「生きているだけ」じゃダメなのか?「する・やる・できる」がはがされる時

031 2

何もしない自分とは何者か

今日は前回の続きです。

前回はこちら→
うつ・病気・挫折・燃え尽き… 「できない自分」になった時どうする?

 

つまりね、「すること・やること・できること」ばかりを価値としてきた人間は、

なにもできないそのまんまの自分、ただ生きてるだけの自分なんてものには価値がないんだ!

って、知らないうちに思っちゃってるんです。

だからこそ、シャカリキになって「する・やる・できる」に走るんですね。

そんなとこに突然「やれなくなる、できなくなる」という体験がやってきちゃう。

そうすると、強制的に身ぐるみはがされて、そのまんまの「ただ生きているだけの自分」てのになっちゃうんですよ。

それはもう、今まで価値がないと思っていた自分そのものです。

これが慣れていないものだからもう、ジタバタ、ジタバタ、泣いたり苦しんだりするわけです。

でも、この時カウンセラーさんが私に言ったことは、その「そのまんまの、ただ生きているだけの自分」に慣れてみろ、と。

それを嫌でも味わってじっとしててみー、と。

そういうことだったのです。

ものすっごい居心地の悪いその場所に、ジリジリとじっとしててみる・・・・そうすると何が起こるのか。

「あー、こんな自分でも生きてていいんだ」ってことが、腹に落ちる時が来るんですねえ。

「生きてる。今ここに命があり、私が在る。それでいいんだ。」ていうかんじ。

私自身、いつどうやってそんな感覚になれたかちょっと思い出せないんですが、明らかに今はそう思えているっていえます。

たぶんあの時の経験は、その大きなきっかけになっていると思います。

Doing の価値から Being の価値へ

今だから言えます。

「する・やる・できる」っていうのは
Doingの価値」といいます。

「ある・いる・生きてる」っていうのは
Beingの価値」といいます。

この2つは全く次元の違うものなんです。

Doing だけに価値をおいていると「ある・いる・生きてる」ぐらいのことなんか、ぜーぜん問題にもならないんですね。

はっきり言って、それ、何のことだかよくわからないです。

でも、Doing の価値が無理矢理にでもはがされて、素っ裸の自分にならざるを得なくなってはじめて、Being というものに直面せざるを得なくなるのかもしれません。

「ある・いる・生きてる」
つまり、存在していることの価値。

もっと言えば、価値があるとかないとか、そんなことを超えて「ただ在る」それでいい、というかんじ。

もがきながらも、このBeing という価値が腑に落ちるようになったら、人生は飛躍的に転換します。

ていったって
どうやったらそう思えるのよ・・・

っていわれそうだけど。

それがねえ、
具体的にこうすればいいですよ!は私もはっきり言えません。

「やれない自分」という居心地悪い場所でジタバタしながら、いつのまにか導かれる場所なのかもしれませんし、

もうちょっと積極的にセラピーやカウンセリングなどを受けることで、それを体感していけるのかもしれません。

ただ今ここに私が在る

私にとってはそう思えるようになるきっかけの一つとして、瞑想も大きいです。

瞑想は、いいところに入れると、まさに

ただ今ここに私が在る。以上。

という状態がたゆたゆとず〜〜っと続いていくような、おだやかな安らぎを味わうことができます。

自分という存在そのものは思考や感情ではないことも、わかってきます。

これが実感できたら「する・やる・できる」にしがみつかなくても、そのまんまの自分でいられるようになってきます。

そういう状態に少しずつなりながら、私は自分の内側に向き合って、次に進むべき道を見つけていったような気がします。

もうずいぶん前のことだったようで、はっきり覚えてないですけどね。

まあ、いずれにしろ「する・やる・できる」に価値を置きすぎた現代の私たちにとっては「やれない自分になる」というのはめっちゃシンドイ修行であり、

逆に言えば、これを超えたらかなり新しいステージに飛躍できる、それだけ意義ある試練だといえるでしょう。

超えた先には、今まで感じられなかったような安らぎや充実がきっと待っています。

さて、また次回に続きます。

次回は、実際にそんな体験をして見事に乗り越えた
あるクライアントさんの体験談をシェアしたいと思います。

続きはこちら→
思いもよらず会社を辞めて・・・涙を超えてたどりついた温かい世界

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

自己流を脱出しよう!人の話を聴く必要がある人のための 傾聴実践1day講座 11/4・8

人のお話を聴く必要のある全ての方に。
自己流だけじゃちょっと危うい傾聴の基本を1日で学べる講座、11月休日・平日開催
大塚がカウンセラー養成講座( BRC)で培ったエッセンスをふんだんに盛り込んだ傾聴実践講座です。

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。