「がんばれない」ことで得ている無意識のメリット

 Rainbow

ここのところ「がんばる」についての話題が続いています。

第1弾は、がんばり過ぎている人について
「がんばらなくていい」の奥にある深い意味

第2弾は、がんばれない人について、でした。
「がんばれない」にも理由(わけ)がある

今日は、「がんばるシリーズ」(笑)の第3弾です。
もうちょっと複雑なコトを言います。

がんばることを、あえて止めている人について。
つまり
「がんばれない」ことで得ているメリットがあるというケースです。

■無意識レベルの「がんばってはいけない」
bar_green_long

ここ言う「がんばる」とは、第1弾で言った
足りないものを埋めるための「補償のがんばり」ではなく、
純粋な意味で「全力を尽くす」とか「やるだけやる」とか
そういった意味の「がんばる」だと思ってください。

がんばりたいと思っているのに、がんばれない。
やりたいと思ってやっているはずなのに
なぜか、途中でやめてしまう。
やりきらない。

そういうことを繰り返している人もいます。
なぜなんでしょう?
第2弾で書いた「本当にやりたいことじゃないから」の他に
もう一つ違う側面からの視点があります。

表面意識では「がんばりたい!がんばろう!」と思っていても
無意識のエリアに「がんばってはいけない」というストッパーが
潜んでいる可能性があります。

このままがんばったら、マズイことになってしまう・・・と
無意識に感じているから
それ以上がんばるわけにはいかないのです。
つまり「がんばらない」ことの方に利点・メリットがあるのです。
あくまでも無意識で、ですが。

人の意識というのは、よくこういう矛盾を起こします。
表面意識(顕在意識)と無意識(潜在意識)とは、
思っていることが全く違ったりするのです。
そして、最終的には無意識(潜在意識)が思っていることが勝ちます。
そっちの方に本来のパワーがあるからです。

だからこの場合、いくら頭で「がんばろう!」と思っていても
結局、無意識の声「がんばってはいけない。」という方に従って
身体は動いていくのです。

■なぜ「がんばってはいけない」のか
bar_green_long

無意識のエリアに潜む「がんばってはいけない。」
なぜいけないのでしょうか。

がんばったら、マズイことになるからです。

マズイこととは何か。
考えられることとして、一つは

・失敗する

というのがあります。
がんばるということは、実際にやるということを意味し、
やるということは、前に進むことを意味し、
結果が出るということを意味します。

実際にやって、前に進んだら、
失敗という結果をみる可能性だってないわけではありません。
というより、最初から100%うまくいくことはありえないですから、
そこはある程度覚悟しなければなりません。

しかし、失敗することを極度に恐れ、
絶対に失敗してはならない!と思っていればいるほど、
失敗したり、うまくいかなかったりすることは
絶対にあってはならないということになります。

だとすれば、失敗しないための最大の方策は
やらないこと。
そこまでがんばらないこと。

がんばらなければ、
そこまでやらずにすむし、進まずにすむし、
ハッキリと結果をださなくてすみます。
うまくいかなくても
「だって、そこまでがんばってないんだから、しょうがないよね。」
と言い訳がたつということになります。

「こんなにがんばったのに、うまくいかなかった。」
では、ショックが大きすぎるからです。
自分がそんなショックに耐えられるような強い人間だと
自分で思っていないからです。

この人の中では「うまくいかないこと・失敗すること」は、
それほどまでに、ある意味「死を意味する」ほどに恐ろしく、
そしてあり得ないことだということになっているのです。

つまり
「がんばれない」ことには、密かなメリットがある、ということです。

実際にやらなくてすむ。前に進まなくてすむ。
嫌な結果を見なくてすむ。失敗しなくてすむ。
失敗のショックを味わわなくてすむ。

失敗したことによって「自分はダメ人間だ」と感じなくてすむ。

だから、「がんばれない」方が都合がいいのです。

全部、無意識の中で起こっていることですけれども。

こういうケースの場合、
・「失敗」に対する定義づけを見直し、書き換えてくこと

・「自分は失敗に対処できない」という「無力ビリーフ」、そして「自分は本当はダメ人間だ」といった「欠陥ビリーフ」に取り組んでみること

・自分の行動原理と重心を「失敗するか、しないか」よりも「本当にやりたいか、やりたくないか」という軸に変えていくこと。

が有効ではないかと思われます。

■まとめ
bar_green_long
 
さて、実はその他にも「がんばれない」ことの無意識のメリットとして考えられることがあるのですが・・・とりあえず、今回はこのくらいにしておきます。

ということで、「がんばるシリーズ」まとめ。

「なぜかがんばれない理由」は、本当に人それぞれ、さまざま。

「シャカリキにがんばってしまう理由」も人それぞれ、さまざま。

そして「がんばる必要が、本当にあるのかないのか」についても
人それぞれ、さまざまです。

よく「アクセルを踏みながらブレーキをかける」という喩えを聞きますが、
まさに、顕在意識と潜在意識とはそういう食い違いを起こします。
だからこそ、本来のパワーを十分に発揮するためには、
そこを一致させていくことがたいへん重要になるのだと思います。

今回3回を通して、
「がんばる」「がんばれない」について、いろいろ考えてみました。

もちろん、無理ながんばりや辛いがんばりはしなくていいものだと思います。
でも、
本当に全力を尽くしたい、最善をやりきりたい!

そういう人間本来の欲求を生きたいと願うとき、
「がんばりたいときにがんばれる力」はすばらしいものだと思います。

顕在意識と、潜在意識を一致させて、

がんばりたいときにはがんばる。

休みたいときには休む。

そんなあたりまえのことが、気持ちよく、自然にできたらいいですね。


この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

ビリーフリセット・カウンセラー/作曲家
学会認定音楽療法士
芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
深く人の心に関わるためには、音楽だけのアプローチでは限界を感じ、音楽療法を経てさらに本格的な心理カウンセリング/セラピーへ転身。
原理原則に基づいたオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、ビジネスマン、リーダー、経営者、クリエイター等、影響力のある人を更にステージアップさせる個人セッションやワークショップを開催。活動5年で延べ3,000名以上の人生を好転させてきた。

R-Spirit トーク&ミュージックライブ Vol.2「決めて、進む!」

常識や形よりも、自分の心に従って"本来の自分"を生きる。そんな心のスイッチをONにするライブ

2018年9月14日(金)南青山マンダラ

ビリーフリセット初級講座9月コース

「自信がない」をリセットしよう!「自分」とうまくつきあう究極のセルフマネジメント

これまでに、のべ400名以上の方が受講。
「私、どうしてこうなってしまうの?」
「やりたいのにできないのはなぜ?」
「自信がないのはなぜ?」
などの、自分についての謎やモヤモヤが解けた!楽になった!と毎回好評いただいています。

9/22(土)・10/20(土)全2回

無料メルマガ

大塚あやこメールマガジン
「ひっそり本当の話をしよう」
だいたい毎週木曜日配信中。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

カウンセラーに興味のある方向け メルマガ

ビリーフリセット・カウンセラーへの道

「ビリーフリセット・カウンセラーへの道」(無料)
だいたい毎週金曜日に配信中

カウンセラーを目指したい方や、ビリーフリセット・カウンセリング他、カウンセリングに関心のあるすべての方向けの情報をお届けしているメールマガジンです。

(携帯アドレスの方はPCからのメールが受信できるよう設定をご確認ください)

登録後すぐ自動返信メールが届きます。届かない場合、
1.迷惑フォルダの確認 2.登録アドレスの確認 3.受信設定の確認 をお願いします。

特にiCloudアドレスの方は届きにくくなっているようですのでご注意お願いします

セミナーDVD

「ビリーフをリセットしてやりたいことをやる人になる」
講師:立花岳志・大塚彩子

2016年4月 開催「まずは心を整えなさい〜ツナゲルこころ講座〜」の講義部分を収録しました。
立花の体験的でリアルな話と、大塚の理論的でわかりやすい話のコンビネーションで、心のしくみと「あり方」についてお伝えします。