うつ・病気・挫折・燃え尽き… 「できない自分」になった時どうする?

Keynes helfende Hand

「する・やる・できる」にストップがかかる時

現代人は無意識に、何かを「すること・やること・できること」 に非常に価値を置いているところがあります。

やれること、できること
役にたつこと、生産性があること
成果を出すこと、実績を上げること

これらがちゃんとこなせていることが善であり、普通であり、マトモであり、つまりは安全・安心である、と。

それは、あえて考えたこともないほど当たり前の感覚として、私たちの中にしみついています。

でも、この感覚に否応なくヒビが入る時が、人生には来てしまうことがあります

うつ、病気、怪我、失職、挫折、燃え尽き・・・

その他、様々な状況の変化によって、まったく不本意ながら、これまで「やれていたこと・できていたこと」にストップがかかってしまう時。

そんなつもりはないのに
やれなくなってしまう。
できなくなってしまう。

これはショックですね。

やれない、できない、ということは必然的に「何もしていない、できない自分」になってしまうということです。

「やること・すること・できること」が善であり、安心で大丈夫な自分の拠り所であればあるほど
これを失ったら、自分が無くなるくらいの恐怖と虚無を味わわざるを得ません。

やれなくなって初めて、「何もしていない」ということがこんなにも居心地の悪いものだということを知るでしょう。

まるで
ダメ人間になってしまうかのような。
もう終わりであるかのような。

こんなに何もしない、できない自分でいるなんて、周りの人達に申し訳なくて、悪くて、後ろめたくて・・・

なんで、こんなことになってしまったんだ自分は・・・・自責の念や負い目、罪悪感。

辛いですね。

まさにこれ、私も数年前に味わったものです。

絶賛燃え尽き中のあのころ

以前私は、音楽を作ることに燃え尽きて3年くらいはジタバタしていました。

その中でもたしか2010年ごろは、そのジタバタも極まったころ。

最低限の教える仕事などはしていましたが、それ以外には音楽に向かうのが辛くて仕方なかったので結局音楽はやりませんでした。

かわりに趣味の天然石ワイヤーアートのお教室などに通って、こまごまとした手作業に没頭したり、

この自分の状態をなんとかしなければと心理や哲学の本を読んだり

ネットで情報を探したり、考えたり、セラピーやヒーリングのセッションに行ってみたり・・・

まあ、要するにジタバタしていたわけです。

この時に私が一番味わったのは、まさに「やっていないこと」への罪悪感、でした。

やれない、やっていない、できていない、何もしていない、何をすればいいかわからない、何もかもが虚しい

本当に「やれない自分」をどうしていいのかわからないわけです。

だからこそ、せめて趣味に没頭しようとしたり、せめて家のことはちゃんとやろうと、当時まだ会社員だった夫のために毎日ごはんを作ったりしていたのです。

「なんにもできなくなった、何者でもない自分」に感じる負い目は本当に辛くて、
音楽ができなくなってしまった自分をどうしていいのか本当にわからなくて、
時々泣いてましたよ、マジで。

そんな時、あるカウンセラーさんに「なんにもしてない」ことの辛さを話したことがありました。

ほんとに1回かぎりの電話のカウンセリングだったので、どういう方だったか、今は名前も思い出せず正確な言葉も覚えていないのですが、その方がこんな意味のことを言ったのを覚えています。

「とことん、なんにもしないでいてみたらどうですか。 なんにもしないということに慣れることです。」

ええーーっ (((;゚Д゚)))

予想外の答え・・・

たしか、その時は「はあ〜、そうですかあ。」とかなんとか言って、あまりピンときていなかったような気がしますが、

今なら、わかりますねえ、その意味の深さが。

そう!そうなのよ!
さすが。
あれは深〜い答えだったかもしれません。

長くなるので、今日はここまでにしときます。

続きはこちら→

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、がんばっているのに生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎ツナゲル株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

zoomビリーフリセット入門講座

・転換期、どう乗り越えたらいいの?
・自分をどう進化させたらいいの?
・変わるにはどこから手をつけたらいいの?が2時間でわかる

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます

メールマガジン(無料)

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

ビリーフリセットに共感する方向け メルマガ(無料)

「ビリーフリセッター通信」(無料)

ビリーフリセットに共感する方、実践する方、カウンセリングや自己探求に関心のあるコアな皆さま向けメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

別館ブログ「Rのこころ」

時代の転換期を生きる人へ。

思考と意識をアップデートする

もう1つのブログ

話して整理!しませんか?

そのモヤモヤ、話してみるだけでも違います。あなたのお話をちゃんと聞ける協会認定カウンセラーを一同にご紹介