仕事膨大。目立たない。印税なし。アレンジャーの仕事

音楽における「アレンジ」つまり編曲。
その言葉は皆さん聞いたことがあると思いますが、具体的に何をするのか、知っていますでしょうか?

もちろん、音楽好きの方はわかっているかもしれませんが、意外と漠然として、あまりよくわからない方もいらっしゃるようなので、今日は編曲について語ってみたいと思います。

☆旧ブログ「大人の音楽レッスン」より
2014年5月に書いた記事を加筆修正しました。

作曲と編曲の違い

アレンジとは編曲のことです。

編曲とは何か?
まず作曲との違いをはっきりさせましょう。

ポピュラー音楽の世界ではほとんどの場合、「メロディーを作ること」を作曲といいます。
歌モノだったら、歌の部分ですね。
メロディーさえ作れば「作曲」として扱われます。

だから、音符とかコードとか、音楽のことはあんまりわかってなくても、センスがよくて鼻歌で作れちゃうような人は、それでも「作曲した」ということになり、ちゃんと印税が入ります。

しかし、メロディーだけで音楽になるわけじゃありませんね。
メロディー以外に、和音(コード)やリズムが必要ですし、他の楽器が後ろでいろいろやる必要があります。

それによって、曲の雰囲気が決まり、曲の具体像というものが構築されるわけですね。

つまり、メロディー以外の全部を考えること。
これが編曲ということになります。

(注:ただし、管弦楽などクラシックの場合は作曲/編曲一体型なので、またちょっと違います)

編曲の仕事の中身って

どんな雰囲気の曲にするために、どういうリズム、テンポにしたらいいのか。
どういう楽器を使って、それぞれがどういうことを弾いたらいいのか。

決めないといけません。

さらに、イントロはどうするのか、メロディーは何回繰り返すのか、
間奏は? その後の展開は? 終わり方は?

といった「構成」も考えなければいけません。

じゃあ、その構成を作るために、

どの楽器が、どんな音で、どこで出てきて、何をするのか。
聴いている人が飽きないためには、少しずつ何か変えていく必要もあるし。

どこで盛り上げて、どこで静かになって、どこで訴えるのか。
盛り上がるためには、どの楽器が何をすればいいのか。
切なくするためには、どの楽器が何をすればいいのか。

そういったこと全部。

どんな音を、どんな和音とリズムで、どう鳴らせばいいのか、弾けばいいのか全部決めて、組み立てて、楽譜に書いて、指定して、演奏者に演奏してもらう。

あるいは、コンピュータでプログラミングして音にしていく。

この作業を編曲(アレンジ)といいます。

どうです、大変でしょう?

ええ、大変ですよ〜。

それでいて、印税は入らない仕事です(痛)。

私自身、音楽キャリアの最初の頃はアレンジャー(編曲家)として仕事をしていました。
のちに作曲家の方にシフトしていったのでした。

アレンジャーという人たち

手間ヒマという意味では、作曲に比べてその仕事量は膨大なものになります。
それをやるのがアレンジャー(編曲家)です。

これは作曲と違って、インスピレーションだけじゃできません。
広く深い音楽知識と技術が必須なので、バリバリの専門職です。

アレンジャーという人たちは、どの楽器をどう鳴らしたらどんな音がして、どういう音を、どう組み合わせるとどういう効果が出て、どういう情感を呼び起こすか・・・・

そういうことを熟知している人たちです。

そういうわけで、メロディー以外の全部を作って決めるのがアレンジャー。

さらに、アレンジャーが決めたことを、音として「聴こえる化」しているのが演奏家。

しかし
「この曲いいね〜」と言われて注目されるのは、作曲家。

もちろん、軸となるメロディーあってのその曲ですから、それでいいんですけどね。

 そして
「演奏グッとくるね、うまいね〜」と言われて注目されるのは、演奏家。

もちろん、素敵な音が鳴ってこその音楽ですから、それでいいんですけどね。

それを支える編曲という存在に気づいている人は、一般的には少ないと言っていいでしょう。

そういう非常に裏方的な仕事がアレンジ(編曲)であり、それをやる職人が、アレンジャーであること。

名前もそんなに出ないし、印税も入らない(しつこいw)。

よっぽどの音楽マニアじゃないと、つとまらない仕事です。

時々でいいですけど、皆さんが聴いている音楽の、実質半分以上がアレンジャーの仕事であることを、たま〜に気づいて思い出していただけると。

歌だけじゃなくて、たまにはバックの演奏の動きも聴いていただけると。

ひっそりとうれしかったりする職人さんも、きっといることでしょう。

ひっそりと、私からも、よろしくね。

 

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

心理カウンセラー/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
元・日本音楽療法学会音楽療法士
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
その後、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、まじめにがんばっているのになんだか生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎株式会社ツナゲル専務取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

お知らせ

9/20 R-Spirit Vol.4

心のスイッチを起動するミュージック&トークライブ

2019年9月20日(金)19:00〜 南青山マンダラ

出演:了戒翔太、大島ケンスケ、大塚あやこ

ビリーフリセット初級講座オンライン版

自信が持てない・人の目がこわい
いつも傷つく・未来が不安・・・
その「なんで?」のわけは   
心の奥の「ビリーフ」だった!

生きづらさの理由と、脱出のカギがしっかりわかる
これまで300人以上が受講した人気講座を動画で受講できます

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします