本当は言えない気持ち・「怒り」とどうつきあうか3

little girl and water colors - portrait

私たちにとってやっかいな感情・・・怒り。
怒りの感情とどうつきあえばよいのでしょうか。

いくつかの考え方をご提案するシリーズ3回めです。

これまでの記事
1回め・怒りの感情を持つのは悪ではない →
2回め・感情には製造元がある →

さて、今日ご提案する考え方は、

怒りの奥に
本当は言いたい気持ちがある

ということです。

大切な人に感じる怒り

多くの場合
怒りを向けたくなるその相手というのは
自分にとって本当は大切なはずの人であることも
多いのではないでしょうか。

本当はこんなことで怒りたいんじゃない。
そんなつもりじゃない。
そうじゃないんだけど・・・・
だけどなんか、こう、つい・・・
うーーん・・・モヤモヤ

もしかしたらそれは
本当は言いたい「もっと大切な気持ち」が
あるのかもしれません。

それはまず

・かなしい
・さびしい
・こわい

そして

・わかってほしい
・愛してほしい
・助けてほしい

怒りの奥の感情をもっともっと辿っていくと、
結局こういう感情なのだといわれています。

それはとってもとっても繊細な気持ち。

元はと言えば、
ほんとのほんとの気持ちは
こんなにシンプルで繊細なところから始まっているのです。

だけど、そんなこと言えない。
というか、
ほんとはそんな気持ちなんだってことを
自分でもなかなか自覚できないかもしれません。

でもね、ほんとはね。
大切なこの人だからこそ
心を開いて、私のありのままの弱いところ・・・
「かなしい」
「さびしい」
「こわい」
を言えたら・・・
こんな私のことも受け止めてもらえたら・・・

そんなだったらとってもうれしいですよね。

でも、そんなこと言えない。
言うのはこわい。

そんな弱っちくて子供みたいな気持ちがあるなんて
認めたくない。
はずかしい。

だから言わない。
言わないから、当然
ほんとのことはわかってもらえません。

それで

「わかってくれない!」
「愛してくれない!」
「助けてくれない!」

と怒りがわくんですよね。

とうことは、ほんとは

「わかってほしい」
「愛してほしい」
「助けてほしい」

のですよね。
ホントのホントはね。

なので、こういう怒りとつき合うためのコツは

「私は本当はどんな気持ちで、
 本当は何をしてほしかったのかな?」

と、振り返ることです。

それは実はそんなに複雑なモノではないはず。
元をたどれば、おそらく

・かなしい
・さびしい
・こわい

・わかってほしい
・愛してほしい
・助けてほしい

のどれかに該当することがほとんどのはずです。

まずは、自分自身のこんな気持ちを、自分が受け止めてあげられるようになるといいですね。

まずは、自分が
「かなしかったねえ」
「さびしかったねえ」
「こわかったねえ」
「うんうん、そうだよねえ」
と、自分に言ってあげましょう。

そして、そんな自分のことを
わかってあげて、
愛してしてあげて、
助けてあげましょう。
自分のために、自分が喜ぶことを
自分がしてあげましょう。

・・・といってもなかなか難しい場合は、幼少期に刻んでしまった誤解や傷が、無意識下にトゲになって刺さっていることも多いですから、セラピストなどの力も借りながら、じっくり自分とのおつきあいを深めていくとよいかもしれません。

自分のほんとの気持ちを、伝えてみる

さて、そうやってまず自分が、自分のほんとの気持ちをわかってあげられるようになったら

次に、相手にそれを伝えることにチャレンジしてみてもいいかもしれません。

といっても

「あなたが〇〇してくれなかった!」
「なんでこうしてくれないの〜!」

と相手の不足を指摘するのではなく、

自分の側のほんとの気持ちを
「私」を主語にして言うことです。

・こうこうだから、私は悲しい。
・コレコレだから、私は寂しい。
・こういうことが、私は怖い。

という言い方が、伝わる言い方です。

私は悲しいと感じた」という言い方もいいかもしれません。

ポイントは「私は」という一人称で言うことです。

「あなたは」という二人称で言うのは、こじれる元です。

そして、もしできそうならば、自分がしてほしいことも「してほしい」と言ってみるのはどうでしょう。

・こういうふうにしてもらえると、私はうれしい
私は今こういう状況だから、助けてほしい
・本当は私は、こういうふうにしてほしかったんだ

勇気がいるけど。

そしてその結果、相手がなんと言うか、
望み通りに受け止めてくれるかどうか、
そこに全く保証はないけれど。

それでも
自分でも自分の気持ちがわからないまま
表面的な怒りのぶつけあいになるより
はるかにマシ。

それどころか、もしかしたら本当に心の通う深く建設的なコミュニケーションにつながる可能性があります。

そのためには、やっぱり、まず自分が自分に心を開いて、自分の本当の気持ち・・・

・かなしい
・さびしい
・こわい

・わかってほしい
・愛してほしい
・助けてほしい

をちゃんと認めてあげられるようになることが大切なステップになるのです。

参考記事→
大切な人と心が通う「そうなんだねえ」という聴き方

 


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、がんばっているのに生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動6年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎ツナゲル株式会社代表取締役

ビリーフ無料診断

「どうして私こうなっちゃうの?」という悩みのパターンには原因があります。

その謎を解くカギが「コアビリーフ」。

あなたに入っているコアビリーフを簡単診断。下の画像をクリックして、チェックしてみてください。

zoomビリーフリセット入門講座

・転換期、どう乗り越えたらいいの?
・自分をどう進化させたらいいの?
・変わるにはどこから手をつけたらいいの?が2時間でわかる

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます

メールマガジン(無料)

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

ビリーフリセットに共感する方向け メルマガ(無料)

「ビリーフリセッター通信」(無料)

ビリーフリセットに共感する方、実践する方、カウンセリングや自己探求に関心のあるコアな皆さま向けメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

別館ブログ「Rのこころ」

時代の転換期を生きる人へ。

思考と意識をアップデートする

もう1つのブログ

話して整理!しませんか?

そのモヤモヤ、話してみるだけでも違います。あなたのお話をちゃんと聞ける協会認定カウンセラーを一同にご紹介