怖くて美しい工場の魅力

 

1980年代、ブレードランナーという映画がありました。

近未来の都市、巨大な工場地帯、林立する煙突からガス炎が上がる・・・・

冒頭の名シーンです。

あの圧倒的な風景に、ドキドキするような美しさを感じた10代の頃。

 

その後、首都高横羽線を車で走るたび、羽田の先に、まさにあの映画のシーンと同じ、

炎を吹く煙突群の工場地帯が現れるのが楽しみで仕方ありませんでした。

(実際、R・スコット監督は日本であの風景を見たのがヒントだったのだそうです)

 

そんな工場にドキドキ、ワクワクする気持ちを「工場萌え」と称し、

一つの趣味ジャンルとして認知させてしまった本があったことを、今頃知りました。

なんだー、あの頃知っていれば間違いなくハマっていただろうに。

今は、過去の自分を少し思い出して、冷静に楽しい。

そんな本二冊に出会いました。

 

工場萌え
posted with amazlet
大山 顕
東京書籍

 

 

 

 

 

 

これが、いわば「火付け役」的な本ですね。

写真と共に、工場鑑賞ガイド本としての文章も豊富で、

実際に自分も工場巡りをしてみたいという人にはよいでしょう。

一方で、文面がわざと軽くふざけた調子なので、

面白いと思う人と、うっとうしいと思う人と分かれるかも。

そして、今年出たのがこれ

 

工場ディスカバリー
posted with amazlet
小林 哲朗
アスペクト

 

 

 

 

 

 

こちらは写真が豊富でコメントは一言のみ。細かい解説はなしで存分に写真が楽しめます。

写真の質もたいへん美しく、満足です。

 

タンクに煙突、這い回る無数のパイプ、

整然と張り付く階段とキャットウォーク。

怖いけど惹かれてしまう。

醜悪なようで美しい。

 

そんな、整然と混沌の入り交じった不思議な美しさを楽しんでみるのも、

なかなかおすすめです。

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、前に進みたい人、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。
その他、心と意識をクリアにするサウンド瞑想など、独自の立ち位置で音楽制作やライブイベント等も行っている。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

オンラインで学べる「話の聴き方」講座

オンライン学習サイトUdemy(ユーデミー)で開講!

◎人の話が楽に聴けるようになる【はじめての傾聴】カウンセラーが現場で使っている「話の聴き方」

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます