「なりたい自分」になろうとしなくていい

「なりたい自分」をめざして 、一生懸命がんばる時代があってもいいでしょう。

「なりたい自分」に向かっているその道が楽しいなら、大いにがんばってみればいいでしょう。

でも「なりたい自分」になろうとしているその道が、なんだか辛くなってきたなら、そろそろ見直してもいいかしれません。

「なりたい自分」というやつを、富士山の頂上のようにはるか見上げながら、とぼとぼと歩いている今が

楽しくもなく、おもしろくもなく、ただ辛く忍耐あるのみ・・・なのだったら

その「なりたい自分」とやらのゴールは、本当にあなたが行くべきゴールなんでしょうか?

その「なりたい自分」に向かうためにやるべき「そのこと」は、本当にあなたがしたいことなでしょうか?

「なりたい自分」を描く時、なぜそれに「なりたい」のでしょうか。

今のこんな自分が苦しいから。
今のこんな自分が嫌だから。
「ああなりさえすれば」楽しくなれるんじゃないか。
「あんなふうにさえなれたら」こんな自分でもOKになれるんじゃないか。

「なりたい」のその裏には、「この自分じゃなくて」という思いが見え隠れします。

そんな「苦・嫌」を脱出するために描いた「なりたい」は、絵に描いたモチになりがちです。

今の自分を受け入れられない・・・つまり自己否定という土台の上に、「なりたい自分」という絵を描いているからです。

そして、そんな「なりたい」のために努力しているその道のりは、辛いばかりでちっとも楽しくないでしょう。

その「なりたい」は自分が本来なりゆく姿とは違う可能性が大きいです。

「なりたい自分になる」はなかなか危ういゲームだと思います。
一見ポジティブで夢があっていいんだけれども。

がんばるためのネタにはなるので、ある時期、使えるツールではあります。

でもあんまり本気になりすぎると、どうでしょうね。
私はなんだかそこに「ほんとかな?」というハテナマークが浮かぶことが多いです。

私たちの頭なんてちっぽけなもんです。
その小さな頭で本来の自分を否定して
そんな否定を根拠にさらに小さな頭で考えた「なりたい」を目指したって
それは本来のもっと大きないのちからすれば、全く関係のないこと。

本来のいのちっていうのは、頭を超えたところにあります。
むしろ、そうやって必死で否定されている自分の方にこそ、本来のいのちのエンジンが眠っています。

否定を外して、そっちをこそ掘り出してやることが、私は本来的だと思っています。

べつに「本来的」だけがすばらしいわけじゃないけれども。
「些末的」だって楽しめればいいんですけどね。
私は「本来的」が好きなので。

否定さえしなければ、いのちは伸びゆく方向に伸び、なりゆく方になっていきます。

否定さえしなければ、湧いてくる「したい・やりたい」に従えば済むことです。

それが、本来の自分として一番伸びる方向です。

いのちは「なりゆく」もの。
「なりたい」とか「なろう」とかではなく
自然に戻れば勝手に「なりゆく」ものです。

やりたいことをやっていたら、勝手にその人らしくなっています。
「なろう」なんてしなくても。

ユリがバラに「なりたい」と言って、いつもバラを念じて「私はバラになっています」とアファメーションしているとしたら。

すみれがチューリップに「なりたい」と言って、チューリップ目指してタスク管理とPDCAをバチバチにやっていたら。

ユリはユリとして咲いてくれたら、いいんじゃないのかな。
すみればすみれでそこにいてくれたら、いいんじゃないのかな。

そんなことより、ただ今この時
思ったように思い
感じたように感じ
心のままに表現し
その時々に動いて
やりたいと思ったことを夢中になってやっていれば
おのずと自分としてそこにいます。

「なりたい」より「やりたい」の方が、より自分自身に距離が近いし
「やりたい」んだったら「やる」ことの方が、よりリアルです。

やる。やっている。今ここで。
そのことが嬉しいかどうか。
その一瞬の連続です。

そのことが嬉しいのであれば、
その先もおそらく嬉しい何かにつながっていきます。

このいのちをただ伸び伸びとさせておけば
ただ、嬉しい。
それが一番自分らしい。
そんな瞬間、人から見たらすごく魅力的。

そういうものなんじゃないかなと、私は思います。

で、その上で。

でもじゃあ未来のことは全く考えないんですか?
目指したいものがあることだってあるんじゃないですか?
そういう場合どうするんですか?

というご意見もあるかも、と思います。

あくまでも私の場合ですが。
そういう時は「なりたい」じゃなくて
「なる」んです。

この話はまた次回にしますねー。

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。