親にも悲しむ自由がある・親の望みを叶えるためにまだ我慢する?2

664068cbd54010cd2ea7d6be6cef9823_m 2

さて、前回の続きです。

前回の記事はこちら→
価値観は違ってあたりまえ・親の望みを叶えるためにまだ我慢する?1

私が親の価値観と違うことしたら、
親が悲しむんだもん。怒るんだもん!泣くんだもん!
親を悲しませるわけにはいかないもん!

だから、私が望むようにすることはできないんだ。
やりたいけど、やるのは無理なんだ。

このような葛藤を持つ方は少なくありません。

前回の記事でとりあげた重要なビリーフ(信じ込み)は
「親を喜ばせなくてはならない」というものでした。

そして、今日はもう一つ
「親を悲しませてはいけない」
というのも、
思いのほか自分を縛っているビリーフであることを
お伝えしたいと思います。

■原点は幼少期
bar_green_long

親を喜ばせなくてはならない
親を悲しませてはいけない

当たり前の常識のように思える言葉ですが、
この感覚は実は幼少期の情動と関わりがあります。

子どもは元々、とってもお母さんやお父さんが大好きです。
だから、
「お母さんに笑顔でいてほしい!」
「お母さんの悲しい顔はイヤ!」
というきわめてシンプルな願いを持っています。

でも、お母さんもお父さんも人間ですから、
生活がたいへんだったり、夫婦の問題があったりすると
辛そうだったり
悲しそうだったり
機嫌が悪かったり
けんかして怒鳴ったり
泣いたりすることもあるわけです。

そういう親の様子を見て、子供は
「お母さんかわいそう。」
「お父さんかわいそう。」
と思い込み、けなげにも
「お母さん(お父さん)が悲しまないためにはどうしたらいいんだろう」と
考えるらしいのです。

そしてできる限り「いい子」にしたり、
少しでも親を喜ばせるようなことを言ったりやったりします。

でも、いくら子供ががんばって
お母さんやお父さんを幸せにしようとしても
根本的には大人の問題ですから、
やっぱりお母さんやお父さんは悲しそうだったり、怒ってたりする。
こんなにやってるのに、結局ちっとも変わらない。

そうすると子供は

「自分はお母さんを助けてあげられない!
お父さんを幸せにできない!
できない自分が悪いんだ、足りないんだ!」

という、無念と罪の意識を背負うようです。
もちろん、全部無意識レベルです。

つまり、
お母さんやお父さんを喜ばせる、幸せにするという
使命感と責任を
ちっちゃな子供は自分で勝手に持ち、
実際それができずに挫折してしまうんですね。

それえゆえに
お母さんやお父さんが悲しそうだ、ということに対して、
自分の責任だと感じ、
罪悪感を持ってしまうわけです。

その罪悪感は、
大きくなっても大人になっても
心の深くにはずーっと残っています。

親が悲しい顔や怒った顔を見せるたびに
自分の罪悪感が刺激されて、
いてもたってもいられなくなるのです。

このあたりはとても深いテーマですし、
人それぞれ背景も事情も違うので、
あまり詳しく述べることはできませんが、
個人セッションでは、このレベルを丁寧にひもといていくと
けっこうスッキリ荷物を降ろして
進めるようになるケースが多いです。

■親は悲しんだり怒ったりしたらいけないの?
bar_green_long

さてその上で、こんなふうに考えてみてはいかがでしょうか。

親を喜ばせなくてはならない
親を悲しませてはいけない

というのは実は、裏を返せば

親はいつも笑顔でいてくれなきゃヤダ!
親は悲んだり怒ったりしたら絶対にヤダ!

と言っているに等しいのです。

いつも24時間笑顔でいて!
いっつも笑っていて!
365日幸せそうにしていて!
ぜったい悲しい顔はしちゃダメ!
怒るなんてぜったいダメ!

って、あなたが誰かに言われたらどんな気分ですか?

「ちょっと待ってよ、ムリムリ〜」って思うでしょ。

あなた自身は
悩んだり悲しんだり怒ったりすることはないですか?

ありますよね?

悩んだり悲しんだり怒ったりするけど
また立ち直ったり、成長したりして
乗り越えてきたりしませんでしたか?

しましたよね?

そして、悲しむことや腹立つこともあれば、
喜ぶことやうれしいことだって
色々あるのが日々の日常ってもんではなかったでしたか?

ですよね?

じゃあ、どうしてあなたの親だけは
いつもぜったいに笑顔で喜んでなきゃいけないのかな?
悲しむことや怒ることは、
親には許されていないのかな?

ずいぶん不公平ですね(笑)

親が喜んでいてくれていちばん都合がいいのは
誰でもない、あなたではなかったでしょうか。
それだと自分が安心できるからじゃないですか?

親が悲しんだり怒ったりしたらイヤで都合が悪いのは
誰でもない、あなたではなかったでしょうか。
それだと自分が不快だからじゃないですか?

なんだ、自分の都合じゃん(笑)

親思いというより、結局自分じゃん(毒)

「たのむから、私が気持ちいいように機嫌よくしててよ!」
ってことじゃん。

あー、自分、自分(笑)。

親のほんとの気持ち、どこまでわかっていたかなあ?

■だって人間だから
bar_green_long

ちょっとわざわざ毒な見方、してみちゃいましたけど
でもそうだともいえるのです。

でもいいんですよ。
それが子どもの本能であり
そこには確かに、
子どもなりのせいいっぱいの愛もあったのです。

さあ、大人になった今
ここから卒業です。
もう一度、一人の人間として、
自分のことも、親のことも見てみましょう。

そう。
あなたにも、普通の人間として
喜ぶ自由も悲しむ自由も怒る自由もあるように

親にだって、普通の人間として
喜ぶ自由も悲しむ自由も怒る自由もあるんです。

そして、それは
あなたの「せい」とは全く関係なく。

親は親の都合と気持ちで
喜んだり悲しんだり怒ったりしているのです。

大丈夫、あなたのせいじゃありません。

あの時だって、
あなたが悪い子だから、なにかができなかったから
お母さんが悲しそうだったのではありません。
お父さんが怒っていたのではありません。

きっかけはあなたのことだったかもしれなくても。
もっと深いところには、
その人ならではの深い事情があったのです。

大人には大人の事情があり
あの人達にはあの人達の、限界も弱さもありました。
みんな自分のことでいっぱいいっぱいなんです。

参考記事→
いっぱいいっぱいなんだからしょうがないね

あなたが何かしたってしなくたって
親は自分の気持ちで
喜んだり悲しんだり怒ったりします。

したっていいじゃありませんか。
人間なんだから。

どうしてそんなに
親の気持ちの「ハンドル」を自分が握らきゃいけないと
思っちゃったかね〜
不思議だねえ〜(笑)

親の機嫌はぜんぶ私の「せい」だと思ってしまった・・・
それが幼いころの罪悪感。

けなげな愛ゆえの誤解です。

しかたないね。
大好きだったもんね。

もういいよ。
もういいね。

人間に戻ろう。
人間に戻してあげよう。

参考記事→
「人のご機嫌うかがい地獄」から抜けるために

■それでも親子であることに変わりはないから
bar_green_long

親を喜ばせなくてはならない
親を悲しませてはいけない

この誤解が解けたら
色々なことがとても楽になります。
気兼ねなく自分の人生を生きることへと
向かっていけるようになります。

そうしたら、
一人の大人として、人間同士としての
もっと自然な関わりが生まれて

あなたがしたことが
自然と喜ばれることもあれば
べつに喜ばれない時もあるでしょう。

できる時にはできることをすればいいし
できない時には無理をすることはないでしょう。

親が喜んでも、喜ばなくても、どちらでもいい。
なぜなら、それでも私は親を大切に思っているから。

どちらにしたって親子であることに
なんの変わりはないのだから。

これで、よくはありませんか?(^ ^)

さあ、それでも
親の望みを叶えるために、まだ我慢する?
 

このシリーズは終わりです。

参考記事→
親を悲しませないためなら、子どもは何だってする


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

ビリーフリセット初級講座6月(土曜コース、水曜コース)

心のしくみがわかり、自分がわかる。
自分がわかると世界が変わる。
心のどこに向き合い、何を変えたらいいのか
ビリーフという視点から理解し、体感できる全2回の講座です。

無料メルマガ

大塚彩子メールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。
(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

登録はこちらから↓

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

期間限定メルマガ
「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。
こちらのメルマガは、登録するとバックナンバーも読めます
登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。