人間関係のストレス・究極の解決法

 Having nothing to say

■あの人がこうだから!!
bar_green_long

人間関係のストレス。
聞いただけで
うへ〜、どよ〜ん、としそうなシンドさがありますね。

私たちはなぜ
こういうシンドさを味わっているのでしょうか。

だって
あの人がこうだから
こうしてくれないから
あんなことをするから
そんなこともやらないから
こんな言い方をするから
こんなふうに言ってくれないから

あの人はこうすればいいのに
ああするべきじゃないのに
こうするべきなのに
こうしてほしいのに
なんでこうなんだ
なんであんなふうなんだ
なんでできないんだ
なにをやっているんだ

あの人にどう思われるか
なんて言われるか
こんなこと言われた
あんなことされた
これまでだってそう
どうせこれからもずっとそう
だからもうされないように
言われないように
でもこっちだって言いたい
でも言うわけにはいかない
あああああもうぉ〜〜〜

言い出したら限りなく出てくる「あの人」の話(笑)。

つまり
あの人があんなに〇〇だから
私はこんなヒドイ思いをしている!

というのがストレスというわけですね。

■「原因と結果」を逆転させる
bar_green_long

原因:あの人がこうだから
      ↓
結果:私はこんな思いをしている

こういう原因と結果のとらえ方が
今までの私たち一般の「当たり前」としてあります。

けれど、このとらえ方をしている限り
ストレスや苦しみから逃れられることはありません。

なぜなら、これだと
「困ったあの人」がなんとかしてくれない限り
私の苦しみは一生終わらない、
と自ら言っていることになるからです。
こんな絶望的なことはありませんね。

心理の世界では、
なによりも自分が楽になるために
この論理の限界を破ることから始めます。

本当にこの苦しみから自由になりたければ
「あの人」ではなく
「自分の心」に向き合う必要があります。
そして
本当に心に向き合おうとするならば
この従来の「原因→結果」の関係のとらえ方を
根本的に転換する必要があります。

 つまりそれは
原因:あの人がこうだから
      ↓
結果:私はこんな思いをしている

というとらえ方から

原因:私の思い(考え)がこうだから
      ↓
結果:こんな姿のあの人(世界)が現れている

というふうに、
「原因→結果」関係を逆転させる見方を身につけることです。

「現れている」という言い方が
ピンと来ない方もいるかもしれませんが、
もうちょっとわかりやすく例えるなら
こんなかんじはどうでしょう。

原因:私が黄色いメガネをかけているから
      ↓
結果:あの人も世界もまっ黄色だ


心に取り組むということは
「もしかして、自分がメガネを
かけているんじゃないか?」
と疑ってみることです。

「私はいったいどんなメガネを
かけているんだろう?」
と探究することです。

「こんなメガネをかけていたから、
あの人や世界がこうなっていたのか!」
と気づくことです。

「あら〜、メガネがなかったら
あの人も世界もこうだったの!?」
と驚くことです。

「メガネ」とは
自分の頭の中の思考のことです。

原因:私の思い(考え)がこうだから
      ↓
結果:こんな姿のあの人(世界)が現れている

ということは

原因:私がこういう脚本を書いているから
      ↓
結果:こんな登場人物が現れて、
   こんなドラマが繰り広げられる

というふうにも言うことができますし

結局は

原因:私がこういう考えを握りしめているから
      ↓
結果:ほかならぬ私が苦しむことになる

ということでもあるのです。
   

■新しい「原因→結果」関係を身につける練習
bar_green_long

これまでの

原因:あの人がこうだから
      ↓
結果:私はこんな思いをしている

という「原因→結果」のとらえ方に慣れていると、
そうではない逆のとらえ方はとても難しく、
現実的ではないように感じるかもしれません。

そうです。
まさに、今まで「現実」と思っていたことが
逆転してしまうことだからです。
確かに「今まで見ていた現実」的ではないかもしれません。

でも、これも練習と慣れです。
このとらえ方に何度もトライして
少しずつ実感を深めていくと
だんだんと、
この逆のとらえ方で考えている瞬間が増えてくるでしょう。

その練習が進むにしたがって
次第にストレスに振り回されることが少なくなっていることに
気づくかもしれません。


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

自己流を脱出しよう!人の話を聴く必要がある人のための 傾聴実践1day講座 11/4・8

人のお話を聴く必要のある全ての方に。
自己流だけじゃちょっと危うい傾聴の基本を1日で学べる講座、11月休日・平日開催
大塚がカウンセラー養成講座( BRC)で培ったエッセンスをふんだんに盛り込んだ傾聴実践講座です。

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。