ポジティブな違和感

 sor0145-033

卒業を控え、大学の授業や試験はもう終わったのですが、

週一回の音楽療法実習が3月まで続きます。

今の実習先は認知症病棟と精神科病棟。

食堂ホールに数十人が集まって、歌を歌ったりする活動です。

集団セッションと言って、日本で音楽療法というと大多数がこういう形態で

行われており、一般的にこういうものが音楽療法だと認識されているようです。

しかし、実習などでこういう場を経験すればするほど、私の中では

「これってどうなの、もう少しこうしたい、こういう風にできたらいいのに、

私だったらこうやりたい・・・」といった、違和感や問題意識が募るのです。

それ自体否定するわけじゃないけど、要するにポジティブな違和感というやつです。

今は学生としての実習なので、黙ってその場のやり方に従っていますが、

実はそんな気持ちのギャップをたくさん感じてやり過ごしているので、

帰ってきた時はぐったり疲れてる(笑)

しかし、

「真剣にやってみて違和感や問題意識を感じたなら、そこに天命使命の鍵がある」

という、感性論哲学の芳村思風先生の言葉を聞いたことがあります。

ほんと、そうだと思う。

それを感じてしまった私が「ならばこうする!」という

新しいものをやっていけばいいんです。

やるともよー Σ( p`’д’))q

私が本当に納得できること。うれしい、おもしろいと思えること。

これなら音楽療法として胸を張れるよなっ!と思えること。

そういうのがやりたい。

誰もやってなくても、私がこれから一歩ずつやっていけるように色々考え、

行動していきたい、と思いを新たにした実習日の夜でした。


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

ビリーフリセット初級講座6月(土曜コース、水曜コース)

心のしくみがわかり、自分がわかる。
自分がわかると世界が変わる。
心のどこに向き合い、何を変えたらいいのか
ビリーフという視点から理解し、体感できる全2回の講座です。

無料メルマガ

大塚彩子メールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。
(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

登録はこちらから↓

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

期間限定メルマガ
「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。
こちらのメルマガは、登録するとバックナンバーも読めます
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、1.アドレスの確認 2.受信設定の確認 をお願いします。

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。