「四十にして惑わず」の本当の意味とは? 40代を考える

desert

問いかけが疼き出す、40代

30代までは、それほど疑問もなく、そこそこやってきた。
がんばってこれた。それなりの成果も出せた。
楽しいこともあったし、まあまあ幸せだ。

そんな人でも、40代になると、「自分の人生、これまで何だったんだろう」とか、「この先もこのままでいいんだろうか?」という問いかけが自分の中から疼いてくるのを、だんだん無視できなくなってくる場合があります。

あるいは、自分ではそんな意識がなくても、病気や事故のような形で、人生の方から強制ストップがかかって、色々なことを考え直さざるを得なくなるという方もいるようです。

40代は「人生の折り返し」とも言わる時期。
そのような精神的な揺らぎや転機は、ミドルエイジ・クライシス(中年の危機)という言い方もされるようです。

40代にして「人生考え直し」の機会がやってくることは、それくらい一般的なことなのかもしれません。決して変なことでも特殊なことでもなく、正しい成長のプロセスなのだと私は感じます。

「それまでの生き方」とは

40代、ピークを過ぎてあとは下り坂・・・そんなふうに考える人もいるかもしれませんが、私はそうは思いません。
むしろ、ここからが「天命・使命」への道の始まりではないかと思うのです。

なぜなら、ある時期まで、ほとんどの人は「自分だけのため」か「人に受け入れてもらうため」、あるいは「よくわからないけどなんとなく」というモードのどれかで生きている傾向が強いからです。

1番めの「自分だけのため」モードとは、とにかく自分のやりたいこと、好きなことを追求したり、どれだけ自分の力を発揮できるかを重視して、達成に向けてがむしゃらにがんばったりする、エネルギッシュな自分だけの自己実現タイプ。

あるいは、自分のことに精一杯でそれ以上視野が広がらない、自分だけで精一杯タイプもこのモードに含まれるでしょう。

2番めの「人に受け入れてもらうため」モードとは、自分のことより、人の目や、人の期待に応えること、人に悪く思われないことに最大の関心が向いている、「出る杭にはならない」過剰に融和的なタイプ。

3番めの「よくわからないけどなんとなく」モードとは、なんだかわからないけどあっちこっちさまよいながら、頭をぶつけながら、自分らしさや自分の居場所がなかなかわからずに、とりあえず日々をこなしている漠然タイプ。

それらがいけないわけではないし、それで一生をやりきる人ももちろんいるのでしょう。そういう人生だってOKだと思います。

しかし、人生には次のステージというのもあります。
それが「天命・使命」に生きるステージというものではないかと思うのです。

40代は、天命・使命への道の始まり

自分の命・自分の力・自分という存在を、自分だけのものにしない。

もっと、多くの人のために、世の中のために、この世界のために、自分という存在とその力を使っていきたいと願う。

自分の中の愛を、多くの人に分かち合っていこうと、意志を立てて行動する。

それが天命・使命というものではないかと思うのです。
つまりミッションですね。

私という存在が、この世界に果たせる役割。

そしてそれは、誰か偉い人・特別な人だけがやることなのではなくて、私たち一人一人が、色々な種類と役割という形をとって、それぞれの天命・使命を持っているのではないかと私は考えています。

天命・使命のステージに行くためには

そしておそらく、その天命・使命のステージは、いきなりは来ないのです。

まず、それ以前のステージ、つまり「自分だけ」とか「過剰な融和」とか「漠然」とかをさんざんやってからでないと、たどりつけないのが「天命使命のステージ」ではないかと思うのです。

そしておそらく、その手前で「それまでの自分の棚卸し」が必要になるのです。

「私の人生、これでよかったんだろうか?」という疑問がわいてくる時期。
そして、それに対して「いや、これじゃヤだ!」という衝動が強くなる時期。

それが「もう次のステージですよー!」というサインであり、だいたいの場合、それが40代という時であるようです。

その問いに本気で向き合うことは、けっこうシンドいです。憂鬱です。
見たくない自分を見なくちゃいけないことにもなります。

今までとりあえず、全部押し入れに突っ込んで知らんぷりしていた、見たくない「イヤなものたち」を、押し入れからひっぱり出すことになったりもします。

パンドラの箱を開ける、ともいいます。

一見恐ろしげですが、でも実は、そこで出てきてしまったものたちを、ちゃんと見取って承認してあげたら、それらはキレイに蒸発し、後にはちゃんと「希望」が輝いているでしょう。

あるいは、その「問い」に本気で向き合うと、自分が立っていた「これまで」という地面がグラグラ揺らぐことにもなります。
場合によっては、その地面が崩壊すらするでしょう。

けれど、地面が崩壊して底が抜けてしまったら、もっと広くて無限の宇宙が自分を支えていることがわかるでしょう。

今まで知らなかった、もっと広い、全く別の大地というものがあったことにも気づくでしょう。

人生の棚卸しに本気で向き合うとしたら、そんなプロセスが、大なり小なり訪れることになります。

それはしんどいけれど、ここで一度、人生前半の棚卸しをして、いっぺん全てを見直し、自分を再構築して、ギアチェンジを果たすことができたなら、そこからが「天命・使命」の道の始まりです。

それが、40代に直面する「自分このままでいいのか?」シンドローム。
つまりミドルエイジ・クライシスの本当の意味ではないでしょうか。

私が知る限りでも、色々な形ではあっても、そのようなプロセスを通過したその後、影響力のある重要な仕事を果たしておられる方々がたくさんいます。

「四十にして惑わず」の本当の意味

四十にして惑わず。

これは孔子という昔の偉い人が、自分の経験を語った言葉なので、私たちのレベルとは違うのかもしれません。

額面通り受け取れば、この方は、40になったら本当に惑わなかったのかもしれませんね。

でも、私流にこんな解釈もアリかなって思いつきました。

それまでの私たちは、「自分だけ」や「過剰な融和」や「漠然」という状態にあって、その中で一生懸命がんばってきた。
それは、成長の段階で当然のことではあるが、
まだ「自我(エゴ)」に惑わされている状態である。

自我(エゴ)とは、恐れと欠乏を動機として自分を守る心。
認めて!わかって!愛して!受け入れて!なんとかして!と他者と世界に依存する心。
傷ついた子供のままの心。

自我(エゴ)に惑わされているうちは天命を生きることはできない。

40代はその自我(エゴ)による「惑い」から脱出する時である。

四十にして惑わず。
もう自我(エゴ)には惑わされない。

だからこそ

五十にして天命を知る、に至る。

どうでしょうか。
もちろん、これは私の勝手な解釈ですけれども。

40代で、このギアチェンジをした人が、
50代で天命を果たす。

そんなふうに考えてみると、四十にして惑わずの意味が、私自身はとてもピタッとくるように思います。

人生のギア・チェンジの時

「自分はこれでいいのだろうか?」との疑問からはじまる、人生の棚卸し。

それは、とても内面的なプロセスなので、自分の心とのおつき合いに慣れていない方にとっては、1人で乗り切るのが難しい場合があります

そうやって、クダクダと考えてしまったり、行き詰まったりしてしまっていること自体「イカン、イカン!」と受け止めて、「こんな自分じゃダメだ!」とさらにムチ打ったりしてしまう場合があります。

大丈夫です。そのプロセスは正しい。

苦しんでいい、悩んでいいんです。OKです。

悩むから、必死になって答えを探す。
探すから、たどり着く。みつかる。
私はそう思っています。

ただ、1人で乗り切るのはやっぱりハードだし、心の旅には「添乗員」がいるとスムースに旅が進みます。

心の世界の地形をちょっとわかっていて、アクセスの仕方やコンタクトの取り方をちょっと知っている添乗員。

それが、カウンセラーや心理セラピストという人達です。

私自身、数年前に音楽をやることに燃え尽きて、それこそ、それまでいた地面が崩壊しました。

心の向きをどっちに向けたらいいのか、本当にわからなくなりました

いろんな本も読んだし、自分をみつめることもしたけれども、あるところまできて「やっぱりプロの助けがほしい」と思いました。

そこで出会ったのが、現在の師匠である”あけみちゃん”こと岡部明美さんでした。

そこでセッションを受けて、決定的な突破口が見えた気がしました。

本当に自力の限界を知って、プロの助けを借りるというのは、悪いことではないし、恥ずかしいことでもない。

まして、自分が弱いことでもダメになったことでもないと、私は思います。

むしろ、その方が効率よく「急所」を抜けられます。

心の病気ではなく、ただ人生の転機としての心の行き詰まりを感じている人にとっては、心の旅の「添乗員」がいるだけで、旅はずいぶんスムースになっていくでしょう。

そして今、私はその「添乗員」をやる人です。

ここに行くには、こんな行き方がありますよ。
こっちへ行ってみましょうか。
ここを見るといいですよー。
ここでゆっくりしてくださいねー。
今歩いているそこは、OKですよー。

などと、横でちょっとばかりガイドして差し上げることができます。

せっかく訪れた「自分はこれでいいのか?」の問いかけを、大切に受け止めて、天命・使命のステージへとギア・チェンジしていくことができるように。

少しでもお手伝いできたらなあ、と思っています。

1人でやる「心の旅」に、ちょっと不安になったら、どうぞ声をかけてくださいね。

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

自己流を脱出しよう!人の話を聴く必要がある人のための 傾聴実践1day講座 11/4・8

人のお話を聴く必要のある全ての方に。
自己流だけじゃちょっと危うい傾聴の基本を1日で学べる講座、11月休日・平日開催
大塚がカウンセラー養成講座( BRC)で培ったエッセンスをふんだんに盛り込んだ傾聴実践講座です。

鎌倉ランチライブ@ブラッスリー・ゲント10/21

秋の鎌倉、由比ヶ浜、日曜日のお昼。
光の入る素敵なレストランで、ランチとアコースティックな音楽を。
・コヤマリエ/ヴァイオリン、大塚あやこ/ピアノ
・「Ten」片野吾朗/ベース 濱田翔/ギター

2018年10月21日(日) 13:00 開演
由比ヶ浜 ブラッスリー・ゲント 
江ノ島電鉄線・由比ヶ浜駅より徒歩3分

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。