チームの心理的安全性はリーダー自身の自己受容がカギ

心理的安全性とは

最近、会社や組織を運営する人たちの間で、心理的安全性 というキーワードが注目されています。

心理的安全性とは、チームや場の中で、何を言っても
「否定されない、拒絶されない、罰せられない」
「聞いてもらえる、受け止めてもらえる」
と感じられる空気のことです。

それがあればこそ、メンバーが自分の考えを口にできたり、自発的に行動したりできるようになり、結果としてチーム成功の鍵となる・・・

ということが、2012年よりGoogle社で実施された大規模労働改革プロジェクト「プロジェクト・アリストテレス」において発見された、という話が有名です。

カウンセリングの世界では当たり前

というと、なんだかビジネス界での画期的な発見であり、最先端!?みたいに見えますが

実はこの「心理的安全性」の概念は、心理カウンセリングの世界では大昔から当たり前の前提であって

カウンセラーであれば「イロハのイ」として皆がやっていることです。

まずはクライアントさんの存在そのものを全面肯定し

その方が話すことは、ポジティブもネガティブも、どんなことでも、まずは「そうなんですね」と受け止めて

否定しない、拒絶しない、頭ごなしにアドバイスしない。

いわゆる「傾聴」というスキルも、この前提によって成立するものです。

カウンセラーがそういう姿勢でいるからこそ、クライアントさんは誰にも言えないような悩みも安心して話すことができるのですし

それゆえに、自分でもわからなかった深い自分自身に向き合い

新たな発見が引き出され、本来の元気を取り戻していくことができるのです。

 

「心理的安全性」がある種の流行の気配を見せているのは

そういう「場」の作用が、カウンセリング現場だけでなく

人と人の関わる場全てにおいて本質的に重要であることが、だんだん認識されているということであり、

それを会社組織の場で実践して理論化したのがGoogle社であるのだろうと思います。

「心理的安全性」を作ろう!では作れない

というわけで

「よし、ウチの会社も心理的安全性を作らないとな!ハイ、作りましょうー!
みんな、言いたいこと言ってー!」

「勇気を持って、どんなことでも言ってみましょー!」

と号令をかけたとして、心理的安全性は作れるのでしょうか?

 

答えは NO!です。

これは「空気」ですから、号令や命令では作れないのです。

少しでも話しやすいような「仕組み」を作れば、ある程度それらしいこともできるようになるかもしれませんが

本質的な策にはならないでしょう。

なぜならば、心理的安全性のカギとは

「なんでも話そう」という
話す側にあるのではなく

「どんなことでもジャッジせずに
受け止める」という
聴く側のマインドセットにある
からです。

この聴く側としてのマインドセットが、リーダー及び場全体に育まれていない限り

心理的安全性が場に醸成されることはありません。

ガチで心の問題

しかもこれは「受け止めてる風」を装うことでもないのです。

本当に、どんな人の、どんな言葉でも、態度でも、心から「そうなんだね」と肯定する心になれるかどうか。

たとえその発言の内容や、行為そのものが、場にそぐわず、意図したものとは外れていたとしてもなお、

その人の存在に対する畏敬と慈しみを、持ち続けることができるかどうか。

フリや心がけじゃなくて。
本気で。ガチで。

そういう心の柔らかさと、許容の器(うつわ)、ハートの大きさ、もっというならば「愛」を

その場に関わる人みんなが持てるかどうかこそが「心理的安全性」の本質ということです。

ハードル高いですね・・・(笑)

まずはリーダーから

では、具体的にどこから手をつけたらよいのでしょうか?

リーダー自身です。

まず自分自身に問いかけてほしい。

・自分を嫌っていないか?
・「あってはいけない自分」を隠していないか?
・「こうであらねば」が強すぎていないか?
・そうなれない自分を責めていないか?

 

そこに自覚があるならば、まずはあなた自身が自分に「心理的安全性」を与えていないということになります。

「こうならいいけど、こうじゃダメ!」というジャッジが自分自身に対してキツく、自分を許すことができない人は

同じだけ他人に対してもジャッジがキツく、他人を許すことができないからです。


だからこそ、リーダーであるあなたが、自分をどれほど理解し、受容し、自分という存在にOKを出せているか。

どんなネガティブ要素も拒絶せず受容し、「べき・ねば」から軽やかに自由になって

自分の本質を信頼し、「ダメになる」恐れから自由であれるか。

ここに全てがかかっています。

場の空気を作るのはリーダーだから

場の空気を作るのはリーダーです。

リーダー自身のマインドセットが、組織や場に共振して、その場のマインドセットとなっていきます。

ということはつまり、リーダーのマインドセットさえ変われば、組織や場のマインドセットは比較的簡単に変わるということ。

 

だから、場に「心理的安全性」をもたらしたいのであれば、まずはリーダー自身が、自分の中で「心理的安全性」を確立することです。

そのためは、リーダー自身がある程度まとまった時間をかけて、心理的な学びを深め、

自己探求・自己理解・自己受容のプロセスを歩むことが最短距離であると私は考えています。

そうやって辿り着いた、自己受容のマインドセットというものは、決して崩れることがありません。

もうそれが新たな自分のナチュラル、つまり自然体になるわけですから

その自然体のままに、組織に、チームに、場に関わることができます。

リーダーが恐れなく自然体でいれば、その場にいるメンバーも共振して自然体ていられます。

リーダーが「受容」の周波数を出していれば、メンバーからも「受容」の周波数が引き出されます。

人間とは、言葉を超えたところで、無意識レベルで、互いに共振し合うものだからです。

それが、いちばん本質的な「心理的安全性」の作り方だと、私は考えます。

 

今までは、悩んでカウンセリングにいらっしゃる方たちだけのものだった「自己探求・自己理解・自己受容」の心理的トレーニングは

決して「カウンセリング」という範疇にだけ収まるものではありません。

それを超えて、具体的に社会で力を発揮し、多くの方たちに影響を与える立場の皆さんや、

「現実をよりよくしよう」と願う皆さんにとって

最短、有効、かつ必須の手段であることが、これからの時代、さらに明らかになっていくだろうと思います。

 

というわけで次回は、私自身が作っている場である「ビリーフリセット・リーダーズ講座」や「インディゴ塾」などの長期講座で

受講生さん達がどんなふうに「心理的安全性」を感じているか、実際の皆さんの声をご紹介していきたいと思います。

 

お知らせ

「リーダーのためのメンタルトレーニング&コンサルティング」個人セッション

受け付けています。
ご興味のある方はお問い合わせください。

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、が前に進みたい人、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。
その他、心と意識をクリアにするサウンド瞑想など、独自の立ち位置で音楽制作やライブイベント等も行っている。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

オンラインで学べる「話の聴き方」講座

オンライン学習サイトUdemy(ユーデミー)で開講!

◎人の話が楽に聴けるようになる【はじめての傾聴】カウンセラーが現場で使っている「話の聴き方」

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます