好き・・・
などのポジティブなものから
悲しい、苦しい、怖い、腹立つ、嫌だ・・・
などのネガティブなものまで、
いわばポジ・ネガ両極あるものです。

それが当たり前。

けれど、私たちはなるべくならネガティブな感情を感じたくないと思ってしまうところがあります。

やっぱり、感じると辛かったり、嫌な気分になったりしますからね。

そうしますと、

感じたくないことは、感じないようにする

ということが、けっこう人間できちゃうものなのです。

それどころか

感じないようにする 

ところから、さらに激しく

ないことにする

にまで持っていけちゃうのが人の心なのですねえ。

そういうものはべつにないことになっていれば、心の中にはそんなに波風立たないので、とりあえず平和を保っていられます。

だから、穏やかで問題がない。と
りあえず平和で普通。
オッケーじゃない??

って、一見みえるかもしれないけれど。

実は、恐ろしい代償を伴っています。

それは

うれしい、楽しい、ワクワク、好き・・・
も感じなくなってしまうこと。
ないことになってしまうこと。

感じないようにして感じなくなるのはネガティブ感情だけじゃないのです。

楽しいことも、うれしいことも、好きなことも、やりたいことも、はっきりと感じなくなってしまうのですね。

「ないことにする」、別名「フタをする」。

それは、感情を感じるという回路そのものを麻痺させることを意味するのです。

そうなると

そこそこ穏やかで問題がない。とりあえず平和で普通。

というメリットは得ているものの、
心の状態としては、全体にのっぺり、ぼやーんとしたかんじ。

なんとなくいつも

「さあ・・・よくわからないなあ。」
「まあ、こんなもんかなー。」

という感じがとても多くなってしまいます。

この状態にいたら、もちろん「やりたいことがわからない」のは当たり前ですね。

何をしたらうれしいのか、楽しいのか、ワクワクなのか、感じること自体がわからなくなっているので。

ネガもポジも平等に「感じる」を取り戻そう

このようなタイプの方の場合、あまりにも辛さや苦しさを感じすぎると危険だから、心が制御装置として、麻痺・遮断という対策をとっている可能性があります。

そうすれば、とりあえず心が壊れずにすむから。

そうすることで、どうにか生き延びてきたのです。

それが子供のころからずーっと続いていることもあります。

でも
そうなってしまったことを誰も責められないし、そうなってしまったきっかけの出来事や環境のことも
誰も責められないです。

仕方なかったんだよね。ホントに。

ただ、もう大人なのだから。

これからもっと楽しく、幸せをいっぱいに感じて生きる権利だってあるのだから。

その麻痺・遮断装置を、自分で解除していくこともできるのです。

少しずつ感じる、ということを取り戻していきましょう。

楽しいことも感じていいけど、嫌なこともちゃんと感じましょう。

両者はセットだから。

楽しいこと片方だけください!って言わないで(^ ^)。
平等に、お願いしますね。

まずは「今自分はどういう気持ちなの?」ってしょっちゅう自分に聞いてみる習慣をつけましょう。

聞いてみて、ゆっくり味わってみる時間をとりましょう。

嫌な気分でも「うわ〜、嫌だあぁ・・・」と感じて大丈夫です。

がっくり落ち込んだり、プンスカ腹立てたりでもいいじゃないですか。

こんどは自分の心に「波風立ててみる」のがこのタイプの方達にとっての練習です。

その気持ちをわざわざ人にぶつける必要はありません。

自分一人でじんわりと、ネガティブもポジティブも。

あらゆる感情を差別なく「ああ、そうなんだなあ」ってただ感じて、しばらくの間持ちこたえてみること。

これが、感じることを取り戻す練習になります。

もしも、あまりにも過去にフタをした感情が大きすぎて、自分の手に負えそうになかったら、カウンセラーやセラピストの力を借りてもいいでしょう。

過去の整理をすることで、驚くほど現在の風通しがよくなるものです。

あせらず、コツコツと。
ちょっとずつ、フタを開けて。
一枚ずつ、タマネギの皮をむくように。

そんな歩みの先に、いつか「自分のやりたいこと」が、タケノコのようにピョコッと顔を出す瞬間が来るかもしれません。

また次回に続きます。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

心理カウンセラー/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
その後、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、まじめにがんばっているのになんだか生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎株式会社ツナゲル専務取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

9/20 R-Spirit Vol.4

心のスイッチを起動するミュージック&トークライブ

2019年9月20日(金)19:00〜 南青山マンダラ

出演:了戒翔太、大島ケンスケ、大塚あやこ

ビリーフリセット初級講座オンライン版

自信が持てない・人の目がこわい
いつも傷つく・未来が不安・・・
その「なんで?」のわけは   
心の奥の「ビリーフ」だった!

生きづらさの理由と、脱出のカギがしっかりわかる
これまで300人以上が受講した人気講座を動画で受講できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします