自分にOKを出して前に進む!

アーカイブ : 音楽

今日の忘れ物はひどかった

今日の忘れ物はひどかった

今日は、私のスタジオである田端のソノラガーデンで録音作業をしました。 音楽療法関係の方からの依頼で、即興を交えたピアノや小物楽器、ちょっとした歌が入った曲です。

2つのセッション

2つのセッション

  カウンセリングやセラピーで、クライアントさんと向き合う時間のことを、セッションといいます。私が現在行っているのは、1対1の「個人セッション」。お一人お一人の話をじっくり聞き、心の探求の道筋をご一緒する90分〜120分です。

人生最後の大切な歌

人生最後の大切な歌

人が最後を迎える時、音楽は音楽ゆえの大切な役割を果たすことができるのではないか・・・・そのような観点で以前記事を2つほど書いたことがあります。 ・お見送りの音楽(2012年7月30日)・昇天の音楽(2013年5月21日) このテーマはおそらく今後の私にとって、ますます重要な位置を占めていくような気がしています。

ミュージシャンはなぜカッコいいのか

ミュージシャンはなぜカッコいいのか

惚れたくなるくらいかっこいいミュージシャン 今はどうなんだろう、わからないけど、ひと昔前は、ミュージシャン=モテる みたいな図式がありましたね。ギターやバンドを始めた男の子の動機は、ずばり「モテたいから」みたいな話もよく聞きました。

軽量重視のキーボード選び

軽量重視のキーボード選び

  これまで自宅にあったピアノやキーボードを全部サロンに持って行ってしまったので、自宅に鍵盤が全くナシになってしまいました。それもちょっと寂しいので、新たに手軽な電子ピアノを置くことにしました。 そこで楽器選び。とにかく第1条件は、軽量・場所とらない。もうね、重いキーボードはうんざりしたの。去年、重量19KgのヤマハMOTIF...

昇天の音楽

昇天の音楽

  以前、私が作ったある曲について、「こんな曲に包まれたら幸せに死ねる」なんていう感想をいただいたことがあった。 またある時は、2人の親しい弦楽器奏者のためにピアノ伴奏付きのデュエット曲を書いたことがあった。彼女達が演奏し終わった後の感想、「あ〜これで死ねる」だって。「私のお葬式の時、これ弾いて。」だって。

なぜピアノの先生はこわいのか

なぜピアノの先生はこわいのか

  「子どもの頃、ピアノを習ったことがあるひと〜」と聞けば 「ハーイ!!」 おそらく、たくさんの手が上がるはず。 「ピアノの先生がこわくてイヤだったひと〜」 「はぁい・・・!」 これもおそらく、かなりの手が上がるはず。

音楽が「音が苦」になる時

音楽が「音が苦」になる時

4月からオープンしたサロンには、自宅から自転車で通っています。 桜の名所・小石川の播磨坂を下り、緑濃い小石川植物園、東洋大学の横を過ぎ・・・ ちょうど桜も満喫。桜が終われば花ミズキ。 日ごとに青々と葉を伸ばす緑も満喫。 ちょっと気持ちのいい通勤路なのです。

サウンドトラックはもうやらないんですか?・5

サウンドトラックはもうやらないんですか?・5

 ついに完結・こういう私として、またね。 これまでの「サウンドトラックのお仕事」とはどういうものだったのか、 振り返ったところで、そして今。 私は、新たにすごく楽しいサウンドトラックのやり方を見つけているのです。 それは何かって? 前回まで 〜その1・ありがとう。そして今までごめん!〜      〜その2・だからそれが何?がや...

飛躍のための心理コンサルティング

SONORA STUDIO(ソノラスタジオ)東京・六本木

Mail:info@sonorastudio.net

Return Top