「欠陥ビリーフ」は自己否定ビリーフの王様

自己肯定感が低いのは、「自己否定のビリーフ」が入っているから。
と考えてみたらどうでしょう?

というのが、前回の記事でした。

自己否定のビリーフとは、言い換えれば、たいへん否定的な自己イメージ・自分像・自己定義です。

自分のことを、小さく無力で悲しい存在に押しやってしまうような思いこみです。

ビリーフリセットでは、自己否定のビリーフの中でも、さらに傾向別の分類をしています。
その代表的なものがこれ。「欠陥ビリーフ」です。

誰にでも入っている「欠陥ビリーフ」

ビリーフとは「そういう信じ込み」ですが、信じているがゆえに、言葉を超えてあきらかな「感覚」として私たちは感じているものです。

欠陥ビリーフとは、「自分は生まれつき欠陥がある、恥ずかしい存在だ」という信じ込みであり、そう感じてしまう感覚です。

これは色々なビリーフの中でも主要なもののトップに挙げられるものです。

これが入っている人は非常に多く、いわば、自己否定ビリーフの王様のようなもの。

特に日本では「恥の文化」「謙譲の美徳」などといわれる国民性とも関係して、どんな人にも多かれ少なかれ入っている、たいへん普遍的なものといえます。

ビリーフはとても感覚的なものですが、あえて言葉にすると具体的な文として挙げることができます。

人によってピンとくる言葉、こない言葉、いろいろ違いがあります。

あなたがその言葉を見てザワッとしたり、ちょっと刺さるような感覚があったとしたら、そのビリーフがあなたに入っている可能性があります。

欠陥ビリーフのフレーズ例としては

・私はダメだ
・私はまだまだ足りていない 
・私には欠陥がある
・私は器が小さい
・私はたいしたことない人間だ
・私は人として決定的に欠けているものがある
・自分の存在が恥ずかしい
・自分の中に絶対に見せられない暗部がある 

・・・など。

このように言葉で書くと、気が滅入るような、ドキッとするようなフレーズばかりかもしれませんが、なにも私たちは、普段からそう思って生きているわけではないのです。

むしろこれらは、全く意識に昇らない深いところに漠然とした感覚としてあるもので、ふとしたきっかけで浮上してくるイヤ〜な感覚となって現れてくるものです。

それをあえて言葉にするとこのようなフレーズになる、という一例です。

注意深く自分に向き合うならば、おそらく誰もが、どれかは思い当たるものがあるのではないでしょうか。

もちろん、私にもバッチリ入っていました。

私の場合、根深い欠陥ビリーフによって、過去に苦しい人生を繰り広げてきた自覚があるので、だからこそ今、自信を持ってその実態を語ることができるというわけです。

ビリーフだとわかれば、ループから抜け出せる

これらが自分にある!と思い当たったとして、いけない、ヤバい、ダメだ・・!なんて思う必要はありません。

「こんなものがある自分はやっぱりダメだ」

ああ、それ!
そう思ってしまうそれがビリーフ、なんですよ(^ ^)

しかし安心してください。
欠陥ビリーフが自分にあったとしても、それは単にビリーフとして入っているだけ。
残念ながらインストールされてしまっているだけ、と考えてみてください。

自分の本体は、元々ダメでもなんでもないのです。
ほんとはね。

でもビリーフにやられていると、とてもそうは思えなくて、「ていうか、だってほんとに実際そうなんです!!」と言い張りたくなるほど、ご本人にとっては「事実」としか思えなかったりします。

それだけ強固なのがビリーフのやっかいなところでもあります。

でも、そこから脱出することはできます。
脱出しないまでも、とりあえず「ストップ!」をかけることができます。

日常でもし、自分はダメだ、欠陥がある、恥だ、役立たずだ・・・云々などと思ってしまった時。

「ちょっと待って。これってビリーフが発動してるんじゃない?」って考えてみてください。

まずはそうやって、自分の中の「考え」に気づいていくことです。

動揺と落ち込みの無限ループに真っ逆さまに落ちそうになる、その流れからフッと浮き上がれる瞬間が訪れるかもしれません。

z

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

自己流を脱出しよう!人の話を聴く必要がある人のための 傾聴実践1day講座 11/4・8

人のお話を聴く必要のある全ての方に。
自己流だけじゃちょっと危うい傾聴の基本を1日で学べる講座、11月休日・平日開催
大塚がカウンセラー養成講座( BRC)で培ったエッセンスをふんだんに盛り込んだ傾聴実践講座です。

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。